冬霜日記(8)...



上洛すると必ず立ち寄る京都御苑のこの大銀杏.
今年はご覧のように遅かりし...
すっかり葉を落としておりました.



f0071708_191048.jpg
      Leica M9+Super wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical II










ここでは,Cからの団体観光客がこんな状況でも大きな声ではしゃいでおりました.
ヨーロッパ系はちらほらでした.
しばらく見て回った後に,お気に入りの錦小路のうちだのどんつき味噌や,なり田の漬け物,下河原のちりめん山椒を買い出しに行き,いつもの祇園の京料理の店で夕飯.
いつものようにしっかりした出汁に納得.満腹.ココロも満腹.
ここの大将は,席が空いていても料理をきちんと出せなくなるので状況によってお客を断ることはしばしばなので,女将さんににらまれている.でも,ミシュランで星をとってからはそうもいかないのではないかなぁといらぬ心配.
で,最後はガラス破片で削ってもらった鰹節にもみ海苔,山葵でネコまんまを所望 ( ゚Д゚ )アラマッ 
「鰻山椒煮どうしはります?」 の大将の勧めも断ってシンプルにネコまんま.今回も女将さんに笑われた.
ワイフは蒸し寿司.
大手家電会社でよく海外出張をして活躍していたお嬢さんが,店を継ぐべく今年退職して板場仕事に入って見習いをしている.4月に見たときよりも少し痩せたような.がんばっているなぁと感心する.

別の日に祇園 「河道」 にも行った.南座の真向かいの露地のどんつき2階.
女性主人一人で調理してだすという,一時話題になったこともある.
初めてだったので7000円くらいのコースで.
残念... どれも似通った味の割烹とは名ばかりのいわゆる ”おばんざい” に毛の生えたようなもの(おばんざいという言葉はないのだけどね).
とにかく色が悪い.どれも土色.あの値段でこれはないでしょという感じ.寒い京都で器は温めてないし...
最終日の,これも初見参である高瀬川畔 「一之船入」 のお得感とは対照的だった.
Commented by ニッタ at 2014-12-09 13:00 x
寫眞を観ながら心に浮かぶのは”いま一度のロマンスを!”です。失われた昔への哀惜かもしれません。
それとともに、もう一つは、Neoさんのあくことのない美食への追及です。羨ましいなぁー、の一言を付け加えたいです。
Commented by Neoribates at 2014-12-09 16:33
ニッタさん,
ロマンチックにご覧になりましたね.
このカップルと枯れたイチョウの対比はそんなことを思わせてくれます.
食の方は,勝手なことを書いていると笑って見てやってくださいヽ(´~`
Commented by cobag2 at 2014-12-09 21:51
映画のワン・シーン^^
美術さんが敷き詰めたような黄色の絨毯!
CG を駆使したかのようにスタイルの良いカップル!
ご隠居の画はいつも何かを語ってますね〜^^

相変わらずの健啖振りにこれも旅の醍醐味と感服仕り候・・・^^
Commented by Neoribates at 2014-12-10 00:19
cobag2さん,
まさに美術さんが敷き詰めたようなイチョウの絨毯状態でした.こちらのカップルもCのようで,さかんにポーズをつけていましたよ.なんであちらの方は臆面もなくすんごいポーズをするんでしょうねぇ.見ていて恥ずかしくなるようなものもあります.
ちょっと,食い過ぎで帰ってきてからはぶぶずけみたいなものばかり食べておりまする(ー。ー)フゥ
名前
URL
削除用パスワード
by Neoribates | 2014-12-09 11:02 | Leica M9 | Comments(4)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates