<   2014年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

行秋日記(28)...



いよいよ10月も最終日.
何時もの台詞,時のたつのは早い (ー。ー)フゥ

なぜかは知らねど,尖った家を見るとシャッターを押したくなりまつ.
亀戸彷徨きより.



f0071708_1214697.jpg
       Leica M9+Super wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical II









エキブロ向上委員会の今回のコメント欄改悪についての苦情が多すぎたためか,この仕様変更に対してのコメントを載せるコメント欄がいきなり閉鎖されてしまった!!

<10/30 追記>--------------------------------------------------
コメント投稿における仕様変更につきましては、お寄せいただきましたご意見を真摯に受け止め
引き続き調整を行って参ります。

と,いうエキブロからの表明は残っているが...






                          Japan Leica Club 第7回写真展要項


1.会 期           2014年11月11日~16日   11:00~19:00
                                      15日パーティーの日は18:00まで展示


2.会 場           ル・デコ 3F  渋谷区渋谷3-16-3  Phone 03-5485-5188
                 

f0071708_18351775.jpg



3.その他           11月15日は恒例のパーティーを19:00より開きます.どうぞご参加ください.
                 なお,その際には飲み物あるいは食物をお持ちよりくださいね.

4.アクセス          地下鉄16番出口あるいは渋谷駅新南口からが便利です(地図参照)


5.在 廊           小生は,12日を除き,11,13,14日は午後3時ころから
                 15,16日は午後12時ころから在廊の予定です.
 
                 皆様とお会いできるのを楽しみにしております. 
by Neoribates | 2014-10-31 20:08 | Leica M9 | Trackback | Comments(4)

行秋日記(27)...



数日前から始まったエキブロのコメント欄投稿部分の改悪,なんとかならんのだろうか.
「コメントする」をクリックすると,別ウィンドウがポップアップしてきてそこに記入欄が出る.
これ邪魔.たいへん邪魔! 
投稿ボタンを押すと,要りもしないCMと新着情報まで出てくる (°◇°;) ゲッ
なぜにこのようなやりにくい煩雑な仕様にしたのだろか.
早々に元に戻してもらいたい.そいういう意見も多数エキブロに寄せられてきている.
エキブロはシンプルで他のブログよりも感覚的に操作できてよかったのに...



f0071708_2328469.jpg
     Leica M9+Super wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical II










なぜこのような形にしたのか理由さえも説明なし.
勝手な仕様変更はひどいよ.こちとらお金払ってるんだぜ ∠( ゚д゚)/
不快に思っている方,エキブロ向上委員会に抗議コメントを!


写真は,亀戸7丁目あたりの廃墟寸前の建物.
光の僅かに当たった蔦が印象的だった.
久しぶりの撮り歩きに,もっと町歩きしないといけないなぁと感じた.
by Neoribates | 2014-10-30 10:24 | Leica M9 | Trackback | Comments(12)

行秋日記(26)...




今年のフォトキナのレポートを見ていて興味を引かれたものに,コシナ/フォクトレンダーのVMマウントレンズ,Super Wide-Heliar 15mm F4.5の新型(IIIと称するのか?)がある.
15mm 大好物者にとっては興味津々.

通常, SWH をつけて写真を撮るとき,小生は片手撮りが基本.
写真を見る限りは図体がでかくなっており,片手撮り基本の小生にはハンドリングがいかがなものかと思う ( ゚Д゚ )アラマッ (もちろん,Zeissブランドのディスタゴン18mmみたいにばかでかくはないが).
ただ,レンズ構成がガラリと変わったというので,とても関心がある(6群8枚から9群11枚!になった).



f0071708_18315081.jpg
      Leica M9+Super wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical II











もう一つ,
Lytro社の Illum.
ライト・フィールド・カメラで8倍ズーム搭載機.
イメージ・センサーは,1.2型の40メガCMOS.レンズは,30~250mm,F2 相当のカメラ一体型.4インチのタッチ液晶があり,主要操作はそこで行う.ただ重さが1kg近くある (ー。ー)フゥ
F2.0だが,ピント同様に後処理でいかようにも.ただ,撮影はブレが許されません.三脚が必須か.
カメラ内部での処理がけっこう手間取るらしく,そうとうにCPUに負担があるらしい.また,PCでの編集でも,それなりのPCのスペックが必要とか.
既に発売されている.$1,500ほど.
初代の直方体 Lytro と比べると,ついにライト・フィールド・カメラもここまできたかと思わせます.


写真は,亀戸7,8丁目あたり.
by Neoribates | 2014-10-29 08:31 | Leica M9 | Trackback | Comments(4)

行秋日記(25)...




ついに日本にもエボラ出血熱のウィルスが持ち込まれたか?
と驚愕させた昨夜の報道だったが,幸いなことにリベリアからロンドン経由で日本に入り,昨日,国立国際医療研究センター(新宿区)に搬送された反日的ジャーナリストN.Ohnisi (在日でカナダ国籍.NYタイムズ東京支局長)とされる人物からウィルスは検出されなかった.今後入院して72時間の経過観察をするとのこと.
ひとまずはホッとした.でも,潜伏期間は最長21日間だけど...





f0071708_10152615.jpg
       Leica M9+Summicron-M 50mm F2 (6枚玉)









今回の件では,段取り通りにやれたと厚生相は話していたが,医療従事者の対応不備も指摘されている.
今回の件が,今後への対応材料として生かされんことを祈るばかりだ.
しかし,飛行機に同乗していた乗客をどう扱い,どうフォローするのだろうか.そして,いちばんやっかいなのは自己申告しない感染者...

アメリカでは,帰国したアフリカで看護従事していた看護師を21日間隔離措置することに人権問題を絡めて問題だという風潮があるやに聞いているが,猛毒性のあるレベル4クラスの生物に対する認識の甘さを痛感する.だいたいがアメリカの防疫態勢は甘い.
まずは「社会防衛」の立場に立ってファースト・アクションをすべきではないか.いたずらに魔女狩りをせよとは思わないが,何を優先させるべきか.

病気が蔓延しているアフリカ西海岸地域を,場合によっては熱核爆弾による処理も最終的には考えなければならないと指摘する意見もある.
交通手段の発達によって中世の暗黒の時代を容易に世界に拡散させることができる現代こそ,このウィルスが現代のペストとして記録されてしまう皮肉を現実としてこの目で見たくないと思う.まっぴらごめんだ.
by Neoribates | 2014-10-28 12:15 | Leica M9 | Trackback | Comments(2)

行秋日記(24)...



最近,駅近くのマンション前の街路樹に,夕方になると小鳥(おそらくムクドリ?)の大群がねぐらを確保しにやってくるようになり,その不潔さにどうするのかと思っていたら,ようやく枝打ちをしたことで住み着かなくなった.ところが数日すると,少し離れたおなじ種類の街路樹に集まりだした.包括的に枝打ちせず,狭い範囲だけで済まそうとしたツケが回ってきたよい例だ.どこぞの国の外交を見ている感である.



f0071708_1720739.jpg
      Leica M9+Sonnetar 50mm F1.1 MC








2週間あまりでJapan Leica Clubの第7回写真展が始まります.
時間がありましたら,渋谷 Le Déco に足をお運びください.


写真は,江東区大島にて.

追記:
コメント欄の改悪,なんとかして~!!
使いにくい!
エキブロって,なんでときどきこんなヘンな改悪するのだろう...
by Neoribates | 2014-10-27 19:18 | Leica M9 | Trackback | Comments(2)

行秋日記(23)...




ヴァンジ彫刻庭園美術館.
イタリアの現代具象彫刻家ジュリアーノ・ヴァンジの作品を集めた美術館.クレマチスの丘や室内に作品が配されている.芝を敷き詰めた豊かな庭園も気持ちがよい.
写真は,庭園からの一枚.




f0071708_18332589.jpg
    Leica M9+Summicron-M 50mm F2 (6枚玉)








ここは,もともと住宅街のスポーツ施設の敷地だったのをスルガ銀行がクレマチスの丘の一部として,庭園美術館を開き,蘇らせたのだとか.
by Neoribates | 2014-10-26 18:44 | Leica M9 | Trackback | Comments(0)

行秋日記(22)...




今回の伊豆への小旅行の目的は IZU PHOTO MUSEUM で開催中の 「小島一郎 北へ,北から」 展を観に行くこと.
決して美味いもの食べではない ヽ(´~`; ォィォィ

JR三島駅から車で15分くらいのところにあるクレマチスの丘という美術館,レストラン,本屋などが散在する広い面積の施設.気持ちのよい緑あふれるエリア.スルガ銀行の持ち物で,本社機能の一部もこの地域rにあるという.三島駅からシャトルバスが出ているが,平日は17:00最終.土日は16:40最終.三島駅への最終は17:20だから,施設を廻って,ディナーをとってから帰るとなると,タクシーを呼ばなくてはならない.
ここにあるリストランテ 「Primavera」 は箱といい,料理といいすばらしい.日高シェフが去って後,エルブジの経験のある黒羽シェフによる北イタリアを中心とした実にセンスのいい美味い料理だ.あの値段でやっていけるのだろうかと心配してしまうほどに質のよい料理だ.ドルチェがまた美味い.ああ,また食べに行きたい.


小島一郎という写真家の名前はいまだにあまり一般的ではないのかも知れないが,彼の写真をどこかで見た方は多いのではないかと思う.1924年に青森で生を受け,39歳という若さで世を去った異能の作家.
津軽,青森に拘った彼の才能は名取洋之助に出会ってさらに磨きがかけられたという.
彼の作風は,ピクトリアリズムを徹底的に排した当時のリアリズム一辺倒写真界とは対極の場にあった.
造形のイマジネーション,センス,津軽という土地の臭いの出し方,現像,焼き付けの写真技術を十分に熟知した造形美の創出はピクトリアリズムの新たな段階を見せた作品ばかりで,見たものを強く惹きつける.
他界するまでの間,彼は名取の食客として遇されてきたようだ.



f0071708_1522888.jpg
      Leica M9+Summicron-M 50mm F2 (6枚玉)











オリジナルの彼の作品を観ると,すさまじいまでに粒子を荒らし,暗部をぎりぎりまでに落とし,対照的に明部を強調した技術は津軽の厳しい自然を表すにはこれしかないと思わせる演出である.ミレーの晩鐘を彷彿とさせるあの津軽木造の稲刈り,稲垣付近の吹雪の中を行く人々などの代表的作品を目の当たりにすると言葉がないほどの感動を与えてくれる.雲の表現がまたぐっとくる.
展示の最後の方は,再プリントのボードが掲げられているが,この焼き付けはよくない.
彼がいつも懐に入れていたと言われる名刺判の通称「トランプ」と称するポートフォリオ.これが多数展示されているのも面白い.この作品群から彼の写真作法一端をうかがい知ることもできる.

小生が真の写真芸術家と考える5人の日本人作家の一人である小島一郎の画を見ることができた幸せよ!

本写真展は,没後50年を記念してのもので,新潮社から出版されていた生前唯一の写真集 「津軽」 も復刊予定.
写真展は12月25日まで開催.ぜひ,足を延ばしてご覧ください.

写真は,IZU PHOTO MUSEUM の入り口.写真展の看板が慎ましく出ている.
by Neoribates | 2014-10-25 17:50 | Leica M9 | Trackback | Comments(6)

行秋日記(21)...




昨日,伊豆から東京駅に着いて時間もあったので,「みんなのパン屋」で買い物して帰ろうと思い,ついでに駅前の KITTE に寄り道をしてみた.
ちょうど,「宮城の新米フェア」 を1階ホールでやっていた.主催:JAグループ宮城, 共催:宮城米マーケティング推進機構.

新米ひとめぼれを塩むすびにしたものが威勢よく配られていたのでいただく.
包みの裏を見ると,原材料に 白飯(精米,還元水飴,醸造酢,植物油脂) と記載されていた.
???!!! オイ,オイ,何? お米の美味さを伝えるイベントなんじゃないの?



f0071708_20164724.jpg
     Leica M9+Summicron-M 50mm F2 (6枚玉)








還元水飴,植物油脂って何? 醸造酢は防腐剤代わりなのだろう.
そんなもの入れたら米の美味さが台なしじゃん!
案の定,一口食べると素直なおにぎりの味じゃない.また,最後にへんなエグミが残った.
JAグループ宮城なにやってるの? ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ


写真は三島,クレマチスの丘,ヴァンジ彫刻庭園美術館にて.
この庭園美術館は素敵でした.
by Neoribates | 2014-10-24 20:26 | Leica M9 | Trackback | Comments(2)

行秋日記(20)...




IZU PHOTO MUSEUM で開催中の 「北へ,北から - 小島一郎」 展を目的に三島へ出かけて,さきほど帰京.この時期に出かけると,どうも雨に祟られる事が多くていけない (´ヘ`;)とほほ・・

三島市は人生で2度目の来訪.三島大社の桜を見に行って以来だ.
小島一郎の写真展の話はちょっと置いておいて...

三島は富士山からの被圧伏流水が湧き出していて観光の目玉にもなっている.
柿田川が有名だけど,あいにくの雨なので駅からすぐの楽寿園から出ている源兵衛川,宮さんの川,そして菰池,白糸公園などから発する御殿川,桜川をざっと廻ってきた.雨が降っていたので,よけいに水っぽくていい雰囲気だった.
湧水に住んでいる鯉のまるまると太った様が印象的だった.




f0071708_196176.jpg
      Leica M9+Summicron-M 50mm F2 (6枚玉)








三島といえば鰻ということなんだろうが,夜はイタリアン Primavera,翌日もフレンチ Le Temps と高脂血症メニューを予定していたので,昼から鰻はきつい.
で,昼飯は楽寿園南口の脇にある「蕎麦処飯嶋」で手打ちの更級系のお蕎麦.二八.十割ではない.
小生は十割は苦手なんでちょうどよかった.
そばつゆはやや甘めだったが,鰹節が効いていた.蕎麦は香りは少ないものの,美味かった.
もり一枚では足りなかろうと,大もりを頼んだが,結構な量が出てきた.東京では手打ちではぜったいにお目にかかれない多さ.

蛇足:鰻はむかしはこの辺では食さなかったとか.神の使いという立ち位置だったからなのだとうなぎのお宿に記してあった.

写真は源兵衛川の遊歩道にて.
by Neoribates | 2014-10-23 19:35 | Leica M9 | Trackback | Comments(10)

行秋日記(19)...




失敗作救出作戦その4.
濃くしてごまかすの巻き (´ヘ`;)とほほ・・


三島に来てま~す.
雨で~す.


f0071708_12215621.jpg
    Leica M9+Superwide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical II










伊豆高原に移動予定.
雨,辛し...

写真は伊豆じゃなくて,浅草.
by Neoribates | 2014-10-22 12:20 | Leica M9 | Trackback | Comments(10)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates