タグ:Leica M Monochrom ( 46 ) タグの人気記事

南風月日記(1)...




















11月の京都行の宿を取り始めた.
大阪も今春と比べてホテルの料金が少し値上がりしているようだ.京都のようになってきている.
少し涼しくなったら京都より前にどこかに行きたいなぁ~








f0071708_23202282.jpg
   Leica M Monochrom Typ 246+Summicron-M 50mm F2 (3rd)







日本ボクシング連盟の会長の醜聞.
なんでこの手の会長って,893が好きなの?風体はどうみてもその筋.
大会があり,会長が会場に到着するとズラッと役員,審判が一列になって車から出てくる会長をお迎えする.おお,Vシネマそのものや~
選手宣誓も,必ず「会長様のおかげです」を入れないと不機嫌になって足をドンドン~と踏みならしたり,当該県の役員を降格させたり... これ,まるで北朝鮮の将軍様みたいです.
この会長の経歴,出自など不明な点が多いという.奈良県では893とボクシング興業との仲を取り持って頭角を出してきたのだとか.闇が深そう.
アメフト,柔道,ボクシング,相撲.まあ,大方の格闘技系団体の体質なんてのはこの程度なんだろうねぇ.






by Neoribates | 2018-08-02 23:37 | Leica MM Typ 246 | Trackback | Comments(6)

氷室月日記(12)...






















義母の手術が無事すんだとの連絡が先ほど入った.
予後が順調に行くことを願うばかり.






f0071708_18295019.jpg
  Leica M Monochrom Typ 246+Summicron-M 50mm F2 (2nd)









高齢なので手術そのものも心配だが,その後の入院生活でボケないようにしなくてはならない.
できるだけ顔を出して刺激を与えないとならない.




 
by Neoribates | 2018-07-30 18:37 | Leica MM Typ 246 | Trackback | Comments(0)
























本日は夕刻より年に一度の生存確認の会.
小生が最年少という元職場の仲間の集まり.
それにしても精力的にボランティアなどで活動している方が数人いるのは驚く.
ぐうたらな自分にはとてもできない.





f0071708_23033547.jpg
   Leica M Monochrom Typ 245+KIYOHARA VK50R 50mm F4.5









できることと言えば,せいぜいがこんなボワボワ写真を撮ることくらい (ー。ー)フゥ
あと球遊びくらいか...


f0071708_23151092.jpg


新着真空管.
Western Electricではなく,Northern Electricの真空管403B.
WEのカナダ支社での製品なので,Northernとなっている.
1950年代NOSの箱付き.音は,まさにWEの403Bと同一傾向.なんとなくこちらの方が力強い感じがしてイイ感じ.設計は同じはずだからまあ,個体差なのか.








by Neoribates | 2018-06-24 10:30 | Leica MM Typ 246 | Trackback | Comments(4)

















KIYOHARAのレンズは他にVK70R(70mm)を持っているが,やはり50mmの方が使いやすい.使いやすいたってソフトレンズですから,ピント合わせの時にはいずれにしてもきてるんだか,きてないんだか分からない.
キャノン,タムロンを経て清原光学を興した高野栄一氏設計のレンズ.
発売当時のキャッチコピーは,「魅惑のソフトフォーカス-あなたの愛機が詩をキャッチする」.






f0071708_18311649.jpg
   Leica M Monochrom Typ 246+KIYOHARA VK50R 50mm F4.5   








ハイライト部分の独特の滲みは暑さを表現するのに丁度良いかも.
このレンズのパンフには,「35mm一眼レフでの風景撮影にぴったりのレンズ」とも書いてあった.ウゥゥゥ...ム... ピッタリかどうかはねぇ...

ほかに中判用にVK105Rという105mmの望遠やもう一点リリースしていた.









by Neoribates | 2018-06-20 19:00 | Leica MM Typ 246 | Trackback | Comments(6)





















解像度が魅力でTyp 246を使っているのに,KIYOHARAとは...と呆れられているのですが,めげずに反解像度レンズを使うのであります.

それにしてもいつも思うのは,Mデジでのライブビュー化の恩恵です.
こんなKIYOHARAなんていうレンズもアダプターがあれば普通に使うことができます.でも,このソフトレンズですからモニター見てもどこにピントが合っているのかは定かではありません(´ヘ`;)とほほ・・







f0071708_11305200.jpg
   Leica M Monochom Typ 246+ KIYOHARA VK50R 50mm F4.5









最近は音楽を聴くのに,PCからダウンロードあるいはリッピングしたファイルを利用するのが中心となりました.CDというモノが存在する実感が大事だと感じていたのはどこかに飛んでいってしまったようです.

とはいえ,CD資産は未だに大量にCD棚に残っています.
以前使っていたDACは,アップサンプリングをする機能がありましたのでCDをかけてよく楽しんでおりました.
現行のDACにはその機能がありません.この機能については賛否両論ありますが,小生は大好きです.

そこで,単体のアップサンプラーを探してみると,それほどはないのですねぇ.
dcsなどの超高額器機は問題外なので,傘張り浪人でも購入できるものをとみつくろってみると,JAVS X6-DDC-FemtoというDDコンバーターがありました.



f0071708_19083474.jpg

JAVS X6-DDC-Femtoは少し通常のアップサンプラーとは異なります.
通常は,入力信号のクロック・サンプリング値をサンプリング・レート・コンバーターICを使用して単純に2倍や4倍に変換していますが,入力のサンプリング値が間違っていたり微妙に揺れている場合にも,その値のまま2倍,4倍に処理して誤差も倍数のまま大きくなってしまうというのです.本機では,入力側のクロック・サンプリングは使用せず.サンプリング値だけを確認し,自らのWX-K013チップによるFemtoクロックによるマスター・クロックによってサンプリング値を生成して打ち直して精度を高めてきわめて揺れの無い(10の-15乗精度)ジッター処理ができるというものです.

なお,アップ・サンプリングしないで,Femtoクロックだけでクロックを打ち直し音出しする機能もある.

音は,外部クロック・ジェネレータを使用したときのように,ビシッと焦点の定まった隙の無い音場が描き出されます.と言うとカチカチの音のように思えますが,そういう意味ではありません.透明感,音像の輪郭,細部の音の明瞭性などが明らかに違います.アップ・サンプリングした音は「オープン・エア」だと小生はよく表現しますが,クロック・ジェネレータでジッターを落としていくと,透明感,場の空気感が経験したことがないほどの変わりようです.

M・A Recordingsによるリュート奏者Eguardo Eguezの"L'Infidele": Lute Works by Sylvius Leopold Weiss (M078A,2005年録音)は,超優秀録音で知られているCDだが,この演奏場所の外から遠くで鳴いてる鳥の声がここまでしっかりと聴けたとは!
ジッターをフェム・トレベルにまで抑えた効果だろうと思う.

これのおかげで,CDをそのままこれからも聴き続けることができそうです.


f0071708_19135331.jpg
桐箱に入っていました(o´_`)ノ


追記:
6月18日午前7時58分に大阪高槻市を震源とする震度6弱の地震発生.
M6.1.



by Neoribates | 2018-06-17 19:14 | Leica MM Typ 246 | Trackback | Comments(10)





















人は崩れたものに惹かれる...

ここ2ヶ月ほど,縁が全くないと確信していた真空管の世界に首を突っ込みいろいろな球を聴きまくってきました.
病膏肓に入るとも言われてしまいましたが,これが染みついた習性というところで困ったものだと自覚はしておるのですが,ねぇ...

真空管アンプは信号増幅時に偶数次歪みが多く発生し,これが管特有の倍音の発生ということに繋がって,聴感上まろやかな音と聞こえて好きな人にはたまらないということになるのであります.

言い換えると,ちょうどオールド・レンズを楽しむことと相同だといえるのでしょう.オールド・レンズを楽しむとは諸収差を楽しむ,謂わば歪みを楽しむことですからね.







f0071708_10302467.jpg
    Leica M10+KIYOHARA VK50R 50mm F4.5









とにかく歪みを取り去ろう,収差を取り去ろうとオーディオ,レンズ技術者達は努力を重ねてきて進化の頂点にある現在のソリッドステート・アンプや非球面レンズにたどり着いたのであります.なのに,わざわざ過去に戻って楽しもうというのですから,それを逆行する変態趣味と言ってもよいのでしょう(o´_`)ノ マアマア

小生の好きな小説家,立原正秋の言う「歪な青磁」の魅力を辿っているということに他ならないと自覚するのであります.






by Neoribates | 2018-06-13 13:14 | Leica M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(6)




















奥歯の詰め物と歯の間が虫歯になってきて少し隙間が空いたしまった.
詰めてから20年ちょっと経っていた.で,詰め物を取り替える治療をした.
このごろこの手の劣化表面化が続いております...
例によってギューン,ガリガリ,キューンとやられて取り替えたのだが,一日空けて舌の側面が傷ついてヒリヒリしだした.

新しく詰めた金属のバリが歯より少しばかり出ていたのだ.おかげで舌を動かすとそこで傷つけられていたというわけ.
寝ているときの方が舌が当たって痛くなることが多く,睡眠不足気味.






f0071708_19072525.jpg
   Leica M Monochrom Typ 246+Summicron-M 50mm F2 (3rd)








翌日さっそく治療した歯科医院に電話.
朝一でグラインダーでバリ取りとパフがけして障害は除かれた.
あと何年持つのか...
やはり歯科は苦手.
歯科に行くと,「Little Shop of Horrors」のサドの歯科医,オリン・スクリヴェロをいつも思い出してしまう(o´_`)ノ マアマア

写真は,鉄塔3兄姉(ー。ー)フゥ









by Neoribates | 2018-06-09 10:18 | Leica MM Typ 246 | Trackback | Comments(2)
















オーディオ・ビデオのONKYOがどうも自社ブランドを辞めてしまうくらいまで経営が悪化しているとか.
秋葉原電気街がオーディオ中心に栄えていたころの隆盛を知るものとして,オーディオにドップリこんと漬かっていたオーディオファンとしては,日本の代表的音響器機メーカーがどんどん撤退して行っているのはなんとも淋しい思いなのです.

ずっと音沙汰のなかったパナソニックのオーディオが高級化路線で最近復活したのは嬉しかったが,果たして成果を上げているのか?
ONKYOはパイオニアを取り込んだりして生き残ろうとしたがどうも,これもペケ.ギブソンの不調も足かせになっているとか.
生き残る道はOEMだろうという.

カメラとならんで世界規模でかつて日本の音響器機は席巻していた.このまま日本の大手音響器機は絶滅してしまいそうです...








f0071708_18285414.jpg
   Leica M Monochrom Typ 246+Summicron-M 50mm F2 (3rd)








数年前の春,この滑り台の側でベビーカーを押して赤ちゃんと花見に来た近所のママと赤ちゃんを撮らせていただいた.
今は,一番緑の美しい時期になった.もう,あの赤ちゃんは,3,4歳くらいになっただろうか.

日差しは強かったが,亀吉さんと撮り歩いた後のカラッとしたビールの美味い日だった.途中で奥様も参加され最近できた地ビール屋で喉を潤した.





by Neoribates | 2018-06-05 12:22 | Leica MM Typ 246 | Trackback | Comments(4)



















e-bayに出ていたRealistic Internationalなる会社のHit-Ray 6AK5という面白そうなgold pinのNOS真空管を注文し,発送した旨のメールが入った.
Hit-Rayとは,Hitachi-Raytheonの意味で,日立で製造されたものらしい.

外国から品物を引く場合に,勿論,そのブツが楽しみなのは言わずもがなだが,もう一つ,そのブツがどこのなんという町からやってくるのだろうか,という興味がある.普通に耳にする町では興味は湧かないが,知らない名前の場所だとGoogle mapでその場所を探し,ストリートビューでバーチャル観光するのが好きだ.

今回のブツは,アメリカのFolcroftという町からやってくる.
Wikipediaによると,39° 53′ 36″ N, 75° 16′ 51″ に位置するPennsylvania州Delaware Countyのひとつのboroghだという.この町の面積は3.7k㎡.
boroughとはcityよりも小さい自治区で,townと同じような規模の行政区をさすらしい.それにしても小さな町だ.








f0071708_18274776.jpg
   Leica M Monochrom Typ 246+Summicron-M 50mm F2 (3rd)










1600年代の中頃,スゥエーデンからの入植者によって開拓された町で,そのようなところをNew Swedenと呼んでいるのだそうだ.

町の写真を見る限り,ほんとに穏やかな田舎町という感じ.
フォレスター・アベニューを進むと両脇には典型的なアメリカの芝生の前庭のあるきちんと並んだいかにも中流家庭という家々が並んでいる.
途中でクリフトン・アベニューに折れると教会がある.
人口6,600人ほど.中流階層1所帯体当たりの年収は$44,443.
Folcroft駅がある.


f0071708_14154181.jpg
                                               Wikipediaより






by Neoribates | 2018-06-02 18:59 | Leica M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(10)


















日大アメフト部の悪質プレー問題で,今日午後に仕掛けた選手(20)の記者会見が日本ペンクラブであり,TV中継していた.
20才になったばかりの青年に,あのような会見をさせなければならないほど追い詰めた日大アメフト部監督という男は,いったいどう思っているのだろうか.
唯々,保身しか考えていないクサレ内田監督.
監督辞任しても副理事長は辞めないとか.権力と金は絶対に離さないおつもり.
男気のある,親分肌の監督だとか持ち上げられていた男の真実の姿がここに明らかにされた.
男気があるなら,潔く自決すべきだろう.
あっ,そんな男気ないか┐(´д`)┌






f0071708_12060703.jpg
  Leica M Monochrom Typ 246+Summiciron-M 50mm F2 (3rd)








日比谷のいまはない三信ビル周辺はしばらくは空き地同然だったが,東京ミッドタウン日比谷ができてだいぶ変わったと聴いたので,夕飯とってから銀座から日比谷のほうに腹ごなしの散歩で行ってみた.東京ミッドタウン,なにやらどっかで見たようなビルだった.

レストラン街には予約の取れない鮨屋とか,初出店の中華とかいろいろあった.本屋と居酒屋が合体したようなフロアがあったりとか,面白と言えば面白い.昭和の雰囲気をだしたレトロなデザインの理容店,眼鏡屋などもその一角は昭和を意識した造りであった.
写真は,その眼鏡屋.

上の方はオフィスになっているようで,その切り替え階は展望デッキがあって,皇居方面が目の前に見える.ベンチ,植栽などあり,暗闇ではカップルが抱き合い,人目も憚らず長~いチューをしている.その前を人々が行き交っていた.




by Neoribates | 2018-05-22 12:17 | Leica MM Typ 246 | Trackback | Comments(8)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates