旦月日記(13)...





Linn Records のハイレゾ配信は,これまでLinnレーベル以外の楽曲も行ってきた.しかし,8月25日からは他レーベルの配信は行わないと, The Times They Are A-Changin' と題した通知を送ってきた.
初期のハイレゾ配信事情と異なり,多くのレーベルがそれぞれ独自にハイレゾデータを配信しはじめたので,当初の使命も果たしたことによるのだという理由が書かれていた.
”ACT NOW: download your purchases if you have not already done so and back up your albums as soon as possible” だそうだ.


f0071708_1652283.jpg
   Leica M9+Nokton 50mm F1.5 Aspherical






これからの大きな意味での音楽ソフト販売は,これまでのCDのようなパッケージソフトを大手が販売する形から,データとして配信する形態が主流となり,さらに個々のアーティストがデータとして直接販売するようになるだろうなどという見方もある.たしかにMP3データ販売はもう普通に行われているが,これとても販売量が高原状態になりつつあるとも言われている.そうなると,大手としては,CDと同様の陰りも見えてきているのだと判断しているとも言われている.かといって,データ個人販売に移行するのだろうか.大手の扱い方と個人のそれとの間には,かなりの溝が存在する.そう簡単な話ではないだろう.

一方,ハイレゾデータ(PCM1 96kHz,92kHz/24bit,32bit, DSDなど)の配信は数年前から行われてはいるが,MP3とは明らかにその購入層は異なり,その購買数も限られている.また,ハイレゾ層へMP3ユーザーを取り込むことは悲観的だと考える.MP3のユーザーは若者層.ハイレゾはおそらく中年層以降が中心的存在だろう.果たして,これから先,ハイレゾ配信の行く先はどうなるのだろうか.
Commented by tullyz1 at 2014-06-26 20:21
いい音で聴きたいというのは誰しもそうなのでしょうが、
それにいくらのお金と手間をかけるかは意見の分かれるところでしょうね。
圧縮音楽もかなりのレベルにありますし、車で聴くならmp3で十分とか。
ダウンロードよりCDで手軽に買いたい人たちもいますしね。
これからの音楽配信はどうなっていくのでしょうか。
Commented by Neoribates at 2014-06-27 00:04
tullyz1さん,
ヘッドフォン,イヤーフォンで聞いている多くの若者は,アルバムあたり初期のCD価格並の料金をハイレゾデータに払うつもりはないでしょう.必然的に市場は小さくなりますよね.
Commented by minton at 2014-06-27 08:43 x
ハイレゾ音源も輸入CDも同額程度で、音にこだわりたいならハイレゾで持ち歩きたいならMP3でという程度にするか、CDを購入したらハイレゾもダウンロードできるようにするというのがいいんじゃないかと思うんですけどどうでしょうか。
Commented by Neoribates at 2014-06-27 10:20
mintonさん,
MP3は仰るように,聞ければいいという感じで聞いているのでしょうねぇ.ふつうにMPプレーヤーやiPod,iPhoneでクラッシック以外のものを聞いている分にはそれはそれでいいかもです.
ハイレゾ音源の多くは昔の録音の焼きの直し(SACDと同じやり方ですよね)だし,配信ならCD制作プラントも必要ないので安くできるはずだと思うのですが,マスが小さすぎるんでしょうねぇ.
Commented by ニッタ at 2014-06-27 16:16 x
今度の写真も私にはノスタルジーそのものです。田舎にいたころ母親が待ってる家に帰るとき、フト見た風景です。
Commented by Neoribates at 2014-06-27 18:53
ニッタさん,
こういう煙突をもったしもた屋は最近では少ないですね.
ちょっと遠くを見る感じでぼかしました.
名前
URL
削除用パスワード
by Neoribates | 2014-06-26 18:52 | Leica M9 | Comments(6)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates