百代の過客

高校の時からの友人の奥様が亡くなられた.
白血病とのことだった.
盆暮れの挨拶,ときどき会ったりしていたが,そんな病気を抱えていたとは不覚にも知らなかった.友人もそんなことを一言も漏らさなかった.2年前に発症して,骨髄移植を2回行い,7月には回復傾向にみられ,8月末には退院という明るい感触だったらしいが,一昨日急変.まだ48才...
これより葬儀の手伝いに出向く.

f0071708_16185545.jpg
          EOS 500D+Anastigmat 72mm F6.8 from Vest Pocket Kodak Camera



連絡を受けたときには気の利いた言葉も,慰めの言葉も言えなかった.これも不覚である.
ただ,葬儀をしっかりやれとしか言えなかった.
Commented by marierit at 2010-09-18 19:44
そんな時って、なんの励ましの言葉もかけられませんし、虚しいだけですね。
今はただ、ご冥福をお祈りして、合掌です。
Commented at 2010-09-18 19:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by neoribates at 2010-09-19 18:15
marieritさん,
ありがとうございます.
ほんと,若い方があまりにも突然だと,いっかな友人といえども,口先だけの慰めに取られかねない言葉は発することができませんです.
Commented by neoribates at 2010-09-19 18:17
鍵コメさん,
似たことがあるもんですねぇ...
48才はやはり若すぎますよね.仕事をバリバリやっていた方なので,尚更にそう思います.
嫌な言い方ですが,次は我が身と思って処して行かなくてはと感じます.
名前
URL
削除用パスワード
by neoribates | 2010-09-18 16:35 | EOS 500D | Comments(4)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates