種月日記(10)...











京都,「ぎおん楽宴小路」の東側に小体な神社がある.
観亀稲荷神社という.
近江膳所藩の京屋敷跡に建てられた稲荷神社.膳所藩が御所の火の番をしていたことから火伏せの御利益があるとか.通り過ぎる方が多いようです.
すぐ隣がお茶屋さん.




f0071708_11503711.jpg

    Leica M (Type 240)+Summilux-M 50mm F1.4 Asph.LHSA






稲荷社を創建するときに,なんでも亀が観ていたので観亀稲荷と呼んだらしい.歓亀稲荷とも書くらしい.だもんで,別の意味を考えてしまった ヽ(´~`; ォィォィ



本日の一枚...
by Neoribates | 2016-04-16 01:00 | Leica M Typ 240 | Trackback | Comments(2)

嘉月日記(7)...










昨年の京都行で,御所の一角で見事に1本だけ暗い中に,みごとな黄葉と緑葉の構成の樹があった.
ファイルをくっていたら,このファイルだけがどういうわけか画像の通し番号順ではなく,へんな場所に飛んで格納されていた.



f0071708_027404.jpg
     Leica M (Type 240)+Summilux-M 35mm F1.4 Asph.








どうもこういう佇まいには弱くて撮ってしまいます.

本日の一枚...
by Neoribates | 2016-01-10 11:25 | Leica M Typ 240 | Trackback | Comments(6)

暮歳日記(19)...










今回の京都行で,夜の八坂神社の人の少なさに驚いた.この写真のように紅葉時期の西門で人波に邪魔されず,スナップが撮れるなんてこれまで経験がないもの.
この時期にこんなことが出来るのはほんと珍しい.紅葉が遅れたせいだろう.




f0071708_18354476.jpg
    Leica M (Type 240)+Summilux-M 35mm F1.4 Asph.









2日後の除夜の鐘,おけら火,そして初詣と,人々の喧噪にまたここは包まれるのだろう.
by Neoribates | 2015-12-29 09:35 | Leica M Typ 240 | Trackback | Comments(14)

暮歳日記(18)...











京都にも天の岩戸があります ( ゚Д゚ )アラマッ
顕宗天皇の御代に筑紫日向の高千穂の峯の神蹟を移して創建された日向大神宮.なかなか由緒のある社です.





f0071708_18453516.jpg
              Leica M (Type 240)+Summilux-M 35mm F1.4 Asph.










あははは,ブレてまつ.
連れが入ってくるのいやだとごねてましたので (o´_`)ノ マアマア
奥深さを強調して細長クロッピング ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ
by Neoribates | 2015-12-27 18:05 | Leica M Typ 240 | Trackback | Comments(8)

暮歳日記(17)...











上御霊から西林寺,玉泉院,妙覚寺,妙顕寺,本法寺,水火天満宮と歩いて堀川通りに出る.
堀川寺ノ内に着いたころにはすっかり暗くなってしまった.
雨も少し増したし.




f0071708_1155254.jpg
    Leica M (Type 240)+Summilux-M 35mm F1.4 Asph.










冷えた体をこの後,祇園北側にある京料理のお店で,招福楼出身の大将が作る美味い料理で暖めた.
これまでに一番美味かった.
by Neoribates | 2015-12-26 00:14 | Leica M Typ 240 | Trackback | Comments(6)

暮歳日記(14)...










京大生の寮はいい意味で味のある建物がいくつか残っている.
吉田寮やこの室町寮はまさにそれ.
室町寮は人気があるとか.個室だから.それ故に競争率が高いとか.
京大生寮にはヤバイところもある.熊野寮なんて中核派のたまり場だ.
まあ,そんなところを写真に撮っていたら公安と間違われて拉致され,総括されるかもしれない.




f0071708_17262668.jpg
    Leica M (Type 240)+Summilux-M 35mm F1.4 Asph.










このあたりをぶらつきながら,今日庵付近まで足を伸ばして俵屋吉富の茶ろんでのんびり転た寝などしながらまた動き出すというのがいつものパターン.
by Neoribates | 2015-12-21 12:25 | Leica M Typ 240 | Trackback | Comments(8)

暮歳日記(13)...










ネタもないので京都紅葉をひっぱる.
11月末ころに訪れたときはこの程度の寂しい状態だったが,京都に住む友人の話では今月に入ってからここも,もう少し色がついてボリュームが多くなったように感じられ,多少見られる状態になったということだった.




f0071708_11465687.jpg
     Leica M (Type 240)+Summilux-M 35mm F1.4 Asph.











昨日,祇園でのなじみの料理屋さんの女将さんから電話があった.話の中で,12月に入ってから日本人の観光客がやけに増えたという.紅葉の色づきに反応したのだろうと.
一方,12月に入ると,Cがだいぶいなくなっていったとのこと.
by Neoribates | 2015-12-19 23:46 | Leica M Typ 240 | Trackback | Comments(6)

暮歳日記(4)...









人波を避けるために,ブライトン主催の早朝特別拝観を利用して安楽寺へ.
一昨年のここは赤の世界だった.
残念ながら(この言葉が今年はやたらと出てくる(ー。ー)フゥ)今年はそうはいかなかった.
例年なら,山門と参道まわりの紅葉はこの寺の佇まいと共にもっと美しいはず.
写真マジックでイケルように写ってますが,これがホントだと鵜呑みにしないでね (o´_`)ノ マアマア




f0071708_1928739.jpg
     Leica M (Type 240)+Summilux-M 35mm F1.4 Asph.










ここで小生らのパーティー(といっても,2人ですが (o´_`)ノ マアマア)は,拝観後に離団して一路,修学院離宮方向へ歩き出しました.歩くとけっこうありますが,裏道を行くので面白いです.

ブライトンに帰る皆さんは,ホテルで朝食ということに.
ブライトンのおいしい朝食も捨てがたかったのですが,小生らは前日の夕飯が祟っていて朝飯はあまり食べたくなかったので,ちょうどよい感じではありました.
もっとも,この日の昼も下河原で懐石料理が待っていたのですが...

そうそう,経営が長谷工からオリエンタルランドに移ってから,ブライトンの雰囲気が少し変わってきているように思う... 朝食も.
by Neoribates | 2015-12-05 19:22 | Leica M Typ 240 | Trackback | Comments(10)

暮歳日記(3)...











紅葉の写真がほとんど出ていないので,ひとつ.
行くなと言われていた高台寺近辺にひさしぶりに足を運ぶ.
予約していた夕飯の料理屋に行くため,少し早く着いたので彷徨いた.

おお,ここもさながら北京の街角.
高台寺塔頭の中では最も歴史が深い岡林院も五月蠅い北京市民でいっぱいだ (ー。ー)フゥ.




f0071708_1103933.jpg
     Leica M (Type 240)+Summilux-M 35mm F1.4 Asph.












紅葉の中でもまだ見られる方の部類のものがあった.で,一枚.
写真だと,実物以上によく見えてしまう.困ったものだ ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ
by Neoribates | 2015-12-04 15:01 | Leica M Typ 240 | Trackback | Comments(10)

暮歳日記(2)...












八神社の紅葉も期待ならず.
それでもここの領域は特別な空気が流れているような錯覚を起こしてくれる.
上京区の上御霊神社と何か通底するものがあるように感じるのは小生だけだろう.
前回エントリーの階段を上りつめると,この社につく.




f0071708_18115278.jpg
     Leica M (Type 240)+Summilux-M 35mm F1.4 Asph.











上御霊神社も赤い世界は大分薄まっていた.
それにもまして,どうもカエデの枝や幹を切ってしまったようにも見えるくらいに葉がなかった.
by Neoribates | 2015-12-03 08:10 | Leica M Typ 240 | Trackback | Comments(8)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates