<   2007年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Ueno...

どこかに故郷の 香りをのせて
  入る列車の なつかしさ
 上野は俺らの 心の駅だ
  くじけちゃならい人生が
 あの日ここから 始まった.....

f0071708_1201242.jpg
R-D1+Russar MP-2 20mm F5.6 (Silver)

少し続きを..... More~
by Neoribates | 2007-06-30 10:48 | R-D1 | Trackback | Comments(19)

学生はいい...

今日も朝から日差しが強い~
室内にいる分にはまだ湿気も気にならないのでさして苦にならないが,窓外を見ると,ジリジリと照りつける光線の下で土台のコンクリート型枠を外した敷地に配管の作業をする職人さんが2人ほど入って仕事をしている.いや~たいへんだろうなぁと思う.暑い中ご苦労さんです.

娘はもう夏休みに入っているので,今夕,中学-高校-大学と10年近くも一緒の友人と共にそのお父さんが駐在してる上海に出かけるとかでルンルンしている.こちとらぁ鎌倉紫陽花散歩をしようと思っていたけど,結局,家がらみの打ち合わせやなんだで今日も行けそうにないのに... ううぅぅ... 行きたい...

f0071708_10554431.jpg
R-D1+Russar MP-2 20mm F5.6 (Silver)
三溪園にて.
by Neoribates | 2007-06-28 11:03 | R-D1 | Trackback | Comments(18)
私が"Jupiter-3が使いたい~"との希望をそれとな~くR-D1板に書き込んだら,先日の撮影会の折りに,なんとりーまんさんが我が意を解していただき,件のレンズを持ってきてくれたではないですか!感謝,感謝であります.

ツァイスの歴史を見ると,第二次世界大戦終了直後に旧東ドイツのCarl Zeiss Jenaは技術者を含む生産ラインごとすべてを旧ソ連に持っていかれてしまい,コンタックスはキエフ銘,ゾナーはジュピター銘となって旧ソ連で生産されていったという経緯があります.
このロシアン・レンズ,Jupiter-3はCarl Zeiss Jenaのゾナーを忠実にコピーしたレンズで,小型,軽量(アルミ鏡胴).そして安価.そのゾナーの描写が安価で体験できるのですからこれは放ってはおけません.ただ,安いからと言って写りが悪いんでは「安かろう悪かろう」ということですが,このレンズは期待以上の結果を残してくれました.発色が濃いめでコントラストも高く,わりとハッキリした色が出ますが,硬くはありません.開放付近でもけっこうきちんと出てくれるし,ボケもたいへんに素直です.

このレンズを捜してはいるのですが,最近はなかなか出物がないんですよね.e-bayあたりにロシアの人間が出品しているのは日本円で35Kもつけているので,コノヤロー!なんです...最短距離が1mというのが惜しい,何とも惜しい.もうちょっと近づけると,ボケを生かした表現が多用できるんですがねぇ...

とりあえず身近なところで試写しましたので,画としてはつまらないものばかりですがご容赦のほど... すべて開放あるいはほぼ開放で撮ってます.

f0071708_1042433.jpg
R-D1+Jupiter-3 50mm F1.5

ご近所の猫.いつもこ奴には威嚇されてしまう.何が気に入らないのか... よっぽど警戒されているんですねぇ...

続きはこちら..... More~
by Neoribates | 2007-06-27 10:58 | R-D1 | Trackback | Comments(17)

三溪園点描...

以前にも三溪園の由来は紹介しましたが,本園は,生糸貿易により財を成した実業家 原 富太郎(号を三溪と称す)によって,1902年(明治35)から造成が始められ,1908年(明治41)に外苑,1923年(大正12)に内苑が完成したものです.こんかいのオフ会は南門から入って,正門に出るという逆コースで行きました.南門には上海横浜友好園が隣接してあり,中国庭園があります.

いつも思いますが,お金の力は凄い.この園内にいくつもの重要文化財が点在しているわけです.それらは日本各地から移築されてきたもので,原三溪の財力のなせる技なわけです.おそらく元の地では朽ち果ててしまっただろう建築物がここに移ってきたお陰で,こうして見ることが出来るのでしょう.

f0071708_062433.jpg
R-D1+Russar MP-2 20mm F5.6 (Silver)
飛騨から移築してきた合掌造りの家.そこの囲炉裏に埋め火がちろちろと燃えている...

明日は,鎌倉に出かけて紫陽花でも見てこようと思っております.もしかすると,終盤に入ってきているかなぁ...

少し続きを..... More~
by Neoribates | 2007-06-25 23:50 | R-D1 | Trackback | Comments(14)

旧根岸競馬場跡...

17日のオフ会で,根岸競馬場跡にも立ち寄った.
幕末の1866年,横浜の外人居留地向けの娯楽施設のひとつとして,日本初の競馬場ができた.これが根岸競馬場(=横濱競馬場)のはじまりで,1943年に馬場が閉鎖されて旧日本海軍に徴用された.1945年の敗戦によって,アメリカ軍に接収されて住宅,駐車場,ゴルフ場となり,その後多くは返還され,広大な根岸森林公園,根岸競馬記念公苑となって現在に至っている.
シンボル的に残った"廃墟"は,一等馬見所(=観覧席)である.

f0071708_022338.jpg
R-D1+Russar MP-2 20mm F5.6 (Silver)

公園はちょうど馬場のところが芝生の広場となっていて,休日になると家族連れやカップルがのんびりしている.

少し続きを..... More~
by Neoribates | 2007-06-24 01:08 | R-D1 | Trackback | Comments(16)

De qui s'agit-il ?...

6月19日から東京国立近代美術館で開催された「アンリ・カルティエ=ブレッソン:知られざる全貌写真展 "De qui s'agit-il ? (一体,何がいいたいの?)"」に出かけてみました.2003年4月にパリのフランス国立図書館を皮切りにヨーロッパ各地を巡回してきた本展はようやく東京に到着.彼の最晩年にその構成にかかわった最後の写真展です.
「サン=ラザール駅裏」始め,さまざまな彼の作品をヴィンテージ写真も含めて展覧している.それに幼少期からのファミリー写真や引退後,熱心に作製に励んでいた絵画なども見られる(もともと絵画の道に進みたかったそうだが,そのしっかりしたデッサン.これを見れば,写真における構図のすばらしさの所以が一目瞭然).スナップの達人と称され,即興的に被写体を捉えているように思われがちだが,そんなことはない.用意周到,緻密な計算の下にシャッターが切られていることがこれらの実物をみるとよく分かる.単なる遭遇で撮られたものではない.彼の未亡人がインタビューに答えて,「彼の目は正確な測量器械のように常にその構図を計算していた」と言っている.8月12日まで開催.
因みに,De qui s'agit-il ? は,H.C.-Bの口癖とか.

東京国立近代美術館に行く前に,足立区主催の区展が先週からミルディスF11で行われているので寄ってみた.足立区写真連盟員による作品の数々... 写真連盟賞,区長賞... シロウトの小生がそんなことを言うのはおこがましいことは重々承知で言わせてもらうならただ一言,"萎えました..." 今から80年ほど前のH.C.-Bの時代からカメラの進歩は激しいものがあったわけですが,やはり道具じゃないのねぇ~,と改めて臥薪嘗胆させられたのでありました...

f0071708_074149.jpg
R-D1+Russar MP-2 20mm F5.6 (Silver)

写真展の帰り道,皇居の周りを歩いてみた.ジョギングをするランナーが相変わらず多い.歩いていると,少し怖い.
散歩に疲れたのだろう,老夫婦が休息をとっていた...

少し続きを..... More~
by Neoribates | 2007-06-22 00:32 | R-D1 | Trackback | Comments(22)

大桟橋をもう少し...

日曜日の横浜大桟橋は,なぜか犬を連れた女性が多かったような気がする.まあ,小型犬を連れて山下公園やこのあたりを散歩するのがおしゃれなのか...
この日,大桟橋にはロイアル・シンフォニー号が停泊していて,甲板では結婚式が行われていた.人前結婚というやつだ.桟橋には大桟橋を見に来たお客さんが手すりに鈴なりになって,その船で行われる結婚式を見ていた.まさに人前結婚式にちがいない.結婚式場の甲板では,これからこれからマグロの解体ショーをやります~とのMCからのアナウンスがあった.えっ,解体ショー? これから一つになるのに,解体はまずいんでないの???

f0071708_0235849.jpg
R-D1+Russar MP-2 20mm F5.6 (Silver)

少し続きを..... More~
by Neoribates | 2007-06-21 00:44 | R-D1 | Trackback | Comments(12)

横浜オヤジ散歩...

17日(日)は天候に恵まれて,R-D1&M8板のオヤジ連で三溪園,根岸競馬場跡,大桟橋等を巡ってきました.全部で7名のパーティーですが,カメラをぶら下げた奇妙な集団にチラッと横目で通りすがりに見られることもありましたよ~ りーまんさんは奥様とお出かけで,奥様もデジ一眼を持参.ブログもやっているとのこと.
根岸に集合して,タクシーで三溪園南門に到着.三溪園はこれまで数回来たけれど,南門側から入るのは初めてでした...

f0071708_0563734.jpg
R-D1+Russar MP-2 20mm F5.6 (Silver)
横浜港大桟橋にて.休日で,家族連れ,カップルなどお客さんがいっぱいでした...

少し続きを..... More~
by Neoribates | 2007-06-19 01:40 | R-D1 | Trackback | Comments(20)

excite.ブログ...

こうして使ってますが,このところずーーっと重い,重い~と感じていました.2日前に夜中の時間帯にサービスを中断してのメンテナンスで,ある程度改善されたかと思いきや,翌日も画像を表示するのに前ほどではないが,やや時間がかかりました.そんなこともあって昨日はいじくるのをやめておりました.本日もお知らせを見ると,"トラバックの受付を中止しております"とのこと.メンテをしているようです.うぅ.....どうなるのでしょうか... サクサクさせて下さいエキサイト様~
因みに,私は有料ユーザーです.って,¥250ですが...

明日,横浜でR-D1,M8関係のオヤジの彷徨きを行います.暑くても,本日のように湿度が低いといいですね~ 夜になると気温が下がって,まるで高原にいるようです.私のようなデブは暑さに弱い(;´Д`)ハァハァ で,必然的に海人間ではなく,山人間となります.まあ,デブになる前から山登りは好きで学生の時からやっていましたが.今年の夏は高原に行きたいなぁ~

f0071708_1524349.jpg
R-D1+Summilux 35mm F1.4 (the 1st, later)
by Neoribates | 2007-06-16 15:28 | R-D1 | Trackback | Comments(16)

都会の高原で...

日比谷公園の松本楼で遅い昼食をとった.日比谷公園にはメーデーはじめ,何度となく来ていますが,ここでの食事は初めて.
このレストランは毎年,10円カレーを催すことでもニュースに出ますね.明治36年創業.創業者,小坂梅吉は孫文に30年にわたって財政的支援をしていたことでも知られています.そうそう,日比谷公園はもともと練兵場だったそうですね.

一階のガーデンテラスで,オムレツライス(ハヤシソース)(オムライスのことをここではそう言います),3種のカレープレート,カニクリームコロッケをとりました.うーん... ハヤシソースが粉っぽい~ それにケチャップライスが作り置きしてあったやつだ~  _| ̄|O ナエ~
テラス席は日比谷公園の木々の中にあり,昨日は空気が乾燥していて,気温は上がったのですが木陰にはいるといい風が吹いて,まるで高原のような雰囲気で気持ちが良かったから,まぁ,ショバダイと考えるか...

f0071708_14475088.jpg
R-D1+Russar MP-2 20mm F5.6 (Silver)

続きはこちら..... More~
by Neoribates | 2007-06-14 16:44 | R-D1 | Trackback | Comments(17)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates