vA.10 へ + Sonnetarの絞り別比較 ...


この季節から秋季までは,我がウサギ小屋オーディオ・ルームは修行場と化す.
DAC,CDトランスポート,プリアンプなど温熱修行の道具が鎮座しているからだ.アンプを夏季用にとJeff Rowland に昨年変えてからこちらはいくらかぬるくはなったが,それでも熱めの湯加減だ.

Audiolab 社 の M-DACの純A級回路は夏場のカイロよろしく修行に資している ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ
このM-DAC のファームウエアのアップ・デートを4ヶ月遅れでやってみた.
vA.10となった.

Pink fish media か Wikipedia 経由でDL.USB から M-DAC へファイルをぶちこむ.今回は M-DAC 設計者の J.Westlake 自身の作成による.


f0071708_22111534.jpg




いやいや驚いた.Pink fishにも何人かのユーザーが書いているが,繊細感,透明感,音場の広がり,ノイズフロアーの聴感上の低下など明らか.これはいい!いくつかのバグフィックスがリストアップされているが,直接音に関連したバグではなさそうなのだが,フィックスのおかげでこの音質の変化は歓迎できる.
Thanks,John!

Audiolab社によるアップデートはこれまでに一回しかないのに,いろいろなユーザーや設計者自からが細かく修正してプログラムをアップするというこのDACは,おもしろい.


Sonnetar 50mm F1.1の絞り値変化による試写は次ページへ      
   ∨
   ∨
   ∨
   ∨
   ∨





M9に装着したSonnetar 50mm F1.1 MCを三脚固定し,最短距離にて絞り値を変化させて試写した.すべてJPGーfine撮って出し(コントラストそのほかのパラメーターは標準に設定).
AWB.
ISO400.
蛍光灯下(パルック昼光色.わりとD65っぽい).
中央部重点測光(やかんの葉っぱ模様付近で測光し,ピント位置も同様).
AE.
一番手前のやかんと次の陶器(萩)との距離は40cm,一番後方の陶器(織部)と萩焼き陶器との距離も40cm.ブルーのガラス器と萩焼の距離は20cm.
Coma Manual 補正機構は,基準4m位置.
Mと示した絞り値は,前の絞りと次の絞りとの中間の意.


F1.1
f0071708_1795397.jpg



F1.1M(F1.1とF1.4の間)
f0071708_1710588.jpg



F1.4
f0071708_171015100.jpg



F1.4M
f0071708_17102561.jpg



F2
f0071708_17104293.jpg



F2M
f0071708_17105654.jpg



F2.8
f0071708_1711552.jpg



F4
f0071708_17112145.jpg



F5.6
f0071708_17113125.jpg



F8
f0071708_17114040.jpg




面倒なんで今回はJPG-fineでやってみました.
いずれRAWでも.

昨日の記事にも書いたが,Noctiluxのような強烈な個性はない.
すくなくとも,こういう条件下ではかなり普通な写り.自然条件下の複雑な光の回り方や色温度などの下で開放ではなく少し絞ったりすると,けっこうな化け方をするのではないかと思う.
それ以上に,カメラ側のパラメーターのかけ方でだいぶ変化するのではないだろうか.

話は違いますが,ここに写っている玉川堂の鎚起銅のやかん,なんともイイ感じでっしゃろ.
ここには載せませんでしたが,南瓜型のやかんもかわいいのです.
やはり銅で湧かしたお湯で煎れたお茶は美味いです.
一度,南瓜のやかんを火にかけっぱなしで電話をかけていて,空だきしたたときには表面の腐食塗装が剥がれたりして焦りましたo(´^`)o ウー

キッチンでこんな撮影していたら,じゃまだと怒られまつた(´ヘ`;) う~ん・・・
Commented by es_u at 2013-06-19 18:49
開放より絞った方が好みです。
このヤカン、好きです。うちのも買い替えようと思ってたところなので参考にさせて頂きます!
Commented by Neoribates at 2013-06-19 19:54
es_uさん,
ええ,これは絞った方がいろいろ化ける感じがしますね.
おお,やはり趣味が良い (○ 'ー')ノ
ぜひ,お求め下さい.置いておくだけでもイイ感じです.
Commented by speedstar-dhy at 2013-06-19 23:21
このやかん、いいですねえ。銅ですか。
僕も欲しくなりました。
たしかに絞ったときの描写が楽しめそうなレンズですね。
幻で手にいれることは難しそうですからあきらめてます(*^_^*)。
Commented by tullyz1 at 2013-06-19 23:31
どちらも興味あるテーマでした。
やはり開放付近の魅力がいいですね。
修行場はいやですけどねぇ^^;
Commented by g_voyageur at 2013-06-19 23:40
こんばんは。

台所で邪魔者扱いされながらの作例ありがとうございます。

素敵なヤカンですね。
今ヤカンが無く鍋でお湯を沸かしてる状態なのでまずそっちに喰いついてしまいました(笑)

やはり開放だとピントは浅いんですね、
絞り別でアップして頂いたおかげでよくわかりました。

レンジファインダーだとF5.6あたりで撮る事が多いので、やっぱりこの数字で撮られたものについつい目がいっちゃいます。

Neoribatesさんの仰られるように、
絞ってよしのレンズなんですね。
Commented by cobag2 at 2013-06-20 09:27
こんにちは、
大変興味深く拝見致しました^^
こういう検証ショットは見ているといろんな事を考えながら、
行きつ戻りつ何度も見てしまうのでアッと言う間に時が過ぎてしまいます^^;
それにしても開放近くではホントに浅いですね〜、むつかしそ〜。
2-3 段絞ったあたりから F 8 間での段階的にキリッとしまって来るあたりは
オッと言う感じです。
Planar 50/2 ZM に似ているのでしょうか?
Commented by Neoribates at 2013-06-20 11:45
speedstar_dhyさん,
鎚起銅のものはやはりよいです.細工もていねいですし.中古でも15万ほどしているようですね.ちょっとどうかなとは思いますが.
Commented by Neoribates at 2013-06-20 11:47
tullyz1さん,
M-DAC,今回のファームアップでけっこう新鮮な感じでまた聞きこむことが出来ます.信州のような高原の気候でこいつを聴くことが出来たらさぞかしいいだろうなぁと想像します.こんな発熱体を置いておいても部屋が暑くならないだろうし.
Commented by Neoribates at 2013-06-20 11:49
g_voyageruさん,
こんにちは.
鍋だとなんとなく味気ないですよね.まっ,ひとつケトルなど買い込んで下さい♪( ´▽` )ノ
独特のフレアがでて開放付近では面白いです.この室内の画像だとそれほどわかいりませんが.
Commented by Neoribates at 2013-06-20 11:53
cobag2さん,
こんにちは,
もっとちゃんとした光条件下でやれば良いとは思いますが,まあ,なにかの足しにはなるのではないかと.ボケを生かして,画もそれなりというとF1.4~2+くらいでしょうか.立体感を持たせてしっかりとだとやはり5.6前後なんでしょう.
ゾナータイプなんでPlanarとはまたちがうボケ味ですね.ただボケの柔らかさは他のゾナーとは違っていいかんじですね.
Commented by minton at 2013-06-20 17:04 x
うちの奥さんが御隠居の奥さんのキッチンが美しいとしきりにほめておりました。持っているものも素敵で、こういうキッチンがいいと言い出し、レンズ評価を書き込むどころじゃあありません。
タイルの目地も美しいです。
我が家はこんなふうにブログに出せないと妻が申しておりました。
はいその通りと答えておきました。

ああ、レンズのことを描きそびれました。^^;
絞ったときにいいという感想が他の方も書かれていますが、自分もそう思います。
開放のときよりもF2、F2.8辺りで、また違ったレンズのようになりますよね。
Commented by swingphoto at 2013-06-20 21:41
やはり,ボケ方はノクチにかないませんかね。
でも、このレンズの軽さ小ささは
すごい魅力的です。
Commented by Neoribates at 2013-06-21 15:41
mintonさん,
いえ,これは写真にとったからだけのことです┐(-。ー;)┌ヤレヤレ 写真に撮れば,何だって非現実になりますものo(´^`)o ウー
ええ,絞った方が面白いですよね.
Commented by Neoribates at 2013-06-21 15:42
swingphotoさん,
ええ,ボケと独特のあのコントラストによる立体感はノクチなのでしょう.このレンズ,確かにコンパクトなので魅力ですし,悪いものじゃないのはたしかです.
名前
URL
削除用パスワード
by Neoribates | 2013-06-19 15:00 | Leica M9 | Comments(14)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates