<   2018年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

邁堊月日記(16)...





















キャノンもついに最後のフィルム・カメラEOS-1vの在庫が切れて今月末で正式に販売終了.
残るはニコンだけか.
世の趨勢としか言いようがない.
合掌.





f0071708_11424767.jpg
   Leica M10+Nokton 40mm F1.2









日大アメフトの件で,もっと早期に監督,コーチが非を認めて謝罪すればよかったのに...という声があるが,果たしてそれがベストな選択だったのか?

被害,加害両選手にはたいへん酷な話だが,こうしてダラダラと日大が引きずり伸ばしたことで,内情やその病理の根深さをより詳しく曝すことができたという重大なプラスの面のあることを忘れてはならない.アマチュア・スポーツ界のエポックとなる切っ掛けを作った忘れることのできない事件だと言えるだろう.
早期に謝罪していたら,それでシャンシャン,一件落着で終わっていたことだろう.

ヤクザと繋がりのある理事長を有する大学が.その組織そのものを反社会勢力と酷似した指揮命令系統にしてしまったことまで一般に知れ渡らせたという功がある.






by Neoribates | 2018-05-31 17:33 | Leica M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(4)

邁堊月日記(15)...






















今週も日大アメフト部の事件でTVのワイドショーは持ちきり.
関学連も監督,コーチ,選手,部らに独自の処分を下した.
この流れで,アメフト部選手らの総意による声明がこの出たが,前予想とは違った穏やかなもの.総意というが,3年,4年生の幹部が作成したとか.
日大への補助金絡みで,おそらくこの後も監督が指示したということは明らかにはしないのだろうと思う次第.

昨夜の12chの「ガイアの夜明け」ではレオパレスの建築法違反隠蔽問題を扱っていたが,こちらもやっていることは日大アメフト部の責任転嫁,隠蔽体質と酷似していて日本の組織の特質と相似性がよくわかって興味深かった.







f0071708_10054751.jpg
  Fujifilm X70







ネタ写真もないので,今春の大阪行より.
天満橋商店街の路地には小さな飲食店がひしめき合っている.
お腹いっぱい食しても懐にやさしいし,美味いところもけっこうある.
この並びには,銀だこのようなわざとらしいアミノ酸味とは違う,ひと坪もない美味いたこ焼き屋もあるし,鮨屋の「ひろ」もある.
鮨をたらふく食べて,帰りにたこ焼きを買って帰り,ホテルでつつく(ー。ー)フゥ
喰いすぎやねん.



*球つれづれ.....
Western Electric 403Aの使用品であるがペア管が手に入った.
やはり,ヴォーカルが良い.突き抜ける高域というのはないが,よく言う艶というか,そういう感じとはちょっと違う色気があるように思える.
低域はわりとボワーと広がるのとは違い,ダンピングが効いているというと言い過ぎだが,まあまあな感じである.WEと聞くとジャズと連想しがちだがそうとばかりではなさそう.
気に入った.
403Bが近々に到着予定.



f0071708_10021799.jpg
  Leica M10+Nokton 40mm F1.2




403AとBとの違いは,リリース年が当然Aは先で1950年ころ.Bは1962年頃であり,BはAのヒーター効率と最大定格を1割以上向上させた球である.
Aは1970年代まで,Bは1980年代までAと並行して製造されていた.
性能差はよほどでないと分からないということらしい.個体差の方がそれを上回るからとのこと.まさに球の世界ですね.石の世界なら考えられない(;´Д`)ハァハァ


オマケ:
最近のMY MODERN METより.
も一つどうぞ.




by Neoribates | 2018-05-30 10:13 | Fujifilm X70 | Trackback | Comments(6)

邁堊月日記(14)...






















ラインアンプのTube-1Jを購入してから真空管による音の違いなどで遊んでいる.
真空管で聴くレコード,CDの音が好きな方はたくさんいるのだが,どうも先の丸まった音が好きになれずにいた.

20年近く前にとあるところで,クォードのコンデンサー型スピーカーから流れるイタリア歌曲を聴いたときにコンデンサー型の特徴も相まってスッキリとイタリアの空を想わせるその音にすっかりリラックスできたことがあった.アンプは巨大な300B を使ったアンプだったと記憶している.
ただ,熱い.暑い...
この体験以外は真空管の音に感動したことはそれほど無かった.










f0071708_11383367.jpg
  Leica M10+Nokton 40mm F1.2









幾種類かのプリ用真空管を取り寄せてみたが,ネットで見ていると真空管の世界もレンズのように沼にズボズボと入り込むのは必定だと感じた.まあ,その世界の怪しさ(?)が分かってくる.とにかくパテントが切れたのをいいことに,有名球の偽物というか構造を真似たものがけっこう横行しているのである.ガラス表面のロゴなどのシルク印刷もちゃんとパクっている.
プリ管はだいたいが安いものが多いが,一本1万,2万,3万なんてのも普通にある.

今回はSIEMENSの EF95 6AK5のmatched pairをドイツから取り寄せた.NOS(New Old Stock)というのだが,どうも怪しい.綺麗すぎる(;´Д`)ハァハァ
音出しをしてみると,それでも嫌いな音ではない.中国あたりのパクリものかもしれないが,わりと抜けの良い音で低域も出ている.

Tube-1Jを通して聴いた音に,一様に驚く人がブログやいろい掲示板に書き込んでいる.
音場が広がり,低域の量感が豊になるという意見が多い.
ちょっと思った.これってエフェクター(or ディレイ? or リバーブレーター?)じゃないの? Tube-1Jに限らずiFiのiTube2も同じ?
それに騙されているのか?
なんて自分の駄耳を疑っているのだがどうなのだろうか?


ネットのTube-1J使用者の記事を見ると,PCからTube-1Jにダイレクトに接続してそのまま音出しして音量が足りないとか,中にはTube-1Jから更にプリに接続してパワーに送っているというおかしなことをやっている人を見る.
しかもその多くがどうもヘッドホン,イヤフォンで聴いているという方が多いようだ.周囲の環境もあるのだろうが,小さなスピーカらからでもよいから音出しして欲しいなぁと思う次第.ただ,ある程度の音量を稼がないとこのエフェクター的効果は分からないからしかたないかも.
でも,イヤフォンなどで大きな音量で聴いていると難聴になるしね...∠( ゚д゚)/










by Neoribates | 2018-05-27 14:09 | Leica M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(9)

邁堊月日記(13)...






















エキサイトブログのタグの表示の下にある「みんなの×××をまとめ読み」でLeica M Monochrom Typ 246を扱ったブログがないか初めてクリックしてみたが,自分のブログしかひっかかってこなかった!? エッ,このワードじゃだめなんかなぁ... (;´Д`)ハァハァ










f0071708_11464807.jpg
   Leica M10+Nokton 40mm F1.2










配達.
なにやらごちゃごちゃやっていた.
便利になることは,ストレスが溜まる事だとは誰も予想してなかったことなんだろう.



   
by Neoribates | 2018-05-26 11:55 | Leica M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(4)

邁堊月日記(12)...
























一昨日の日大アメフト部選手の会見を受けて,昨日夜に件の元内田監督と井上奨コーチが反論会見を開いた.
どうせ保身に終始する見苦しいものだと想像していたが,その通りだった.
ニュース映像を見る限り,この二人の大人が学生を切り捨てた見事な人でなし会見であった.
誰がウソをついているのか?それは,ウソをついて得をする者だ.
己の罪を認めすべてをさらけ出した者が今更ウソをついて何の得があるのか?
ウソをついて,社会的地位,評判をすこしでも守りたいとする者はだれか?
そんなこと,バカでも分かる.

日大側の強引な会見打ち切りの後,元監督内田は自分の大学の付属病院,駿河台の日大医学部付属病にご入院.
やっぱりね.政治家と同じ手を使って隠れました.どこまで汚い奴だ.








f0071708_00052187.jpg
   Fujifilm X70








Ginza Zoo #2.
銀座にも動物がいる(?)






by Neoribates | 2018-05-24 00:06 | Fujifilm X70 | Trackback | Comments(14)


















日大アメフト部の悪質プレー問題で,今日午後に仕掛けた選手(20)の記者会見が日本ペンクラブであり,TV中継していた.
20才になったばかりの青年に,あのような会見をさせなければならないほど追い詰めた日大アメフト部監督という男は,いったいどう思っているのだろうか.
唯々,保身しか考えていないクサレ内田監督.
監督辞任しても副理事長は辞めないとか.権力と金は絶対に離さないおつもり.
男気のある,親分肌の監督だとか持ち上げられていた男の真実の姿がここに明らかにされた.
男気があるなら,潔く自決すべきだろう.
あっ,そんな男気ないか┐(´д`)┌






f0071708_12060703.jpg
  Leica M Monochrom Typ 246+Summiciron-M 50mm F2 (3rd)








日比谷のいまはない三信ビル周辺はしばらくは空き地同然だったが,東京ミッドタウン日比谷ができてだいぶ変わったと聴いたので,夕飯とってから銀座から日比谷のほうに腹ごなしの散歩で行ってみた.東京ミッドタウン,なにやらどっかで見たようなビルだった.

レストラン街には予約の取れない鮨屋とか,初出店の中華とかいろいろあった.本屋と居酒屋が合体したようなフロアがあったりとか,面白と言えば面白い.昭和の雰囲気をだしたレトロなデザインの理容店,眼鏡屋などもその一角は昭和を意識した造りであった.
写真は,その眼鏡屋.

上の方はオフィスになっているようで,その切り替え階は展望デッキがあって,皇居方面が目の前に見える.ベンチ,植栽などあり,暗闇ではカップルが抱き合い,人目も憚らず長~いチューをしている.その前を人々が行き交っていた.




by Neoribates | 2018-05-22 12:17 | Leica MM Typ 246 | Trackback | Comments(8)




















「世界の中古カメラフェアー」が29日まで東急東横店で今年もやってますね.
例年の如く,見る気なし(ー。ー)フゥ
でも,安いカラー・フィルターを漁りに行くのも一興かな,なんて思ったりもしております.
帰りに「天松」で天ぷらでも買ってと...







f0071708_10412457.jpg
  Leica M Monochrom Typ 246+Summiciron-M 50mm F2 (3rd)








Typ 246で撮り始めて,昔使っていたカラーフィルターを段ボール箱から引っ張り出して見てみたらカビの温床になっていて,3枚だけ生き残っていた.39mm径が運良く残っていたのでSummiciron-Mにつけて楽しんでいる.

制服問題で騒がれた泰明小学校前のカフェ.
アルマーニの制服ねぇ...
ここに越境して通わせている親はやはり見栄っ張り?なんてTVのワイドショーでやってた.そこまでするなら,私立のまともなところに通わせたらと思うのは小生ひとりなんだろうねぇ.




by Neoribates | 2018-05-20 10:57 | Leica MM Typ 246 | Trackback | Comments(4)





















日中は暑い.
でも,陽が落ちてからの冷涼な風がカーテンを揺らして部屋の温度を下げてくれる快適さは今の時期だけ.おかげで転た寝が進む(^_^;)








f0071708_11452540.jpg
   Leica M Monochrom Type 246+Summicrion-M 50mm F2 (3rd)









昨夜,銀座で夕飯を食べて帰る車中は混んでいて,下りるときに人をかき分けて進まなければならないほど.
下車駅が近くになったのでドアに向かって数歩進んだとき,足元に置いたザックの背負い紐が絡み,足がもつれました.

立っているいかにもドカチン風のでかい男の足下に置いたザックの紐.そのスキンヘッドドカチンが「なんだテメェー」と叫び,鬼のような形相で睨んできたのです.

「オオ,怖わ~!!」新聞紙面で最近でてくる殺人に発展する車内トラブルかぁ?小生,つい正直に「怖い!」と一言発してしまい,ちょうどドアが開いたので飛び降りました.

ああ,あんな野蛮な人が普通にいる世の中になったのだなぁと,恐怖に震えながら駅を後にしたのでした.





by Neoribates | 2018-05-18 12:01 | Leica MM Typ 246 | Trackback | Comments(16)

邁堊月日記(8)...





















ネタもないので,またボツファイルより.
季節外れの雪景色(o´_`)ノ

宝塚歌劇団の福岡公演にだけ2日間の帰国をした豚女が,お土産に「七珍七宝醤」を福岡から送ってきた.来週にはちゃんと帰国するのに,宝塚見るだけに帰ってくるとは... (ー。ー)フゥ





f0071708_18070729.jpg
    Leica M10+DJ-Optical 7artisans 50MMF1.1          







真空管試聴メモ---
CEI 6A5K (恐らくMullard製造)を入手.大してよくは聴いていないが,同じMullardで製造したRTC564よりもBarbara Bonnyの高音部が良い意味でキラッとした感じがある.Jimmy Rowles & Ray Brown のアルバム,「A good as it gets」を聴くと,低域の締まりがこちらの方がある.余韻の弾き方も違う.ベースの響きが良い.好きなタイプの音を出している.




by Neoribates | 2018-05-16 18:20 | Leica M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(10)

邁堊月日記(7)...


















FX-Audio Tube-1J付属の真空管は,通常バージョンは人民解放軍空軍ミルス・ペックの7ピンのプリ管(6J1)だが,オプションで特級品(ミル・スペック選別管)もある.レーダー用の真空管だとか.
真空管をいくつかとりあえず購入しておいた:
・RTC5654
・GE5654W
・曙光6J1(ミルスペック選別管)
・Voskhood 6JT1P

RTCはフランスのメーカーだが,一説にはムラードにより作られたものとか.
GEはGeneral Electric
曙光6J1は曙光電子有限公司の人民解放軍空軍選別管品
Voskhoodはロシア産

試聴は,Barbara Bonney / Fairest Isle (DECCA)のCDクオリティーFlacファイルで行う.
録音自体は1998年だがなかなか質の高い録音で彼女の声に焦点をあてた録りかたがよい.特にリュートとの演奏ではよく分かる.
CDとPrest MusickからDLした44.1kHz/16bitのFlacファイルでは音源は同じでも,後者の方が開放的で高域の延びが感じられる.

なお,電源はACアダプターではなく,リニア電源に換えた(写真3,4).
インター・コネクト・ケーブルは,Audioquest Amazon, NBS Serpent II(写真2).





f0071708_02062628.jpg
   Fujiflum 70





試聴をいくつかやってみた:
付属の曙光ミルスペックの管は,当初は高域が尖りすぎた感じだったが,15時間ほど使っていたらだいぶ先端の尖り具合はとれた.Tube-1Jなしのときよりも低域のふくよかさがよく感じられる.これはこれでよい.

同管の選別管では,3時間ほどのアイドリングで気持ちよいソプラノの艶ののったボニーの歌声が部屋に広がる.音場がもう少し広がった感じだ.低域は同じような傾向.コイツはいい.小生の好みの音.現代的な側面を持ち,それでいてふくよかさがある.球らしさを大きく期待するといなされるかも.

RTC564は現代的ではない.管らしいというか,そんな音だ.
エイジングをかけてどうかわるかわからないが,レンジが狭く感じる音と言ったら良いか.ただ,中低域に独特の魅力がある.そういういみでは球らしい.

Voskhoodはレンジが狭いように聞こえる.高域の付き抜け感がやや減る.ボニーの声がやや高音部で太くなったように聞こえる.音の響きももう少し欲しい.低域の豊かさにも今ひとつという感がある.下の方まで延びていないということか.
ジャズやその他のものでも古い録音にはこれが合うかも.
もう少し使ってやると変わるのかも知れない.




f0071708_22003565.jpg
   Fujifilm X70






このラインプリは,相当にC/P が高い.
使って損はないと思う.但し,スピーカら音出しして聴いてもらいたい.その方が空間に広がる音世界がハッキリと体験できると思うから.空気感がガラッと変わることが体験できる.音量も少し上げて聴いた方がよい.前回のコメントの返事にも書いたが,以前スーパー・ツイターを導入したときと同じくらいの感動を得た.
バスとトレブルのコントローラーのついたバージョン(Tube-03J)もあるが,こちらの方は人によってはあまり高評価を出していないこともある.
ただし,この小さく軽い筐体のために,ケーブルは太い,堅いものは使いにくい.写真のAudioquest程度ならそれほどでもないが,隣のNBSのケーブルは堅いので,筐体が持ち上がってしまう.それ故に,小生は足にソルボセインを敷き,接地面と接着し,天板に鉛の塊を載せている.NBSのStatement級のケーブルでは完全に筐体が浮いてしまうので,そうしたければ固定する術を考えなくてはならない.

小生は球を使ったラインプリを入れてみたが,決してVinusレコードのような,あのような醜い真空管でござい的な音を望んでいるのではない.あくまでもスパイス.
Vinusレコードの音を期待してこれを導入してもそんな効果は無い.それを狙うなら真空管パワー・アンプを使うべきだろう.

FX AudioTube-1のJバージョン(Japan version)について-----
North Flat Japan (本社大阪)の発売した前モデルのTube-1はネットを見ると,同サイズ,同デザインのそっくりの製品が中国製でいくつか出ている.これは,NFJ社が設計し,中国で製造して中国向けにOEMで発売しているものらしい.

Jバージョンは日本独自に全体の音の見直し,回路,パーツ,ノイズ対策などを行ったもので中国では発売していない.

カップリング・コンデンサは,指月電機製作所のフィルム・コンデンサに変更.メイン・ボリュームの抵抗レンジを下げて高精度品を使用したり,音声ラインの抵抗部品にも高音質パーツを使っている. 
電源部にはトロイダル・コモン・モード・コイルと日立金属製ファインメット・ビーズによる2段のコモンモード・フィルタを構築し,強力なノイズフィルタリング回路を構成している.肝は,ファインメットだろう.エルナー製のオーディオ・グレード電解コンデンサも備える.




by Neoribates | 2018-05-14 22:29 | Fujifilm X70 | Trackback | Comments(2)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates