卯月日記(19)...




鴨川畔をぶらついて,目についた中華「珉々」で少し遅い飯を食べてから木屋町あたりの桜を眺めに行った.
久しぶりに不味い中華に出会った.まあ,ランチはワンコインとかなり安かったのだけど.王将の方がまだよい.
この写真の龍馬通からちょいと歩き,三条の小川珈琲に顔なじみの店長を訪ねいったが,エリアマネージャーに出世して本部に異動したとのこと.



f0071708_118296.jpg
   Leica M9+Super wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical II







王将と言えば,松尾大社近くの店舗はわりと美味かったのを覚えている.
店主一人で料理作って配膳して,忙しくしていた.

タクシーに乗ったとき,話し好きな運転手が「京都の料理は美味いでしょう.うどんは最高ですよ」と言っていたのだが,どうも小生にはあのコシのないうどんは合わない.そう言ったら,運転手は急に無口になってしまった... ( ゚Д゚ )アラマッ 後日,尾張屋でそばを食べたけど,やはりうどんと同様,お公家さん用なんだなぁと納得.

食べ物ついでに,
昨夜はオバマ大統領と安倍総理が銀座の「すきやばし次郎」で寿司を食べたとか.
レモンへ行くときに地下鉄からの出口としていつも前を通り過ぎるだけ ┐(´д`)┌
ワイフが銀座に用事があってちょうど数寄屋橋あたりを歩いていたら,レモン周辺が一時通行禁止になってすごい人混みだったという.
しかし,ばか高い寿司の味なんかオバマさん,分かるのかねぇ.なんちゃって寿司のUSAだからねぇ.
いつだか「次郎」の出店に入ったことがあるけど,そんなに美味いか?と思った.もっとも初代の握ったものではなかったが.まあ,小生のようなボンビーの舌には分からないのだろうけどねぇ.
トラックバックURL : https://neoribates.exblog.jp/tb/21876559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by g_voyageur at 2014-04-24 10:12
「次郎」を選んだのは名前が映画のおかげで北米で知られるようになったからでしょうか?
一昨年バンクーバーで現地の人にあれこれ質問されましたけど、
こっちは全く知らないのに向こうは当然知ってると思って話してくるので困った記憶しかありません(笑)
アメリカの方なら回ってるお寿司やさんでも十分だと思うんですが・・・。
実際日本人のボクが帰国して真っ先に食べたら感動すると思いますので(笑)
Commented by Neoribates at 2014-04-24 10:32
g_voyageurさん,
ええ,なんか映画があったみたいですね.
あの値段でむこうの人は食べに行くのでしょうか.
欧米の人間には分からないと思いますよねぇ.せいぜいが醤油にどぶづけしてその味で食す程度でしょう.
Commented by ニッタ at 2014-04-24 17:15 x
生活に馴染んだ桜風景に、ほっとします。前のお二人は川面の桜を観ているのでしょうか。さて、「フォトコン」5月号、巻頭グラビアの立木義浩さんのモノクロ作品に田村隆一さんの一文が添えてありました。「静かな街角」と題して、「釘一本床に落ちても響くような夕暮れがある」田村隆一。そして、かなり長い文章が記され、立木さんの寫眞はそれと見事にマッチしています。立木さんが書かれた文かと思ったのですが、あの独特の調子からみて田村さんの文章に酷似。もしかしたら、あの世で書いたのかもしれませんね。(笑)
Commented by Neoribates at 2014-04-25 01:16
ニッタさん,
立木さんの写真,かっこいいですよね.好きです.
釘一本... の表現はなんとも言えませんね.そいう瞬間をものにしたいものです.
名前
URL
削除用パスワード
by Neoribates | 2014-04-24 09:59 | Leica M9 | Trackback | Comments(4)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates