春暁日記(1)...





京都より昨日遅く帰宅.
京都3月30日,31日とも気温は高く,24℃近くになった.
30日の鴨川畔の川端通の桜は7分咲き程度だった.
しかし,弥生四月に入り,小雨だったが,この日に桜の満開発表.

上洛する前に29日は三島によって三島大社を再訪.
なぜだか三島はいつも雨に祟られる.今回も雨.この日は大安で結婚式,お宮参りの家族が多いこと多いこと.三島大社の桜も満開ではなかった.




f0071708_1203786.jpg
     Leica M9+Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical III









三島の夜は予定通りにクレマチスの丘,Primavera で舌鼓を打つ.
満足,満足 ♪( ´▽` )ノ

本格的にSWH III を使ってみた.
Commented by surgeon24hrs at 2015-04-03 04:27 x
おかえりなさい!

おやおや、雨でしたか。
でも雨の方が、文字通りしっとりとした味のある写真が撮れるのでは?  この写真も、いい感じですね!
あと、雨のほうが人出が少なくて良いかもしれませんね。

春の京都、羨ましいー!
Commented by Neoribates at 2015-04-03 11:32
surgeon24hrsさん,
ただいまです~
どうも三島はいけません.いつでも降られてしまっております(>_<)
ええ,仰るとおり,しっとりした感じで撮れますね.三島大社は人が多かったですが,京都は大違いでした.
こんかいは,地元の方に聞いて隠れた桜の名所に行くことができてラッキーでした.
Commented by ニッタ at 2015-04-03 12:28 x
しっとりとした風景の上すみに、静かに桜が控え、池に浮かんだ木の影の中を、Neoさんと大の仲良しの鯉が満を持しての登場、歌舞伎でしたら、木が入り”いよっ!”と声がかかる場面ですね。
Commented by cobag2 at 2015-04-03 17:31
お帰りなさんし^^
例の三島の黄金の鯉でしょうか?
桜もいい具合に枝垂れておりますね^^
手前の被写体に目を引きつけながら奥の対象をドンと突き放す、
SWH 15mm の独壇場の画ですね。
個人的には ll 型の控えめながら広角の面白さを押し出した画が
好きですが lll 型は同じ画角でもズンとダイナミックな描写に
替わったような気もしますが如何でしょうか?
隠れた桜の名所? はてどちらでありましょうや^^
Commented by Neoribates at 2015-04-03 23:43
ニッタさん,
鯉がいるのといないのとでは,アクセントが違いますね.なかなか鯉君がきてくれなかったので待ちました(ー。ー)フゥ
少し雨降ってくれた方がしっとり感は当たり前ですが出て帰って良かったように思います.
Commented by Neoribates at 2015-04-03 23:46
cobag2さん,
ただいまです.
写真展で出した鯉は宮さん川でした.
SWH IIIはやや大きくなったので,こういうシーンでは池に落としそうでした(゚Д゚) マジ
III型はやはり写りが緻密になりましたね.小生には好ましいです.その分,主張が大きいのかと.
教えていただいた所は,次回に掲載します~ (o´_`)ノ
Commented by minton at 2015-04-03 23:49 x
コシナは真面目に進化させているんですね。
ここまでの広角は強烈ですね。
Commented by Neoribates at 2015-04-04 02:53
mintonさん,
コシナ,地道に儲からないよい製品をリリースしてくれてます.Zeissの35mm F1.4 も出ましたね.ツァイスらしい濃い色合いの1.4というのも興味ありますよね.
名前
URL
削除用パスワード
by Neoribates | 2015-04-03 01:24 | Leica M9 | Comments(8)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates