<   2017年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

暮秋日記(16)...
























本日,小菅拘置所で開催された矯正展に行ってきた.
小菅駅を下りる人が異常に多い.何度かこの付近はきているが,ふつうは通りを歩く人もパラパラ.みんさん年に一度の矯正展へ行くもよう.
まあ,拘置所敷地に多くの人は普通は入ることはまずないですからね (´∀`).








f0071708_22551358.jpg
   Fujifilm X70








各地の刑務所,少年刑務所等での作業によって製作された工作物が販売されている.
これに加えて,協賛会社のブースも多数出店.飲食物もいろいろ出ていた.
凄い人出.
自衛隊員勧誘の一つとして,陸上自衛隊から偵察警戒車87RCVや自衛隊仕様の川崎のバイクなども乗車体験用に出張していた.
偵察警戒車の方は,74式車載7.62mm機関銃は外されていた.これの装着行程を見たかったのだがなぁ...





by Neoribates | 2017-09-30 22:58 | Fujifilm X70 | Trackback | Comments(8)

暮秋日記(15)...

























芙蓉の花が咲いている.
酔芙蓉.一日で花の色が変化する.
直ぐ隣の町なのに,人生で2度目の来訪.

芙蓉というと,芙蓉蟹(蛋)を思いつく.なんて発想が貧困な...
芙蓉の花に似て,フワッとした感じから当てた名前だとか.
同じような料理はタイ,ベトナム,マレーシアにもある.
ああ,昼飯に作ろう (;´Д`)
そういえば,芙蓉蟹の餡は関東ではケチャップを使って供する店も多い.
関西では醤油ベース.ウチもこちら.どうもケチャップベースは苦手.






f0071708_08535325.jpg
    Fujifilm X70









それにしても,自分の行動半径がなんと狭いことかといつも思う.
遠く離れた地はにいそいそと出かけるのに,地域の周囲を知ろうとは思わないということなのか.






本日の一冊...
by Neoribates | 2017-09-28 09:27 | Fujifilm X70 | Trackback | Comments(6)

暮秋日記(14)...






















NIKONが創立100周年記念として発売したD850,小生はニコン使いではないので(レンズは数本ある.父親から受け継いだNoct-NIKKOR 58mmとAi24mm F2,W-Nikkor ・C 35mm F1.8)評価は分からないが,ちょっと面白いのが,ネガフィルムデジタライズ機能.要はスライドコピーアダプターにネガをセットして複写する昔からのやり方で,Gレンズのマイクロニッコール60mmを使えばAFも可能だという.








f0071708_10330095.jpg
  Fujifilm X70











ボディー内で反転処理をするので,手軽にデジタル化できて便利そう.ただ,ゴミ取りはやってくれないので自分でシコシコやらなければならないのだろうが.
ゴミ取りにかかる時間とスキャナーで読み込んで処理する時間のどちらをとるかだ┐(´д`)┌







本日の一冊...
by Neoribates | 2017-09-26 11:06 | Fujifilm X70 | Trackback | Comments(6)

暮秋日記(13)...



















JRiver Media Center 23のWindows64ビット用の初期ビルド23.0.60(β版)が数日前にリリースされたので,試しにインストールしてみた.
特に今のところ問題なく動いている.
インストールの注意書きにCドライブにデータを入れている場合は消失することもあるので,コピーをとるようにとある.勿論,データは外付けHDDなので無問題.
登録コード入力の際には,当たり前ですが,最新のJRiver MC23のコードを入れること.

ただ,困るのはインストするとデスクトップにはこれまでと同じの32bit版のアイコンが出ていること!32bit版は自動的にアンインストールされるわけではなく,CドライブのC:\Program Files (86)内に入っている.
一方,64bit版の方は特にこのような表示はしていなく,C:\Program Files\J River\Media Center 23\Media Center 23.exeとなっているのがなんとも...

また,DSPを5.1chにしていると再生できる,できないという報告もある.2chでやっているので問題は無い.

音はあまり変わらないという意見が日本版JRiver MC23のフォーラムにちらほらあがっているが,聴いている限りでは録音,音源によっては明らかに透明性,解像度が増して,音場,奥行きが広がりよりハッキリしていることが分かる.これは面白い.音量を少しばかり上げてやるとわかりやすい.
32bitの標準バージョンより5〜15%高速で,より多くのメモリを扱うことができるとのことである.32ビットでは2GB、64ビットでは16GBまでメモリ再生のトラックローディングの上限を上げたとのこと.








f0071708_19570927.jpg
  Fujifilm X70










DXDソフトの話:
Chaneel Classicより一般発売される前に,北欧の配信サイト「Native DSD」からDSD,DXDでRachel Podgerの演奏がリリースされたというので,DXDフォーマットのハイレゾファイルをDLした.

”Grandissima Gravita (Channel Classic)”



f0071708_10575586.jpg



ヴィヴァルディ,タルティーニ,ヴェラチーニなどイタリア,それにドイツのピゼンデルなどのソナタ集.
演奏は,最近人気のあるRachel Podger (violin) and her Brecon Baroque colleagues Daniele Caminiti (lute & guitar), Alison McGillivray (cello) and Marcin Swiatkiewicz (harpsichord).

358kHzのDXDフォーマットでflacでDLに約30分かかった ┐(´д`)┌ 3.85GB もある.DSDフォーマットでのヴァージョンもある.こちらの方がDLは早い.

小生はやはりDXDが好きだ.ファイルの小さいMQAでの配信もしているが,とりあえずDXDで落としてみた.
DXDらしく澄み切った音色で,爽やか.
写真の恵比寿ガーデンプレイス39Fからの眺めのようだ.





by Neoribates | 2017-09-24 00:11 | Fujifilm X70 | Trackback | Comments(10)

暮秋日記(12)...



















今月号,アサヒカメラ連載の椎名誠「シーナの写真日記」冒頭にこんなことが書かれていた.
「宮沢賢治の有名な雨ニモマケズの中に,サムサノナツハオロオロアルキ...という一節がある.(中略)ぼくは宮沢賢治って頭がおかしいのではないかと思った...」とある.
小生はハタとこれは自分のことを言っているのだと気づいた.
椎名氏曰く... その後,「やがては筑摩書房の宮沢賢治文学全集全巻を買って隅々まで読むに至った.そうして賢治のいうサムサノナツは東北地方の冷害のことをいっているのだ,ということをやっと理解した」.
ああ,同じ事を無知な小学生のころに同じように理解できてなかった人が自分だけではなかったのだ,と安心したのでありました ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ










f0071708_18055287.jpg
  Fujifilm X70









無知なころの無知な認識の一つに,居住地の名所旧跡なんて一つも無い観光地でもない普通の街になんで旅館があるのかと思っていた.その後,長じてそういう目的の”旅館”なのかと気づいたのであります.そう言えば,その前を親と一緒に通ると,なぜか足早にせかされて歩いたような気がしたのであります(^^;)
大人になるって,汚れることなのね(ー。ー)

短命,ほんとに短命で終わったX70にて久しぶりにモノクロGフィルターで撮ってみた.こんな良いカメラ,もったいないなぁ一年も待たずしてディスコンだなんて.










by Neoribates | 2017-09-22 18:08 | Fujifilm X70 | Trackback | Comments(8)

暮秋日記(11)...
























神田囃子の篠笛奏者.
真剣な眼差し.気迫が喧噪の中にも伝わってきました.
それに,どうしてもシャンな方にレンズを向けてしまいます┐(´д`)┌







f0071708_00120112.jpg
   Leica M10+Summilux-M 50mm F1.4 Asph. LHSA











少し,カラー・フィルムっぽくパラメータを設定して仕上げてみました.
夜なので,ノクチかズミか迷いましたが,やはり機動性を考えて後者に.








by Neoribates | 2017-09-19 21:02 | M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(8)

暮秋日記(10)...






















宵宮の先頭は巨大な獅子頭の御輿.
築地波除神社などの縁起を見ると,雲を従える「龍」,風を従える「虎」,一声で万物を威伏させる「獅子」の巨大な頭を担いで回ったのが「つきじ獅子祭」の始まりだそうです.
まあ,獅子頭を厄災払いという意味で渡御に加えているのでしょう.







f0071708_17292003.jpg
   Leica M10+Summilux-M 50mm f1.4 Asph. LHSA










まだ,宵宮の渡御が始まったばかりなので,女性も数名入って余裕綽々の様子です.獅子頭の後ろからは6,7mくらいの長い帯が出ています(正式名称があるのでしょうが).





f0071708_01343123.jpg
  Leica M10+Summilux-M 50mm f1.4 Asph. LHSA






by Neoribates | 2017-09-18 10:54 | M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(4)

暮秋日記(9)...























秋空の朝.
本祭り宮出し前.











f0071708_03500198.jpg
   Leica M10+Canon 100mm F3.5 II(L)











御祭礼の朝,男達は渡御を待つ.






by Neoribates | 2017-09-16 03:54 | M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(10)

暮秋日記(8)...
























写真を撮るときには見た印象をそのまま焼き付けたいと思う.色で言えばイメージ・カラーということだ.真実の色とは違う.だから,その場の雰囲気をより強く伝えたいと思うと,フィルム・シミュレーションや特定のパラメータを操作することになる.
しかし,色で伝えることがその本意を表すことにならない場面に出くわすことはしばしばある.









f0071708_11324126.jpg
   Leica M10+Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical III










そこでB/W変換をすることになる.単に画像処理ソフトでモノクローム変換しただけではその本意を伝えることは難しい.ここでも当然,パラメータをさまざまに操る必要がある.
もちろん,そういう作業を経て創出されたものが成功したのか不成功なのかは,神のみぞ知るということだ.
とまあ,ゴチャゴチャ書いたが,日差しの強さをカラーで出そうかB/Wにしようかと迷ってB/Wにしたという,簡単に言えばそういうことだ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

最初からカラーにするのか,B/Wにするのか決めてから撮影するのが本道だという向きが多いのは知っているが,そんなの関係ねぇ~ そんなの関係ねぇ~ オッパッピー!のココロなのだ.






by Neoribates | 2017-09-13 11:38 | M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(7)

暮秋日記(7)...

























御幣を掲げて宵の道中,御輿の先頭を行くのを見ると周りの喧噪にもかかわらず,いつもここに静寂が漂っているのを感じる.







f0071708_23242459.jpg
   Leica M10+Summilux-M 50mm F1.4 Asph. LHSA











御輿を担ぎ,かけ声を発しながら練り歩くのだが,そのリズムをとる役目にいつのころから呼子笛が使われるようになった.これを長い間吹いているのもたいへん.
そこで,今年から電子呼子笛を使い出した ( ゚Д゚ )アラマッ
10cmくらいのもので,スイッチを押すごとに甲高い呼子笛の音が発する.便利グッズ.\3,000くらいらしい.

こんなの履いていた子供がいました.たしかによさそう\(^○^)/




by Neoribates | 2017-09-12 10:21 | M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(6)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates