タグ:Leica M10 ( 160 ) タグの人気記事

暮秋日記(11)...
























神田囃子の篠笛奏者.
真剣な眼差し.気迫が喧噪の中にも伝わってきました.
それに,どうしてもシャンな方にレンズを向けてしまいます┐(´д`)┌







f0071708_00120112.jpg
   Leica M10+Summilux-M 50mm F1.4 Asph. LHSA











少し,カラー・フィルムっぽくパラメータを設定して仕上げてみました.
夜なので,ノクチかズミか迷いましたが,やはり機動性を考えて後者に.








by Neoribates | 2017-09-19 21:02 | Leica M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(8)

暮秋日記(10)...






















宵宮の先頭は巨大な獅子頭の御輿.
築地波除神社などの縁起を見ると,雲を従える「龍」,風を従える「虎」,一声で万物を威伏させる「獅子」の巨大な頭を担いで回ったのが「つきじ獅子祭」の始まりだそうです.
まあ,獅子頭を厄災払いという意味で渡御に加えているのでしょう.







f0071708_17292003.jpg
   Leica M10+Summilux-M 50mm f1.4 Asph. LHSA










まだ,宵宮の渡御が始まったばかりなので,女性も数名入って余裕綽々の様子です.獅子頭の後ろからは6,7mくらいの長い帯が出ています(正式名称があるのでしょうが).





f0071708_01343123.jpg
  Leica M10+Summilux-M 50mm f1.4 Asph. LHSA






by Neoribates | 2017-09-18 10:54 | Leica M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(4)

暮秋日記(9)...























秋空の朝.
本祭り宮出し前.











f0071708_03500198.jpg
   Leica M10+Canon 100mm F3.5 II(L)











御祭礼の朝,男達は渡御を待つ.






by Neoribates | 2017-09-16 03:54 | Leica M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(10)

暮秋日記(8)...
























写真を撮るときには見た印象をそのまま焼き付けたいと思う.色で言えばイメージ・カラーということだ.真実の色とは違う.だから,その場の雰囲気をより強く伝えたいと思うと,フィルム・シミュレーションや特定のパラメータを操作することになる.
しかし,色で伝えることがその本意を表すことにならない場面に出くわすことはしばしばある.









f0071708_11324126.jpg
   Leica M10+Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical III










そこでB/W変換をすることになる.単に画像処理ソフトでモノクローム変換しただけではその本意を伝えることは難しい.ここでも当然,パラメータをさまざまに操る必要がある.
もちろん,そういう作業を経て創出されたものが成功したのか不成功なのかは,神のみぞ知るということだ.
とまあ,ゴチャゴチャ書いたが,日差しの強さをカラーで出そうかB/Wにしようかと迷ってB/Wにしたという,簡単に言えばそういうことだ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

最初からカラーにするのか,B/Wにするのか決めてから撮影するのが本道だという向きが多いのは知っているが,そんなの関係ねぇ~ そんなの関係ねぇ~ オッパッピー!のココロなのだ.






by Neoribates | 2017-09-13 11:38 | Leica M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(7)

暮秋日記(7)...

























御幣を掲げて宵の道中,御輿の先頭を行くのを見ると周りの喧噪にもかかわらず,いつもここに静寂が漂っているのを感じる.







f0071708_23242459.jpg
   Leica M10+Summilux-M 50mm F1.4 Asph. LHSA











御輿を担ぎ,かけ声を発しながら練り歩くのだが,そのリズムをとる役目にいつのころから呼子笛が使われるようになった.これを長い間吹いているのもたいへん.
そこで,今年から電子呼子笛を使い出した ( ゚Д゚ )アラマッ
10cmくらいのもので,スイッチを押すごとに甲高い呼子笛の音が発する.便利グッズ.\3,000くらいらしい.

こんなの履いていた子供がいました.たしかによさそう\(^○^)/




by Neoribates | 2017-09-12 10:21 | Leica M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(6)

暮秋日記(6)...






















初めてこのレンズを使ってみた.宵宮で.
実は,今から10年以上も前に安く手に入れていて,その後,使いもせずに箪笥の肥やしならぬ防湿庫の肥やしと化していたのであります.
いや,正しく言うなら,防湿庫は持ってないし ( ゚Д゚ )アラマッ







f0071708_00102672.jpg
   Leica M10+Color-Skopar 28mm F3.5












正直言って,28mmや35mmって小生にとってはたいへん使いずらいレンズで,どう取り扱ってよいのかほんとに迷うものなのであります.なので,ときおり35mmは取り出して使うことはあっても28mmはまずなかったのです.

なぜ苦手なのか.ある意味,半端な焦点距離,画角のレンズとしか思えないのです.因みに,小生にとっての最良の焦点距離は40mmか45mm.この類のレンズって非常に少ないのですよねぇ.

宵宮に28mm F3.5 なんて使う気はまったく起きなかった.Mデジがようやく夜でも使えるようになったので,今回は取り出してみようという気持ちになったのであります.空気が乾燥して,爽やかな宵もあって熱気のある宵宮の渡御も気持ちよく撮影できた.御輿の動き,28mm,それにRF機なのでもう置きピンでやるしかない.
不良品も量産したけど,何枚かはイイ感じのシーンも撮れたので良しとしよう.

本日の渡御は午前10時から.
祭日和だろう.






by Neoribates | 2017-09-10 00:14 | Leica M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(4)

暮秋日記(5)...


















JLCメンバーの一人,亀吉さんが大判写真展に1点出品していたので.拝見しに東陽町まで出かけた.仕事で2回ほど下りたことのある駅だった.
さすがに8×10の画の質感と解像度,緻密感,黒の締まりは魅力的.
作品の幅は1.6mくらいはあっただろうか.中身にガラスのないガラスドーム状の半球レンズを表裏にしたなんとも言えないオールドレンズHypergon 60mmで撮影した作品.35mm版で8mm相当の画角をもつとのこと.あれだけ大きく出力しても破綻の少ない画にはおどろいた.







f0071708_16483448.jpg
   Leica M10+Summilux-M 50mm f1.4 Asph. LHSA










一時,中判でもやってみようかなという気持ちになったことはあるが,横着心が結局はめんどくさ~いと,いうことで実現せず終い.
大きな器機を携えて写真を撮る方達の熱心さに敬服です.





by Neoribates | 2017-09-08 19:14 | Leica M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(4)

茗荷月日記(15)...





















アメリカからWADIA a315が昨日朝早く無事到着した.
Dクラスアンプで,45cm×45cmのなんとも取りまわしの難しい真四角アンプ.
WADIAというと,アルミ部材のくりぬき筐体という独特のデザイン.重いなんてもんじゃない.小生宅では,WADIA 27とWADIA 270をいまでも置いてあるが,これらのブツを触って,ながめているだけでも"物"としての完成度に至高の喜びを味わえる.






f0071708_17575188.jpg
   Leica M10+Summilux-M 50mm F1.4 Asph. LHSA









が,このアンプはWADIAというけど,オリジナルのWADIAは身売りしてマッキントッシュが今は運営しているので,そのような物量を投入しての筐体なんぞは作っていない(因みに,WADIA270は20kgほどある).写真のようにWADIAデザインの香を残したアルミ筐体ではあるが,くりぬきのような分厚いものではない.天板には強化ガラスを使っている.13kgほど.
スイッチONで正面左のWADIAのロゴと天板のWadiaの文字が白色LEDで浮かび上がる.これはなんともオシャレ.もちろん,DクラスなのでオリジナルWADIAのDACやトランスポートのように目玉焼きができそうなほどアチアチにはならない.
なお,WADIAのオリジナル技術者,Jim Kinne氏が新たにEXOGALを立ち上げてDAC Cometをリリースしている.

さっそくエネルギーを注ぎ込んで音出しをしてみた.
新品のブツは少なくとも16,17時間は???という音しか出ないのが常.エージングが必要.
で,これまでJeff Rowlandに挿していた電源ケーブル Stealth Audio Cable co.の "Cloud Nine" をWADIA a315に連結して音出し.このケーブルは幅5mmほどの純銀のリボンを7本撚り合わせた構造.時間が経ってそれなりにこなれてきたが,どうも少し残る高域のざらつき気味の棘が気になる.
そこで,Shunyata Resarchの King Cobra をあてがおうかと思ったが,いかんせん壁とのスペースがこの異常に太いケーブルではカーブさせたときの距離がたりない.で,思い出したのがお蔵入りしていた同じShunyata Resarchの "Viper".こちらの方がやや細いのでうまく挿入~
おお!この音でんがな.もともとある豊かな倍音の響きや低域の量感に比べ,高域のDクラスアンプに表出しがちなある種の棘がこのアンプに対しても与えられているマイナス評価部分の音が激変した.エイジングの効果もあるのだろうが.
多くの過去のD級アンプに下された評価が決して正しくないということがわかる.暖色系の音に近い.電源ケーブルでこれほど変化するとは!相性良し.ダンピングファクターの高いことも注目である(8オーム負荷で320).
Jeff Rowlandよりも分解能は明らかに良い.ああ,こんな楽器がこんな音でなっていたのかということが分かる.低域も延びている.
次はアンプを少し前に引き出してKing CobraやAnacondaを挿して試してみよう.







by Neoribates | 2017-08-29 18:08 | Leica M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(8)

茗荷月日記(14)...





















ハリケーンHarveyのせいでどうなるか心配だったが,アメリカからのブツがアンカレッジを出発して,昨日,成田に到着したというFedExからのTravel Historyが届いた.
ブツを楽しみに,ボツファイルをくっていた中の一枚.昔のSonnar 50mm F1.5 (Black Nose) AWWIIも,絞ってやるとけっこうカッチリくることのわかる一枚です.まあ,逆光にはひ弱ですが(ー。ー)フゥ

投稿すると,コメント不可,トラバック不可がチェックしないのに何故かチェックされていることしばしばある.困ったものである.







f0071708_16433321.jpg
  Leica M10+Sonnar 50mm F1.5 (Black Nose) AWWII












ドイツ哲学者の芦田宏直氏のCoCo壱番屋に関するツイッターが炎上騒ぎを起こしているとか.覗いてみた,なかなか面白かった.ご興味ある方,ご覧ください.
無教養,無知蒙昧の小生は初めて聞くお名前だったのですが,最近の自身の社会的地位を危うくするいろいろな方の発言問題がありましたが,この方もその流れに参加されたようで.
2008年度の文科省「質の高い大学教育推進プログラム審査部会委員」なんてやっていた方なんですね.そういう方のご発言とは思えないのがなんとも面白い.






by Neoribates | 2017-08-27 01:28 | Leica M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(4)

茗荷月日記(7)...


















残暑の涼しい中休みももう昨日で終わりのようだ.あまりの酷暑に蝉たちも出てきてなかったが,涼しくなったら合唱が始まった.





f0071708_02403893.jpg
   Leica M10+Canon 100mm F3.5 II (L)











ハズキルーペを愛用している.工作,読書にレンズの歪みのなさ,透明度で優れているので便利している.工作中に昨日,置いておいたハズキルーペに誤ってハンダゴテを当ててしまった(ー。ー)フゥ






by Neoribates | 2017-08-13 03:05 | Leica M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(10)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates