嫌暑日記(12)...




DENONのUSB DAC DA-300USB を借り受けました.
M-DAC を使ってみたいというオーディオ仲間の要請で,代わりにこのDACを人質によこしたのであります(ー。ー)フゥ


DENONで唯一の単体DAC.
M-DACよりも小型ですが,1.5kgはあります.
外装はメタリックグレーの樹脂に被われています.前面はタッチパネルで,白色LED表示の入力セレクターと電源スイッチ,ヘッドホン用ボリュームノブ.変化量はパネルにやはり白色LED表示されます.
デザインは女性デザイナーを起用して,ビスレスを意識したデザインとか.シルバーグレーの樹脂筐体です.鳴くかなと思っていたのですが,心配はなさそうです.こんなところにもコストを抑えようとした努力があります.いつものように天板にSHAKTIと鉛インゴットを載せています.
オーディオマニアには機械的ではないデザインなので嫌がられるかも.売れるように家電を意識したのでしょうか.
価格は5万3千円(実売4万2,3千円前後).


f0071708_032325.jpg
      Leica M9+Summicron-M 50mm F2 (4th)








音はまさにDENONらしい
PCMでは192kHz/32bitまで対応.WindowsでDSDはASIOでネイティブ再生ができ,5.6MHzまで対応.
DENONの特徴である Advanced AL32 Processing により入力信号をビット拡張し,16bit精度を32bit相当に変換するというもの.DACチップは,バーブラウンPCM1795.ここに入った32bit信号はサンプリングレート44kHzなら16倍,192kHzなら4倍にアナログ波形への類推計算をしながらオーバーサンプリングする.DENONの高級CDプレーヤーSX1なみの仕事をしているということ.
PCM1795は4chチップ.本機では1基使っている.1基でも左右に各2hを用いる差動出力ができる.これによってS/N比とダイナミックレンジを向上させている.


もちろんデジ,アナ独立電源.
またPCからのノイズを遮蔽するためにデジタル・アイソレーターを設置.トランス結合タイプでPCからのノイズと信号を切り分けている.
クロックは,44.1kHz系と48kHz系の2系統の発振器を搭載し,再生するデータによって使い分けるという懲りよう.

音は,DENONらしい重厚さと,美しい高音が響きの要素をきちんと再現している.海外のDACはとかく高音での刺々しさがあるが,本機は丸いというのではなくステージやスタジオで聞く音に近い高域を再現している.色気のある音が聞こえる.低音がDENONトーンのいくぶん柔らか系なので,好き嫌いは分かれるだろう.

ハイレゾ96kHz/24bit の 「宇宙戦艦ヤマト」 を最近 DLしてあったので聴く.
なんと弦楽器の艶やかさがうまく表現されるじゃないか! DENONらしい厚みのあるダイナミックな再現だ.
女性ボーカル表現がこれまた良い.ほど欲ほぐれて綺麗に抜ける感触で,質感や表情の描き込みはなかなか上手い.

残念ながらACアダプターがスイッチング電源なので,リニア電源に換えたら音も変わるはずです.
ただ,ACアダプターのコンセントへの差しかたで音は激変するので,極性を確認しながら接続のこと.
この値段でこれだけの表現はたいしたものだと思う.入出力系にバランスがないのが不満ではあるが,この価格だから文句は言うまい.デジタル技術の進歩はカメラばかりではなく,オーディオでも過去の製品の性能で比較すれば,実質値下げをしてると言い換えてもよい.







ハイレゾでよみがえった「宇宙戦艦ヤマト」 の音楽についても触れておこう.
ウチにあるCDは,[交響組曲 宇宙戦艦ヤマト](Collumbia,32C35-7529).シンフォニック・オーケストラ・ヤマトという名称のスタジオ・オーケストラの演奏.アニメのヒットを受けて急遽LPでリリースしたものがオリジナルらしい.1985年ころの発売かと.
オリジナルのスコアを使用しているので,佐々木いさお氏のヴォーカルなしではあるけど,へんな編曲はない.川島かず子さんのスキャットもちゃんと入っている.
宮川泰先生とプロデューサーの西崎義展氏の各楽曲についての対談風解説がブックレットに載っている.

f0071708_1281855.jpg





いかんせん,ラジカセ級あるいはミニコンポあたりを対象として考えていたのであろう,音はせっかくシンフォニック・ヤマトなのにあまりいただけなかった.
ところが,ソニーの音楽配信サイトmora に96kHz/24bitにハイレゾ化したこのアルバムが出ていたので,ついついポチ.8月の新譜らしい.
驚いた!音がすごく良い! あのCDの音はなんだったんだ?と思わせるほどの,鮮度,解像度,音場の広さ,豊かさ... いやぁ,スタジオではちゃんと録っていたのだなぁ~ 思わず唸った.特にストリングスの艶やかな響きは特筆.これはヨイ!

「旅立ち」は言わずと知れたヤマトが発進するときの勇壮なテーマ,「真っ赤なスカーフ」と「追憶」はまさに宮川調の曲想と編曲,「イスカンダル」,「スターシャ」は宮川ロマンの真骨頂.どれも懐かしく聞ける.

M-DACは貸してしまっているので,DA-300USBでしか聴いていない.M-DACではどういう音がするのか楽しみだ.

f0071708_1123895.jpg

Commented by cobag2 at 2014-08-18 23:05
オーディオの事はよく解りませんがデザインは興味ありますね〜^^
私見ですがカメラも車もオーディオも同じだと思っておりますが
それに見合った機能美があるのではと思うのです。
車は出来れば四角いほうが良い、カメラは基本ブラックでなければ
イカン、オーディオは・・・よく解らんがさり気ない存在感が良い、
なんて勝手に思うのであります。
そういう視点で見ると NIKON の F、LEICA の M9 なんぞは機能美としては
間違いなく及第点ですね^^
オーディオとはドンドン離れてしまいました、ゴメンなさい(汗;)
Commented by Neoribates at 2014-08-19 00:43
cobag2さん,
すみません,写真載せるの忘れてました┐(-。ー;)┌ヤレヤレ
興味ない内容で申し訳ありません.
ついつい,安い製品でもこれだけすばらしいものを作っているんだと思うと,ついつい感激しました.
デザインは大事ですよね.たいしたものでなくても,それなりに見えてしまいますからね.それで売れるなんてこともままありますので.
Commented by Desire at 2014-08-19 19:29 x
こんばんは
写真ステキです、見とれました
素晴らしい音源でヤマト、どんな音でなるのか、聞いてみたくなりました(^^)
Commented at 2014-08-20 01:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ニッタ at 2014-08-20 06:27 x
床に映る影、奥行きのある構図、都会的でおしゃれな写真ですね。見ながら、いろいろなことを思い出しました。
Commented by Neoribates at 2014-08-20 11:43
Desireさん,
こんにちは.
丸ビルにでかけたおりの一枚です.久しぶりのSummicron 50mmをつけてみました.
ヤマトがこんな風に聞けるとは思ってもみなかったです.
Commented by Neoribates at 2014-08-20 11:43
鍵コメさん,
了解です.返事遅くなってすみません.
Commented by Neoribates at 2014-08-20 11:44
ニッタさん,
ありふれた構図でどうと言うこともないのですが,明暗とコントラストが面白かったので撮ってみました.
名前
URL
削除用パスワード
by Neoribates | 2014-08-18 20:24 | Leica M9 | Comments(8)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates