<   2006年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

久しぶりに昼飯を外で食べました.我が家の回りにはあまり美味いものを食わせるところがないと思っていました.つい数年前々ではイタリアン,洋菓子,懐石,など数件はあったのですが,今は鰻,寿司,タイ料理,ほかいくつか程度しかないと諦めていましたが,あるビルの中にお手頃ねだんで食べられるイタリアンがあることを最近発見したので訪れました.

f0071708_225911100.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2

イベリコ豚を使ったショートパスタも美味かったし,野菜たっぷりの前菜などこの手のあまり高くない店にしてはあらかじめ盛りつけてなく,瑞々しくシャッキとしていて好感が持てた.
f0071708_235829.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2

1階のファストフードが集まったフロアーでは子どもが右往左往... _| ̄|O
f0071708_237394.jpg
R-D1+Planar 80mm F2.8 HFT

Noktonほぼ開放で撮っているので滲みま~す.
f0071708_2384639.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2

下校途中の女子高生もギャアギャア言いながらアイスなどパクついていました.
f0071708_2311822.jpg
R-D1+Planar 80mm F2.8 HFT
by Neoribates | 2006-05-30 23:18 | R-D1 | Trackback | Comments(10)

薔薇,薔薇,薔薇...

昨日の日曜日は午後にかかるまで雨が降っていた.都電で王子まで行き,SlackWorksさんのウクレレ作品を見ようと思ってたが,来客はあるは電話待ちをしなければならないはで結局,外出はできなかった.
雨が上がってからご近所さんから,お土産と庭に咲いたバラをいただいた.ことしはやはり開花がおくれていたし,あまり成長がよくないとのこと.春先の低温が効いたそうだ.
で,いただいた薔薇を撮ってみた.

f0071708_1243858.jpg
5D+Macro-Elmarit-R 60mm F2.8

Kodak Ektar 47mmと撮ってみました.Ektarは濃ゆい画を作ってくれまする.
f0071708_125519.jpg
5D+Macro-Elmarit-R 60mm F2.8

f0071708_133555.jpg
5D+Macro-Elmarit-R 60mm F2.8

今日の一枚は女性ヴォーカルで.カリフォルニア生まれのJaqui Naylor / Live at the Plush room (Ruby Records, RR-02).少ーしハスキーがかった鼻声系の声質を持つ.歌唱力はある方だ.音程もしっかりしている.うーむ,もう少し余裕をもって歌ってもよいように思うなぁ.ちょっと必死に歌っているように感じる.この人ジャズ専ではないようで,そのせいもあるのかジャズ!という感じが多少薄い.ジャズ・ヴォーカルではしばしば音程のはずれる歌手がけっこういるので,買うときには大体が博打である.有名系を聴く気にはならないので,マイナーな人ばかりを対象としているとしかたない.
f0071708_1371167.jpg
5D+Summicron-R 35mm F2

ワイフの口紅と組み合わせてみました.
f0071708_10393198.jpg
5D+Macro- Elmarit-R 60mm F2.8

ちょっと水かけすぎたかなぁ(´∀`)
f0071708_11307.jpg
5D+Macro-Elmarit-R 60mm F2.8
by Neoribates | 2006-05-29 01:53 | 5D | Trackback | Comments(32)
鬼子母神の境内の大銀杏,秋にはさぞかしみごとな黄葉で迎えてくれることでしょう.また11月ころに来てみたくなりました.
ネコvsハト.ネコが近づいてもなかなか逃げようとしない鷹揚なハトでした.周辺落ちで,ハトわかるかな?
f0071708_22363799.jpg
R-D1+Richo GR Lens 21mm F3.5

f0071708_22461615.jpg
R-D1+Richo GR Lens 21mm F3.5

お稲荷さんの回りに立てられた幟の赤で地面も少し赤っぽくなってます.
f0071708_22391642.jpg
R-D1+Richo GR Lens 21mm F3.5

光と影がなんとなく面白かったので,一枚.
f0071708_22423477.jpg
R-D1+Richo GR Lens 21mm F3.5

唐十郎一座に境内を貸しているようです.
f0071708_2240556.jpg
R-D1+Richo GR Lens 21mm F3.5

舞台づくりで,若手が忙しくテントを立ててました.
f0071708_22435077.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2

鬼子母神がテレビや雑誌に取り上げられると,しばしば出てくる境内にある駄菓子屋さん.キシボジンと読まずに,お寺によるとキシモジンと読むらしいですよ
f0071708_22491026.jpg
R-D1+Richo GR Lens 21mm F3.5

帰りは早稲田まで出ていこうか.
f0071708_22503923.jpg
R-D1+Richo GR Lens 21mm F3.5

都電はお年寄りの利用がかなり多い.便利な足には違いないが...
f0071708_22522251.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2
by Neoribates | 2006-05-28 10:30 | R-D1 | Trackback | Comments(12)
都電に乗ったのは何十年ぶりだろうか.
都内唯一となった荒川線.この線には初めて乗った.小さい頃はお手伝いさんに連れられて水天宮までしばしば遊びに行った.あの線はなんと言ったか忘れたけれど,人形焼きとオムライスを食べたことだけは良く覚えている.
f0071708_9465764.jpg
R-D1+GR Lens 21mm F3.5 7500形・7505

小さい頃は車内を行ったり来たりしていて,けっこう広いなぁと感じていたんだろう.とにかく運転手さんの後ろに立って運転している気分になるのが一番だった.
f0071708_1118248.jpg
R-D1+GR Lens 21mm F3.5 

都電車内のあの油を引いた床と,外装のペンキの厚塗りの臭いも忘れられない.現在の運賃は¥160.
f0071708_1115319.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2

荒川線は三ノ輪橋と早稲田間を繋いでいる.早稲田の近くの鬼子母神前で降りる.
立派な欅並木の参道に,クラッシクな昭和初期風の洋風家屋があった.
f0071708_11595636.jpg
R-D1+GR Lens 21mm F3.5

雑司ヶ谷の鬼子母神堂.参拝客は絶えない.Noktonやはり難しい...
f0071708_11231360.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2

鬼子母神境内に入ると,すぐ左に武芳稲荷社がある.鬼子母神堂が建つよりも前からある古社である.因みに,正式には「鬼」の頭の ’ はないそうだ.
f0071708_11275221.jpg
R-D1+GR Lens 21mm F3.5

樹齢600年はあるという大銀杏がご神木.
f0071708_113061.jpg
R-D1+GR Lens 21mm F3.5

Nokton難し~い! どうーなのョ!
f0071708_12142732.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2

to be continued...
by Neoribates | 2006-05-26 12:19 | R-D1 | Trackback | Comments(18)

聴き始めるとどうも...

昨日から少し部屋の片付けをしている.なんとも自分の書斎(と呼べるほどではないが)にはCDがごまんと溢れている.五万はないが,多分トータルすると3500枚以上はあるだろう.もうワイフからは処分しろと常日頃言われ続けている(T_T).

で,ボチボチ始めたのだが,積み重ねたものを見ていくうちに,ああ,こんなところに隠れていたのか!というのが出てくると,ついついプレーヤーにかけて聞き入ってしまう.雨がものすごい勢いで降り始めた.ついついJeff Rowland Mod.10の音量を上げて聞いていると,片付けはどうなってるの?ときたもんだ...

硝子窓越しの街灯.嵐のように激しくなってきた.
f0071708_0225538.jpg
R-D1+Travegon 35mm F3.5

聴いているのはアメリカのジャズ・ピアニストDave Peckのトリオもの.彼のこと知っている人は少ないだろうな...
もともとトランペットを吹いていたようだが,その後Marian McPartlandの影響を受けてピアノに転向した.チェット・ベーカー,リー・コニッツなどの伴奏などをしていたが,1998年に自己のトリオによる「Trio」(LPL 9801)を奥さんと一緒に設立した自己レーベル'Lett's Play Stella Records'からリリースしてCDデビューした.自己トリオのCDは,これまでに全部で5タイトルのアルバムしか出していない.
f0071708_047620.jpg
5D+Macro-Ermarit-R 60mm F2

彼のスタイルは,明らかにエバンス~キースの流れにウィントン・ケリーの影響がある.彼の編曲のセンスのよさ,インプロヴィゼーションの巧みさそしてそのバリエーションの多彩さなどいいなぁ~と思う.内省的でしかも上品な雰囲気がチラチラと見え隠れする演奏はたまらない.そのスタイルがもっとも分かりやすく聴けるのはソロ・アルバム「Solo」(LPS 9901)だろう.2002年の「Out of Seattle」(LPL 2002-1)に納められたマイルス・デイビスのSolarやガーシュインのI love you Porgyなど聴くともう泣けてくる~
彼は現在,Cornish College of the Artsの教授でもある.

なんて,2回も聴いていたら結局,片付けは止めてしまった.また,怒られるぞ~(o´_`)ノ マアマア さて,さて完全なる片付けはいつになるやら...

f0071708_1205275.jpg
5D+Vario- Sonar 28-70mm F3.5 T*
by Neoribates | 2006-05-24 23:10 | R-D1+5D | Trackback | Comments(10)
本郷給水場公苑を後にして,御茶ノ水までブラブラと歩いて行く途中,順天堂病院の裏を通ります.マスクに白衣をつけたままのドクターが建物からいきなり目の前に次々と出てきたのにはビックリ.日曜でも私のようにカメラぶら下げて呑気に遊んでられないんですよね.スロープに傾きかけた陽が差し,石畳が印象的だった.
f0071708_1922057.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2 NDフィルター

御茶ノ水橋を渡って,オーディオ・ユニオンに顔を出し,そのままジャズCDの館に突入.1時間ほど物色.いつものようにジャケ買い.3枚購入.内,2枚はスカ.やはりDave Peckの演奏は間違いない.いいなぁ~,今も音を出しているけど内省的で編曲がうまいなぁ~
f0071708_1981391.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2 NDフィルター

CDを大事に抱えて,しばらく行ってなかったニコライ堂に歩みを向ける.正式名は東京復活大聖堂.日本ハリスト正教会を創立したニコライ大主教に因んで,ニコライ堂と呼ばれるようになった.ちょうど夕べのミサをやっていた.
f0071708_1915246.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2

f0071708_19162163.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2 

もうすっかり夕陽も沈もうとしている.久しぶりの綺麗な日没だ.汚い神田川もこうして夕陽に照らされるといい景色.
f0071708_1919229.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2 NDフィルター

駅前の商店街も夕陽に照らされていた.
f0071708_1921339.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2 NDフィルター

帰宅したら,お酒が届いていた.きょうの一本は,浜地酒蔵(福岡市)の純米大吟醸「手づくり」.
呑み始めてから撮るのを思いだしたので,少し減ってます(´∀`).

九州大学が移転することで,移転先の森を切り開いて建設する.これによって自然環境を壊すことになる.そこで,植栽をすることで移転先の自然をできるだけ回復させようと,九大生を中心とするNPO法人と地元企業,杉能舎が地酒をつくり,この収益を自然回復にまわすという運動が行われている.その一環からこの酒は生まれた.実際の酒造りには九大生も職人とともに携わっている.
f0071708_19385498.jpg
5D+Contax Planar 50mm F1.4 T*

適度な甘みであり,大変に飲み口爽やかで呑みやすい.いかにも大吟醸だ!という大仰さはなく,フルーティーというよりラムネ香に近い香りが印象的.日本酒度2.
ばら売りもするが,「手づくり」と「しずく搾り」の2本セット(各500ml),¥3,200を取り寄せた.「しずく搾り」のほうは,酒槽に圧力をかけずに重力により自然に搾ったもの.


◆グループ展の作品が見られます
5月10日~15日まで催されたR-D1ユーザーによるグループ展「リボ払い」に出展された全作品をサイト,「R-D1で死ぬほど遊びましょう」にてご覧頂けます.また,作者のユニークな紹介も同時に見られます:
 http://shingai.com/r-d1/ex/index.html
Shingai氏の作者紹介はおもろいでっせ~(Member's Profileのところをクリックすると,作者の紹介が見られます).
by Neoribates | 2006-05-23 22:19 | R-D1 | Trackback | Comments(15)
昨日は10時くらいまで寝坊して起きてみると,ほんとうに爽やかな陽気で,朝から気持ちが晴れやかになりました.本日は風邪気味のワイフを残して,一人でこの爽やかな空気に釣られて出かけてみました.
水道橋から歩いて数分のところにある本郷給水所公苑です.都の水道局管轄の施設で, ここは地下に水をいったん貯めておく配水池があり,朝霞浄水場,金町浄水場,東村山浄水場から流れて来た水を文京区を始め,東西南北4つの方向に分けて,水の多いところから少ない所に送るという水道の交差点の役割をする施設です.この地下配水池を被うようにして作られた公苑です.薔薇がこの季節,綺麗に咲いているというので行ってみましたが,ちと遅かったようです.水を中心に撮ってきました.

NDフィルターを使用しましたが,開放近くで撮ったので滲んでいます(大きくしてみてね~).
f0071708_0533393.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2

ベンチには近所の方が出てきて思い思いに本など読んでいます.こいつも滲んでま~す.
f0071708_0573830.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2 NDフィルター

鳩が馴れ馴れしく寄ってきて,追い払ってもすぐ戻ってきます.餌をやる無責任な人がどうもいるようです.
f0071708_101183.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2 NDフィルター

ここには小さな池があり,ザリガニがいます.こどもたちのいい遊び場になっています.スルメを餌に,ザリガニ釣りをやってます.こんな都会の真ん中で出くわしたので,驚きました.
f0071708_154037.jpg
5D+Schacht Travegon 35mm F3.5

このTravegonは,けっこう濃ゆ~い写りするんで好きなんですよね~.私の使っているものはMマウント部が少々ガタついていたので,瞬着でくっつけちゃいました.

f0071708_112196.jpg
5D+Schacht Travegon 35mm F3.5

兄弟でザリガニ釣りをしてたようです.
f0071708_1153729.jpg
5D+Schacht Travegon 35mm F3.5

ちょうど花菖蒲が咲き競ってました.
f0071708_120408.jpg
5D+Schacht Travegon 35mm F3.5

紅葉の新緑も綺麗です.
f0071708_122508.jpg
5D+Schacht Travegon 35mm F3.5

帰りがけに何やら携帯で盛んに池の中を撮っている子を見かけました.訊いてみると,カエルの子どもを撮っているとのこと.これは絞り込んで,NDフィルターをかけました.アメンボウが写っているの分かります? 子どもがけっこう立体的に映し出されてますね.こんな感じで出てくれるといいんですが...
f0071708_1254892.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2

こうして水があると,やはり子どもってなんかしら考えて遊びをやるんですよ.こういう環境を作ることが必要だと思いますね.

◆グループ展の作品が見られます
5月10日~15日まで催されたR-D1ユーザーによるグループ展「リボ払い」に出展された全作品をサイト,「R-D1で死ぬほど遊びましょう」にてご覧頂けます.また,作者のユニークな紹介も同時に見られます:
 http://shingai.com/r-d1/ex/index.html
Shingai氏の作者紹介はおもろいでっせ~(Member's Profileのところをクリックすると,作者の紹介が見られます).
by Neoribates | 2006-05-22 01:30 | R-D1 | Trackback | Comments(25)
午後4時前から急に激しい風雨で,それまでの真夏日のような天候が一変した.まあ,だいたいこんな急に28℃もあるような天気になると,そのあとは雨が降るんですね.暑くて外に出る気になれなかったのがよかった.出ていたら濡れていた.うって変わって明日は地中海のような気候になるとか.明日はどっかに行こう.

そんなわけで,今日の写真はまず先日行った,日比谷公園の花菖蒲.このキャノンの100mmは手放せないですね.軽いし,キャノンっぽい柔らかい写りではあるけど条件では金属的な色を出してくれるんですよね.いい保存のものが少ないのが残念です.
f0071708_1849483.jpg
R-D1+Canon 100mm F3.5 Type II  (クリックすると大きい画になります)

チョイ悪オヤジ? いやいや,グループ展の愉快な出展者たち.ギャラリー前での一コマ.
f0071708_2363755.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2

出展者の一人,noyanさん.たいへん珍しいElmarit-C 40mm F2.8の所有者.1973年にCL用に開発されたが,正式な商品としては発売されてなく,500本のみ社内販売されたというもの.R-D1に装着しているのがそれ.形式はテッサータイプ.
f0071708_23184226.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2

そのElmarit-C 40mm F2.8で撮った案内板.なんか,人生を表しているようでファインダーを覗きながら複雑な心境.
f0071708_23275974.jpg
R-D1+Elmarit-C 40mm F2.8

で,ついつい夜になるとこっちに行ってしまう.
f0071708_2324361.jpg
R-D1+Elmarit-C 40mm F2.8

写り込みと異国という語の組み合わせが面白かった.異国にでもしばらく行っていたい...
f0071708_019534.jpg
R-D1+Elmarit-C 40mm F2.8


◆グループ展の作品が見られます
5月10日~15日まで催されたR-D1ユーザーによるグループ展「リボ払い」に出展された全作品をサイト,「R-D1で死ぬほど遊びましょう」にてご覧頂けます.また,作者のユニークな紹介も同時に見られます:
 http://shingai.com/r-d1/ex/index.html
Shingai氏の作者紹介はおもろいでっせ~(Member's Profileのところをクリックすると,作者の紹介が見られます).
by Neoribates | 2006-05-20 23:36 | R-D1 | Trackback | Comments(10)

Noktonで遊んでみた...

きのうは,ずーっとシトシトと雨,雨,雨...
ほんとうにもうこのまま梅雨になるんじゃないかと思うほどですよね.フォクトレンダーのNokton 35mm F1.2 Aspherical を使わせて貰っているので,もうすこし使ってみましょう.また,同社のNokton 50mm F1.5 Aspherricalの絞りの違いでの比較画像も撮ってみました.

f0071708_23493264.jpg
5D+Macro-Elmarit-R 60mm F2.8 [手前がNokton 35mm,奥が50mm.アベイラブルの光なので,あんまり光が回ってませんです...]

まずはNokton 50mm F1.5 Asphericalで絞り開放.雨の合間に撮ったので,だいぶ曇っていた.
f0071708_23592778.jpg
R-D1+Nokton 50mm F1.5 Aspherical

絞り2.8.
f0071708_012335.jpg
R-D1+Nokton 50mm F1.5 Aspherical

私の好みではやはり2段くらい絞った方がいいなぁ~.それじゃあF1.2の意味がないじゃないかと言う声がありそうだが,そいつは違うよね~.

35mm F1.2で,わずか数輪残った狂い咲き桜花を撮る.
f0071708_0182337.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2 Aspherical

子供達が僅かな晴れ間に遊んでいた.
f0071708_0435055.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2 Aspherical

◆アンリ・カルティエ=ブレッソンの映画
そういえばアンリ・カルティエ=ブレッソンが晩年,写真美学を語ったドキュメンタリー映画「アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶」が20日から公開される.彼は,構図上の形式や幾何学性を特に重視していると言われている.だから,絵画を鑑賞するときにもいつも黄金分割を念頭に置いて観ていたという.見に行こうーっと.

◆グループ展の作品が見られます
5月10日~15日まで催されたR-D1ユーザーによるグループ展「リボ払い」に出展された全作品をサイト,「R-D1で死ぬほど遊びましょう」にてご覧頂けます.また,作者のユニークな紹介も同時に見られます:
 http://shingai.com/r-d1/ex/index.html
Shingai氏の作者紹介はおもろいでっせ~(Member's Profileのところをクリックすると,作者紹介が見られます).
by Neoribates | 2006-05-19 00:47 | R-D1+5D | Trackback | Comments(16)

捜しものは何ですか...

グループ展も終わり,一段落というところです.
グループ展のときには,関わりのある大方の人はR-D1をぶら下げて来場します.どんなレンズを付けてくるのかなぁ~という楽しみもあるんですよね.で,そんな中,Nokton 35mm F1.2を持ってこられたpooyanさんからしばらくお試しさせていただけることになりました.以前からこれをさがしていたのですが,なかなか出物がなかったのでラッキーでした.

ギャラリー近くの公園にて,開放近くで撮ってみたものです.明るいレンズだけに,ピンが合わせずらい!
f0071708_0244747.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2

洋館の眼科医院.古くなったので建て替えましたが,きちんと以前の古さをうまく再現したそうです.そうとうの費用がかかったとか.で,画の方も古色をつけてみました.
f0071708_0315369.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2

水場の蛇口も緑青を出させてあります.これも合わせずらかった.ボケがすぐくる.
f0071708_0344548.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2

蔦など這わせて古色を出してます.
f0071708_036521.jpg
R-D1+Nokton 35mm F1.2

きょうの一本.
千代寿とらや酒造(山形県寒河江市)の「純米吟醸 杜氏の蔵隠し」.酒度3,酸度1.3.720ml,¥1.470.杜氏の技術保存のために作られている酒だとか.辛口の部類に入るが,それほどでもない.透明感のある味わいで,上質な旨みと程よく口中に広がる吟醸香は大仰ではなく,互いにバランスがよい。麹の香りにクセはない.飲む人を選ばないお酒であるという評価がされているようだ.ある鑑評会では,専門家が中位以下の評価を付けたが,一般人はそれより上の評価を下している.地元飲食店の評判ではかなり上位らしい.
f0071708_0444072.jpg
5D+Elmarit-R 35mm F2

Noktonどうしようかなぁ~...ホスィ~


◇グループ展の作品が見られます
5月10日~15日まで催されたR-D1ユーザーによるグループ展「リボ払い」に出展された全作品をサイト,「R-D1で死ぬほど遊びましょう」にてご覧頂けます.また,作者のユニークな紹介も同時に見られます:
http://shingai.com/r-d1/ex/index.html
Shingai氏の作者紹介はおもろいでっせ~
by Neoribates | 2006-05-18 00:17 | R-D1 | Trackback | Comments(13)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates