<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

生死を分かつもの...

先週の酷暑はどうやら峠を越えたようですが,まだまだ猛暑のまっただ中のようで,頭の中は朝からボワ~ンとしておりました.

そんなところに那覇空港での中華航空機事故がとびこんできて眼が覚めました.予定より早く那覇空港に着いたとのこと.もし,予定通りだったら空中での事故だったのかも... そう考えると,何が生死を分かつのかということの一つの事例でありました.何なんでしょうね,こういうのって.運命論を言う気にはなれませんが...

f0071708_2317774.jpg
5D+Vario-Sonnar 28-70mm F3.5
ザ・ウインザー・ホテル洞爺にて
by Neoribates | 2007-08-20 23:19 | R-D1 | Trackback | Comments(13)

暑" ~ い... (3) 

館林で40.2℃を記録した昨日,もうなん~もやる気しないのでクーラーをガンガンにかけてプラモを作っていました(o´_`)ノ マアマア  カタカタカタ... クーラー方向から妙な音が.... しばらくしてなんの音もしなくなってしまいました(゚△゚;)

クーラー故障だぁ... この仮住まいに入居したとき,ちょっとふるいんじゃないのこのクーラー...と思ってましたが,まさにピンポン! すぐさま不動産屋さんに連絡.ごちゃごちゃ言われるかと思ったら,凄く対応がよくて,すぐに電気屋さんに連絡してくれ修理にきました.結局,新品と交換.
ここに転居してきて新品に交換したのが,ガス給湯器,お風呂施設,洗濯機まわり,水道管交換...など,ついに不動産屋さんが言いました: 「もうないですか...(;´Д`)ハァハァ」

f0071708_1133346.jpg
EOS 5D+Ai Nokt-Nikkor 58mm F1.2

暑いせいでしょう,コンピュータのファンがもう五月蠅くウォンウォン唸っております.大丈夫かしら...
by Neoribates | 2007-08-16 11:37 | R-D1 | Trackback | Comments(25)
先週土曜日に,久しぶりのR-D1+M8板呑み会,って久しぶりでもないかぁ~ 7月にもやってるしなぁ... まあ,そんなことはどうでもいいのですが.今回のメインは第2回目の写真展のこと.なんだけど,結局,その話は数分で話がついて99%は呑み会.まあ,いつものことで(;´Д`)ハァハァ
今回の溜まり処は,銀座の「リトル沖縄」.そしてcattelmanさんがわざわざ露地物熟れ熟れのパイナップルを西表島より送ってくれましたので,デザートにて賞味いたしました.ごっちゃんでございました~

f0071708_18411831.jpg
R-D1+Russar MP-2 20mm F5.6 (Silver)

酔眼になる前に,和光のディスプレーを撮っておきました(o´_`)ノ マアマア

ちょっと続き..... More~
by Neoribates | 2007-08-13 19:03 | R-D1 | Trackback | Comments(14)

暑" ~ い... (2) 

あああああああ~暑゛~い!
東京36.7℃ありました(;´Д`)ハァハァ 暑いと言っても詮無いことですが,やはり暑い~
倅は今年大手ゼネコンに就職して現場に回され,現場監督の見習いをやっておりますが,このところ帰宅しての第一声が「暑゛~い!」です.今日は土工の職人さんが熱中症で倒れて介護でたいへんだったとのこと.幸い軽くて済んだようだが,この暑さではさもあらんと思う.管理側も一時間おきに休みをとらせたり水分補給をさせたりで,けっこう気を配らなくてはならないんだと言っていた.

たまたま梅を干しているところに今日出くわした.数年前に他界した母を思い出した.母が健在の時は毎年ひと甕作っていたので,この時期の我が家の風物詩だった.土用の三日干しをすることでより旨味が出てくる.この天候,仕事をする人にとっては過酷な環境だけれど,梅干しを作るのにはうってつけのようだ.

f0071708_23382121.jpg
R-D1+Russar MP-2 20mm F5/6 (Silver)

一枚だけ... More~
by Neoribates | 2007-08-10 23:48 | R-D1 | Trackback | Comments(10)

立秋です...

暦の上では立秋ですね.暑いけど,クーラーかけずに扇風機だけで夜も過ごせていることを考えると去年と違う感じです.

暑さでイライラしているのに朝青龍の報道を見ると,ついついまたイライラ... 
彼と親しい本田某という医師が彼を診断して,精神衰弱とか,鬱病まであと3日とか言っているようです.この先生,包茎手術の達人らしいですね.その診断,推して知るべし(その証拠に神経衰弱なんて言う病名はないんですってね(´∀`)).また仮病ですね.
彼は頼りにしている後援会幹部に,「なんでオレが悪いのか分からない.サッカーしたのは日本との国交35周年記念事業の一つでやったんだ」と言っているそうな.サッカーをしたのが悪いと叩かれていると思っているらしい ┐(´д`)┌ 数日前のモンゴル人の留学生にこの件について意見を聞く番組では,モンゴル人はみな同じような認識だった(;´Д`)ハァハァ.
モンゴルに帰りたがっているのもビジネスが待っているためらしい.夏巡業があるのに「場所が終わったらすぐに帰国する」って周囲に前々から言っていたとのこと.鼻から巡業なんて眼中になかったのだ.

f0071708_19423961.jpg
R-d1+Russar MP-2 20mm F5.6 (Silver)

ちょっと続きを..... More~
by Neoribates | 2007-08-08 19:48 | R-D1 | Trackback | Comments(16)

暑"~い...

暑いっすね~
夜中でもセミが五月蠅く鳴くようになってきました.でも朝晩はなんか秋口のような感じも少しするへんな夏だと思っているのは私くらいかと思っていたら,ご近所のおばあちゃんもおなじようなことを言ってました.
足の小指を柱の角にぶつけて思いっきり大股開きをさせてしまってからちょっと歩くと痛いので,ここ最近は出歩くの控えておりましたが,映画のタダ券をもらったので,「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を見てきました.シリーズ第5作.まあ,ラドクリフ君はじめ出演者がみんな歳くってしまっているので,なんかヘン... 噂ではジェームズ・ボンドの若い頃をこんどはやるとかやらないとか.ハリポタからイメチェンしたいのでしょうか...ほんとにやるのかなぁ.なんか,これもヘン... で,映画の方は持って回った脚本でだらだらと冗長な感じ.これもヘン...

帰りがけに持っていったW-Nikkor ・C 35mm F1.8で有楽町ガード下の店を撮ってみた.ズミクロンのような写りがするという人もいるようですが,このレンズ,どちらかというとやはりZeissですね.そう言えば,聖地にこのレンズがフード付きで130Kくらいで出てましたねぇ..そのフードが四角いやつなんですよ.たぶんそれがオリジナルなんでしょうね.その意味ではこの値段もそんなに高くはないのかなぁ... 

f0071708_1774483.jpg
R-D1+W-Nikkor・C 35mm F1.8

ちょっと続きを..... More~
by Neoribates | 2007-08-07 17:22 | R-D1 | Trackback | Comments(8)

朝青龍...

朝青龍は二場所出場停止という処分に今,ノイローゼ気味になっているという報道がされている.それを受けて,相撲協会が処分の内容を緩めるなんていう報道もチラホラ出てきている. ああ,また日本がバカにされるなぁ~と思ってしまった.昔,処分を下した経験のある側にいた一人として,いちど決定した内容を揺るがせることによるとんでもない結果をいくつか見てきた.その轍を踏むんだなぁ...

f0071708_23334677.jpg
R-D1+Tele-Elmarit 90mm F2.8 (2nd)

More
by Neoribates | 2007-08-03 23:43 | R-D1 | Trackback | Comments(10)
運良くこのレンズが手に入りました.昨日,roxanneさんから「そんな珍品どこから手に入れたの?」とのコメントいただきましたが,以前より一度使ってみたかったレンズなんです.なかなか出てこないし,でてきてもけっこうな値段がする.しかし,エポック・メイキングだと言われたこのレンズ,いつかは... と思ってました.さらに,写真家の鈴木恒夫さんの写真と解説を見たときに益々その思いが募ってしまいました.

このレンズについては,Nikonレンズの歴史を著した佐藤治夫氏の「Nikkor千夜一夜物語」(1999年)に詳しいので,その一部を抜粋してみましょう:

このレンズは昭和31(1956)年9月に発売された,世界でもっとも明るい広角レンズでした.時代的にリンクするカメラボディは「Nikon S2」です.しかし,翌32年に「SP」,翌々年に「S3」が発売されているので,「SP」および「S3」の仕様・コンセプトにリンクして開発されたものだということです.

光学設計は当時設計部の副長技師,東 秀夫(あづま ひでお)氏によるものです.最終設計完了は昭和30(1955)年の冬でした.氏は数々の S・L(M39)マウント用レンズの設計者でもあります.東 氏の業績は大きく,"ニッコールレンズの収差バランスの礎を築いた" と言っても過言ではないと思います.

東氏はこの大口径広角レンズの発明を昭和31(1956)年に特許出願し,1959年に米国特許(U.S.PAT.)を取得しています.この大口径広角レンズが,新しいレンズタイプの発明として認められたのです.現にこの時代の 3.5cm レンズはF3.5~F2.5 が主流で,F2 より明るいレンズは世界初でした,ライツをはじめ,他メーカーの相当製品の発売までには更に 1 年から 5 年の開発期間を要する事になるのです.

f0071708_2019328.jpg
R-D1+Elmmar-M 50mm F2.8 + Auto-Up

続きを.....
by Neoribates | 2007-08-01 16:05 | Trackback | Comments(14)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates