タグ:Leica M10 ( 11 ) タグの人気記事

夏半日記 (2)...















コメント不可になっておりました ( ゚Д゚ )アラマッ
なぜかコメント不可にチェックを入れないのに,新規投稿するとそんなことが時々起きます.失礼しました.

RC Succession の「シングル・マン」を朝から聴く.小生が持っているこのバンドの唯一のアルバム.以前はLPがあったが,もうとっくに売り払っていて,Hm-CDが出たので改めて購入したもの.忌野清志郎の作品はこれが一番だと思っている.その後のアルバムは購入しようとは思わなかった.詩が当時の彼の置かれた立場,状況から湧き出たもので,観念的でないのがいい.事情をしらないので単なる若者の観念的世界だと初めは思っていた.







f0071708_10511005.jpg
   Leica M10+Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical III









明日は端午の節句.菖蒲と柏餅を仕入れてこなくては.






by Neoribates | 2017-05-04 11:01 | M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(4)

夏半日記(1)...

















これというネタもないので,桜写真を引っ張ります ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ
建仁寺門前.
小雨の後の桜は光がなくとも美しい.
ドイツからM10のファインダー用アイピース・リングが届いたので先週,銀座ライカストアに行ってきた.







f0071708_10593342.jpg
   Leica M+Summilux-M 50mm F1.4 Asph. LHSA









まあ,普通はなくしませんが旅行中でマグニファイアーを取り付けるために外したのがいけなかった.なにせ,取り外す必要がなかったものだものねぇ... (´ヘ`;)とほほ・・






f0071708_11143248.jpg




こんなものだから,サービスで付けときましたよ!なんて言ってくれるのかなぁッて淡い期待をかけておりましたが,当然のことながら「2,160円です」と言われました(ー。ー)フゥ
まあ,それはそうだろうけど,「2,160円」ねぇ...
貧乏人根性はいけませんですねぇ.







by Neoribates | 2017-05-02 11:18 | M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(8)

卯花日記(14)...















ゴールデンウィークに入りました.
GWもここ平安神宮は参拝客がたくさんいるのだろう.4月の神苑泰平閣も橋の耐荷重が大丈夫か?というほど人でいっぱいだった.

ゴールデンウィーク前あたりからまたおかしなメールが入ってくるようになりました.
今回は...

拝啓
配達員が注文番号(620079946414992)の商品を配達するため電話で連絡を差し上げたのですが、つながりませんでした。
従ってご注文の品はターミナルに返送されました。
ご注文登録時に入力していただいた電話番号に誤りがあったことが分かりました。
このメールに添付されている委託運送状を印刷して、最寄りの郵便局 - 日本郵政取り扱い郵便局までお問い合わせください。
敬具

EMS(国際スピード郵便) - 郵便局 - 日本郵政







f0071708_14283209.jpg
   Leica M10+Summilux-M 50mm F1.4 Asph.LHSA










という日本郵便を装ったもの.添附ファイルはEMSという名称がついてる.
ターミナルとかいう用語とか,特に最終段の「日本郵政」としてあるのがなんともアフォさ加減を出しておりますね.「日本郵便」じゃないんだもの (⌒∇⌒)ノ""マタネー!!  
一応,日本郵便に通報しておいたら返事が来て,これに似た不審メールが頻発しているとか.
お気を付けください.即削除.









by Neoribates | 2017-04-30 01:22 | M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(6)

卯花日記(13)...














高瀬川の一之船入に架かる押小路橋で,夜桜越しの高瀬舟を撮る外国からのご婦人.
ISO 6400で撮影.
たしかにこれまでのMデジとはノイズの出方が違う.まあ,使えるようになった.反面,蛍光灯,ミックス光でのコバルトグリーン系の偽色の出方は醜い.日本のカメラではあり得ない.
昼間撮影ではAWBもかなり良くなったが,夜間でのそれはローパスレスと映像エンジンによる処理あたりにまだまだ改良の余地があるということでしょうか┐(-。ー;)┌ヤレヤレ.
M11で果たして直せるのか?







f0071708_01495356.jpg
   Leica M10+Summilux-M 50mm F1.4 Asph.LHSA    











処理前の偽色は以下の様である:

f0071708_02471590.jpg







この直ぐ北側にある周囲に溶け込んだデザインの島津創業記念資料館のシダレザクラもよかった.1975年に創業100周年を記念して建てられた.
高瀬川の御池通に面してあるでかい安売りリカーショップ「酒のやまや」のワインの品揃えがなかなかだった.それにけっこう安かった ┐(´д`)┌










by Neoribates | 2017-04-27 11:11 | M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(8)

卯花日記(12)...














卯月も今週で終わり.
躑躅がもうだいぶ咲いており,五月の節句もすぐ.
昨日,娘が1ヶ月の上海出張から帰国.少し太って帰ってきた ( ゚Д゚ )アラマッ
「嗚呼,日本の米が美味い」「空気がきれい」と言っていた.
7月からは1年間の本チャン赴任.今のうちに宝塚を見まくるそうだ ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ






f0071708_10202631.jpg
   Leica M10+Summilux-M 50mm F1.4 Asph.LHSA










嗚呼,またどこかに旅行したくなってきた.
11年前に訪れた武雄温泉の「御船山竹林亭」の躑躅庭園が見たくなってきた.

散りだした吉田神社.ターコイズブルーの髪のオネーさんと桜の組み合わせがなんともオツでありました.





by Neoribates | 2017-04-25 09:30 | M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(12)

卯花日記(11)...













M10の背面液晶モニター用保護シート,ユーザーの皆さんはどこのメーカーの製品をお使いだろうか.小生は,ウィーンからM10と共に純製の保護シート(Ref.L24017)も送って貰った.€15.00.
これは良くない.マット状加工で反射はないが像がシャープに出ない.ピントの確認がしずらい.好みがあるのだろうが,やはり表面が平滑なものがよい.
で,M10のモニターのサイズに合うものはないかと思って探したら,OLYMPUS OM-D EM-1用の保護シートがピッタリであった.
小生は,Kenkoのガラス製Zeta Super Slimにした.貼るときに空気が入るとか,少し浮くとかいう意見がある一方,まったく問題なしという意見も多数.たぶん,ガラスなのでトラブルはモニター側の平面性に問題があるのだろう.小生は無問題.

もう一つ,ずっと宮崎光学製マグニファイアーを使って便利にしているが,M10にスレッドアダプターを介して取り付けて覗くと,どうもピンがあまい感じがする.もちろん,視度調節をしても,どうもジャストに被写体に合う感じがない.







f0071708_13210012.jpg
     Leica M10+ Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical III









宮崎光学製マグニファイアーを取り付けるためにファインダー接眼部のゴム製保護カバーを外したのだが(そもそも外さなくてもいいらし( ゚Д゚ )アラマッ),その保護カバーを旅行中に紛失 ( ̄□ ̄;)ガビ-ン
銀座ライカの修理部門へ行き,保護カバーを買おうと思ったのだが,修理パーツとしてこの部分はないのでドイツから送って貰うとのこと.また時間がかかるのだろうなぁ... こんなゴムリングがまたバカ高い値段とられるんではないかと,貧乏人は小さなココロを痛めているのであります o(´^`)o ウー






by Neoribates | 2017-04-23 10:17 | M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(11)

卯花日記(10)...














M10がウィーンから手元に来て3日後に京都に向かった.
使っていてM10のファインダー視野が少し広がったのはやはり気持ちが良いのだが,小生はこれまで宮崎光学製の1.15倍マグニファイアーをファインダーに装着して使っていたので,やはりあった方が良い.加齢でよけいにより正確な二重像合致のためには欠かせない.
そう思っていたのだが,Mから取り外してM10に付けようとしてもユルユルなのである.M10のファインダー接眼部径の方が少し広いのだ(考えてみれば当たり前です).しかたなくマグニファイアーなしで上洛した.
ライカM3から始まるMシリーズでは,ずっと従来の接眼部径を踏襲してきた.このM10になって初めて異なる径となったのである.








f0071708_10384285.jpg
Fujifilm X70









大阪を撮り歩いて,まともに京都を撮ろうと思ったのが4日目.
ついでに京都ライカに寄ってみるかと思い立ち,花見小路に向かった.うわっ!凄い人,人,人.通勤電車のラッシュなみ.ほとんど外人.しかも白人系がやたら多い.道はもう歩行者天国状態.
人をかき分けて京都ライカに到着.
マグニファイアーのことを店の方に何気なく話したら,「ああ,ファインダー接眼部内側にねじ込んで直径を従来の大きさにするアダプタリングがありますよ」と教えて貰った.そんなのがあるとは思わなかった.さっそく見せて貰う(Fig.1).
なんと,この薄っぺらいリングが5,000円也 ( ̄□ ̄;)ガビ-ン し,し,しょうがないかぁ... ああ,ウィーンのライカショップからM10と一緒にとっておけばよかった~ o(´^`)o ウー 下調べの足り無さを嘆いたのでありました.

正しくはレンジファインダー・スレッド・アダプター(Ref.24001)という.
Fig.1の1のようなレザー調ケースに入っている.取り付けに使うライカロゴ入り特性カニメレンチも付属.
マグニファイアーに先にスレッド・アダプターをねじ込んでレンチで固定して接眼部に普通にマグニファイアーをねじ込んでやる.カメラからマグニファイアーを外すと接眼部にねじ込んだスレッド・アダプターはそこに残っている(Fig.1の3).
外す時も特性カニメレンチを使ってやる.

「ケースはライカロゴ入りの名刺入れとしても使えますから」とは店員の弁 ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ 
それにしても5,000円とは...

予想外の出費のあと,直ぐそばの建仁寺の山門付近を覗き,夕飯の鴨川河畔の「ラ・ロカンダ」へ向かった.淀屋橋に帰らなくてはならないので,夜一で予約しておいた.
相変わらず手の込んだ仕事をしているのだろうことを想像させる深みのある味.それをそうと見せないところがよい.盛り付けも華美ではく,センスが良い.
エトフェによってしっかり鉄分のまわった肉質の鳩のロティを部位ごとにディスプレイして楽しませてくれる.アスパラガスのスープも印象に残った.それにラ・ロカンダ名物のトマトエキスのパスタ.美味かった.ホウボウの軽く燻製にしたグリルは鼻腔をくすぐる.ガトーにはピエール・エルメのミニマカロンも当然ついている.
結局3時間くらい居たのだが,気がつくと日本人客は小生らのパーティーだけ.カメリエーレが,夜は日本人客は少ないです,と話していた.ここのホテル,稼働率98%はキープしているという.


どうでもいいネタを一つ.
M10の電源スイッチ・レバーの指標に赤ドットが軍艦部に付いている(Fig.2,A).Mまでは連写だのセルフだののマークが付いていたが,M10 からはそれらがない代わりに赤ドットが付いた.
で,電源OFFの時にこの赤ドットが見えるようになっている(Fig.2,A).
こういう仕組みって,どこかで見たよなぁと思い起こしてみると...
そう,拳銃の安全装置の解除,設定のマークとして使われていた.直ぐに思い出したのが,Walther PPK/S.勿論,ライカと同じドイツ製.





f0071708_11594365.jpg






Fig.2はM10と我が家のPPK/Sのそれを比べた.
PPK/Sでは発射可能状態は,Fig.2, Bのようにセーフティー・レバーを跳ね上げて赤ドットが見えるようになる(撃鉄がコッキングされています).つまり,赤ドットが見えているということは,発射できるぞ,というサインなのだ(同様なことはベレッタM92FやWalther P-38,Lugar 08(?)でもあったように記憶).
ライカではOFF時に赤ドットが見えていて,撮影可能状態では赤ドットを覆って隠す仕組み.
同じドイツ人でも嗜好,思考が違うのが面白い(設計がドイツ人だという前提で).素直に考えれば,PPK/Sのように発射可能,言い換えればONのときに赤印が出るようにするのが筋なんじゃないのかねぇと思う次第.
という,どうでもよい話でした.







by Neoribates | 2017-04-21 00:01 | M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(10)

卯花日記(9)...
















御苑近衛邸近くのシダレザクラは満開とこの写真のようにピークを過ぎたものなどだった.
ソメイヨシノなどは終わりかけがほどんどだった.
満開のシダレがいいのだろうが,小生はここのこの盛を過ぎ,人の年老いた姿を抽象化したようなこの桜が好きだ.枯れかけた桜,朽ちかけた桜,瀕死の桜を眺めるのもまた一興.








f0071708_00501993.jpg
    Leica M10+Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical III









ソメイヨシノがこれから各地でバタバタとその生涯を終える現象が増えてくる.各地の桜守が苦心しているという.

この後,等持寺町の「洋食おがた」へ夕飯に行く.
フレッシュマスカルポーネチーズとアメーラトマトのサラダ,若竹のフライ,京野菜たっぷりスープ,岩牡蠣フライ,豚足のガレット,そして〆にボリュームのトンカツと美味いご飯.さすが関西なので周りはみんなビーフカツを食べていたが,どうも小生らはビーフカツは苦手だ.衣の油と牛肉の香り(牛臭いという意味ではなく)あるいは肉そのものとの不協和音がなんともなじめないのである.やっぱ,カツはトンカツでしょ (o´_`)ノ マアマア
そして,洋食にはビールが合う!
腹一杯で今回は泣く泣くデザートを辞退... (ー。ー)フゥ.
ライカをぶら下げていたおかげで,昨秋訪れていたのを覚えていてくれた.






by Neoribates | 2017-04-19 09:37 | GX8 | Trackback | Comments(10)

卯花日記(8)...















数年前に泊まった吉田山荘のすぐ隣に吉田神社がある.都の守り神として鬼門である東北の方角にあることから厄除けの信仰につながり,節分祭は百万人近い人手があるという.長く続く山腹の参道を上り詰めると,十基ほどの朱塗りの鳥居と桜の並木がある.
毎年出くわすCと思しきウエディング撮影.









f0071708_11203768.jpg
   Leica M10+Summilux-M 50mm F1.4 Asph.LHSA








冷たい風が吹き抜ける中,肩出し,背中出しドレス.ご苦労様です.自己主張の強い民族性を毎年再認識させてくれる行動です (ー。ー)フゥ
しかし,神様の前でこの姿ってどうなん?






by Neoribates | 2017-04-17 11:28 | M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(10)

卯花日記(7)...

















京都より戻ってきました.
最終日がなんとか晴れ,曇りでありました.多くの日は少しの雨に降られましたが,昨年よりも5日ほど遅れた満開でピークを迎えているもの,やや過ぎ,花が舞っているものなどあり,昨年の外した京都行よりもよかった.

今年は京都のホテル料金が高騰しているので大阪淀屋橋に宿泊して京都へ通うつもりだったが,大阪は泊まって見てまわることがなかったので,そちらに重点を置いた.しかし,京都の宿泊料金の足下を見た値上げは腹が立つ.





f0071708_17240326.jpg
  Leica M10+Summilux-M 50mm F1.4 Asph.LHSA






昨年はしだれ桜にふられた高倉通りにある仏光寺(正式には佛光寺)もほぼほぼイイ感じに迎えてくれた.境内のD&DEPARTMENTの古硝子の窓に映るしだれ桜の姿が一番好きだ.ああ,200mmくらいの望遠があったらよかったなぁ...
南側にある洛央小学校の桜も,その前の塔頭の門内にある桜は満開やや過ぎて花が舞っていた.綺麗だった.仏光寺の現門主はたしか女性だったと記憶(チト,あやふや (ー。ー)フゥ).







f0071708_12143309.jpg
  Leica M10+Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical III








f0071708_12525184.jpg
           Leica M10+Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical III







by Neoribates | 2017-04-15 21:34 | M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(4)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates