<   2019年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

献歳日記(10)...

























このところ風が強く吹いている.
なので,ヒッキー状態.
ということは,写真ネタに困窮.
で,仕方ないので昼飯ネタ (ー。ー)フゥ

ご近所の温室家庭菜園からの収穫物,チェリートマトをいただいたので,これを使ってペンネのパッサータ・ポモドーロ.











f0071708_01344147.jpg
   Leica M10+Nokton 40mm F1.2 Aspherical









タマネギのみじん切りはフライパンで既に炒めてある.
パンチェッタがなかったので,仕方なく股ハム.
緑の器はアサリのスープ.白い小皿には見にくいがホタテパウダー.
オリープオイルの隣の小さい瓶は,シチリアはSalemipina社の有機チェリートマトのペースト.これは,焼いたバケットにのせたり,チーズにのせたりして食べても美味い.少し加えるだけでこくが出る.これをチビチビなめながらのワインも良い.
写真の材料と,他にここには写っていない鷹の爪とバジルで作る.
頂いた無農薬のトマトなので安心して食べられる.けっこう甘かったです.

あっ,作ってもすぐに冷めるこの季節,完成品は撮るのを忘れて焦って食べてしまいました...(ー。ー)フゥ
小生はビアンカモデネーゼ白牛のミルクから作ったパルミジャーノをこれにタップリかける.このチーズが美味いので,多少失敗してもこれをかけると見違えるような美味さになる.魔法のアイテムであります.





by Neoribates | 2019-01-30 01:55 | Leica M10 Typ 3656 | Comments(6)

献歳日記(9)...




























いつもの夕暮れの散歩道.








f0071708_00575444.jpg
   Leica M10+Nokton 40mm F1.2 Aspherical VM












ep SiteのPR誌,「epSITE communication press」がVol.54の今号をもって廃刊するとのこと.
紙媒体はお金がかかり,手間もかかるので仕方ないのかも知れないが,やはり実在感のないデジタル媒体がそれに替わるというのも寂しい気がする.

などと思いながら「松の司 純米大吟醸 黒」を福井「天たつ」の越前ガニの身を混ぜた蟹味噌を酒肴に最終号を読んだ.



by Neoribates | 2019-01-27 23:55 | Leica M10 Typ 3656 | Comments(6)

献歳日記(8)...




















M10に望遠系ではせいぜいライカレンズで90mmくらいまで,Canonなら100mmまでがせいぜい実用範囲だろう.もっともズミクロンやズミルックスだと90mmでも重いのでどうかと思う.90mmならTele-elmaritくらいまで.
VoigtänderでHeliar classic75mmの重さはけっこう扱いづらいが,それでも使うだけの魅力はある.









f0071708_02332854.jpg
   M10+Heliar classic 75mm F1.8









75mmくらいならファインダーを覗いてブライトフレームがなくても,だいたいのところで構図は決められ,シャッターをきることができる.もちろんセレクターで一応フレームは出るから外付けファインダーは不要だ.
ただ,セレクターでいちいち操作するのも撮影中は煩雑なので,出さなくても十分いける.
もっとも,105mmでも慣れれば外付けファインダーは同様に不要になるが.





by Neoribates | 2019-01-27 02:51 | Leica M10 Typ 3656 | Comments(2)

献歳日記(7)...
























角うち.








f0071708_03002728.jpg
   Leica M10+Heliar classic 75mm F1.8








昔は,うちの近所にあった酒屋で乾き物をあてに,おっちゃん達が升酒,コップ酒を呑んでいた風景が見られた.
味噌,醤油も量り売りをやっていて,子供時分にお使いに行かされた.
お駄賃だと言って,呑んでいたおっちゃんにピーナッツを1袋をもらったりした.






by Neoribates | 2019-01-24 02:55 | Leica M10 Typ 3656 | Comments(4)

献歳日記(6)...




























お茶の水のデジタル・ハリウッド大学で「オーディオ・アクセサリー・フェスティバル」を昨日から本日16:00までやっているので,これより用事ついでに行ってみることにした.電車に乗ってしまえば15分ほどだし.
オーディオ関係のこういう展示会に行くのは超久しぶり.
13社ほどが出展するらしい.
最近のアクセサリー関係についての小生の知識ははとんとガラパゴス状態なので,少々喝を入れてこようかと( ̄。 ̄)ホー










f0071708_23545064.jpg
   Leica M10+Heliar classic 75mm F1.8









と,いざ行かんと準備していたら来客.
ああ,行けなくなった...... (_ _,)/~~
まったく間が悪いというか,なんというか....

鬱憤たまってヤーノシュ・シュタルケル János Starkerの無伴奏チェロ組曲を大音量で聴いている...(ー。ー)フゥ

J.S.バッハの無伴奏チェロ組曲につてアンナー・ビルスマのディスコグラフィー的なことを前回ちょっと書いたが,ついでに聴きながらハンガリーはブダペスト出身のヤーノシュ・シュタルケルの録音とリマスタリング盤の音についてもCDを引っ張り出しながら少し整理し始めた.
キラ星の如く燦然と輝くチェロの名手を挙げればキリがないが,4大巨匠と言えば,カザルス,フルニエ,ロストロポーヴィチ,それにシュタルケルと言われる.
この中では,シュタルケルの無伴奏が一番好きである.




by Neoribates | 2019-01-20 20:11 | Leica M10 Typ 3656 | Comments(10)

献歳日記(5)...

























鏡開きの日よりこちら,なんだかブログを開く気が減退していた.
まあ,ときどきこういうムラ気が起こるのだが,新年早々というのも珍しい(´ヘ`;) う~ん・・・

そんなやる気のない日々で,このところJ.S.バッハの無伴奏チェロソナタをしばしば聴いている.
アンナー・ビルスマがモダン・チェロで演奏したちょっと古いけどVivarte(SONY)に残した素晴らしい1992年の録音からのDSDリマスタリング盤とそれを基にメディアのカッティング法を変えたバージョンの聞き比べなどしていた.









f0071708_18043324.jpg
   Leica M10+Heliar classic 75mm F1.8










1992年にニューヨークのAmerican Academy & Institute of Arts & Lettersで録音した彼にとって2度目の無伴奏全曲(最初はSEONに残した1979年録音のもの).

第1番~5番までをストラディバリウスの1701年製「セルヴェ」をペカット作のモダン弓で使用し,第6番のみヴィオロンチェロ・ピッコロ(これだけバロック仕様)を使った演奏.

オリジナル録音の日本盤は1992年にSONY SRCR 8942~3でリリースされた.20bitデジタル録音と表記があるが,SBM録音かどうかは不明.ただ,1991年にはSBMで他のアルバムが発売されているので,おそらくSBMではないかとも思える.
その後,オリジナル盤以外に日本企画で

1.DSDによるリマスタリング盤(SICC 361-2,2004年リリース).
2.上のリマスタリングしたマスターテープをBlu-specCD2規格で原盤をカッティングしたバージョン(SICC 30104-5,2012年)

の2種がリリースされている:



f0071708_04052238.jpg


f0071708_04083379.jpg




何故,ビルスマのバッハが小生はお気に入りなのか.それは,オリジナルのバージョンにケネス・スロウィックがライナーノーツで書いているように,彼の弾くバッハは "語るような演奏" だからだ .変にストイックに,精神性ばかりを強調するようなこれがバッハでございという演奏ではないからだ.

1番のゆったりしたテンポが美しいプレリュードでは,幾多のの巨匠が使うエコー効果を排して終結ではテンポを落とすのも実に美しい.
とにかく,全体を通してバッハの音楽の自然な美しさを解き明かしてくれ,妙な力こぶを目の前に出してくるのではなく,どうぞ,と優しく提示してくれるのです.
勿論,疾走するところは疾走する.決してフニャフニャのバッハではない.
ただ,6番のヴィオロンチェロ・ピッコロの音については好みが分かれるところかも.




by Neoribates | 2019-01-16 01:57 | Leica M10 Typ 3656 | Comments(8)

献歳日記(4)...
























本日は昼ころから横浜辺りへ撮影彷徨きに.









f0071708_00220114.jpg
   Leica M10+Summilux-M 50mm F1.4 Ashp LHSA








師走29日に銀座で家族忘年会の後に夜ライカをしてみた.
さすがに22時くらいになると普段と違って人通りが少なくなっていた.




by Neoribates | 2019-01-10 08:19 | Leica M10 Typ 3656 | Comments(4)

献歳日記(3)...



























夜中の境内はやはり冷たい.
そここで一斗缶,ドラム缶のガンドウで火を絶やさないように付ききりで暖をとれるように気遣ってくれている.
焚き火の光が少女の顔に陰翳をつけて印象的に映し出してくれていた.

ピンが甘かった... LVを使って何故撮らなかったのかと悔やまれる(ー。ー)フゥ
毎年火を撮るのだけど,いつになっても満足な火を撮れたことがない.新年1発目の反省がいつもこれである(;´Д`)ハァハァ









f0071708_12061012.jpg
  Leica M10+Voigtländer Heliar classic 75mm F1.8










帰宅後の新年最初の夜明け音楽は,毎年の通りにベートーヴェンのヴァイオリンソナタ「春」を聴く.今年は樫本大進のハイレゾファイルで.
もっと肩の力を抜いた演奏をすれば良いのになぁ,と思った.
そして,次にバッハのチェロものを.アンナー・ビルスマで.




by Neoribates | 2019-01-06 12:16 | Leica M10 Typ 3656 | Comments(14)

献歳日記(2)...






















新年早々の熊本地震の再発.
震度6弱という地域も出た.被害の少ないことを願う.

姉弟で神田囃子に聞き入っていた.
小学生になったらお囃子の連に入って練習するかな?






f0071708_02410230.jpg
  Leica M10+Voigtländer Heliar classic 75mm F1.8








何事もなくこのような年の初めを迎えたいと思うばかりである.
今年こそ大過なく過ごしたい.


f0071708_02472140.jpg



f0071708_02572898.jpg



f0071708_02474447.jpg






by Neoribates | 2019-01-04 02:50 | Leica M10 Typ 3656

献歳日記(1)...





















明けましておめでとうございます.
本年も昨年同様によろしくお願いします.

初詣は,0時過ぎにまずは毎年の恒例で徒歩2分の氷川神社へ.
今年は風もなく,そこまでは冷え込まなかったのに,人出はやや少なかったかようだ.景気が良くなると,面白いことに初詣参拝の人数は減るようだ.







f0071708_02422509.jpg
  Leica M10+Voigtländer Heliar classic 75mm F1.8








神田囃子の篠笛の吹き手も,写真のように休憩時間にガンドウでの焚き火に手をあぶって一息いれる.背景に見える山車での演奏はさすがに冷えるだろう.
篠笛を篠笛袋に入れて腰に差してます.粋ですねぇ.

この一年,何事もなく過ごしていきたい.
変化のない穏やかな毎日が小生は好きだ.そんなに刺激はいらない.







by Neoribates | 2019-01-01 18:00 | Leica M10 Typ 3656 | Comments(10)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates