カテゴリ:Leica M9( 845 )

極月日記(13)...











京都を紹介するサイト, BEACON KYOTO という一般社団法人 公共事業研究開発が運営するWEBマガジンで,今号は京都の年越しを紹介しています.その特集のTravel IdeaとTravel Spotに以前,京都で正月を過ごしたときの既にブログには当時掲載した,長楽寺での鐘撞きの写真が使われました.

因みに,アキバを紹介する東京版の BEACON AKIBA も配信してます.




f0071708_1272265.jpg

   Leica M+Nokton 50mm F1.5 Aspherical








今年最後の京都紅葉写真.上からの逆光が丁度良い感じでコントラストをつけてくれました.
今年は結局,新たに購入したカメラ関係は FujifilmX70 だけ.今年の新製品なのに一年も経たずに X70 はディスコン
(´ヘ`;)とほほ・・
センサーがSONYから供給されないためとか.良いカメラなのに...


by Neoribates | 2016-12-28 12:35 | Leica M9 | Trackback | Comments(8)

神帰月日記(2)...











本日より第9回Japan Leica Club写真展が開催されます.
皆様のお出でをお待ち申し上げております.

なお,小生の在廊予定は...
 11月 7日... 12時前後より  
 11月 8日... 15時前後より
 11月12日... 12時前後より
 11月13日... 12時前後より
となっております.




f0071708_019631.jpg

    Leica M+Nokton 50mm F1.1








第9回 Japan Leica Club 写真展 「影・蔭・翳」

1. 日時 
2016年11月7日(月)~ 13日(日) 10:00-18:00 (土・日は17:00まで)
12日(土)は15:00よりパーティー.飲み物,食べ物持参でおいでください

2.会場
ギャラリーNP原宿  渋谷区神宮前6-13-11 NPビル3F Tel.03-3486-6984   ←例年と会場が変わっております

3.アクセス
JR原宿駅より徒歩5分.東京メトロ明治神宮前駅4番出口より3分.表参道駅A-1出口より5分.
大福の「瑞穂」のちょい先です.
詳しくは,↑の会場の青色で示したリンクよりご覧ください.
また,JLCについての紹介もここから入れます.






by Neoribates | 2016-11-07 00:23 | Leica M9 | Trackback | Comments(6)

詠月日記 (11)...











ここ数回,

Re:写真ありがとうございます 
shurou@yahoo.co.jp

なるメールが入ってきている.もちろん心当たりのない怪しいメールなので即削除だが,こちらが写真をやっていることを知っているのが気持ち悪い.
皆様もお気をつけのほど.




f0071708_302649.jpg

    Leica M9+Summilux-M 35mm F1.4 Asph.








第9回 Japan Leica Club 写真展 「影・蔭・翳」

1. 日時 
2016年11月7日(月)~ 13日(日) 10:00-18:00 (土・日は17:00まで)
12日(土)は15:00よりパーティー.飲み物,食べ物持参でおいでください

2.会場
ギャラリーNP原宿  渋谷区神宮前6-13-11 NPビル3F Tel.03-3486-6984   ←例年と会場が変わっております

3.アクセス
JR原宿駅より徒歩5分.東京メトロ明治神宮前駅4番出口より3分.表参道駅A-1出口より5分.
大福の「瑞穂」のちょい先です.
詳しくは,↑の会場の青色で示したリンクよりご覧ください.
また,JLCについての紹介もここから入れます.




by Neoribates | 2016-09-23 11:30 | Leica M9 | Trackback | Comments(4)

木染日記(9)...











昼間の蝉たちの大合唱がここ最近,小編成になってきた.
そして,夕方からは蟋蟀の集く音が秋の近さを伝えてくれている.

現代ジャズ録音に多大の功績を残したアメリカの名録音エンジニア,Rudy van Gelder 氏が8月25日に鬼籍に入られた.
享年91.
1952年にサヴォイ・レーベルで録音を始め,その後ブルー・ノートで数々の名盤を残し,1959年には自身の録音スタジオ Van Gelder Recording Studio をニュージャージーのイングルウッド・クリフに構えた.クレジットには日本人の録音助手の名前などもあった.彼は,米VOXなどのクラシック音楽の録音も手がけていた.VOXのCDを持っていたが,改めて聴こうとしたが,どこへ行ったかわからくなっている┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

彼の録音は,現代録音トレンドとはかなり離れたところにある.ジム・アンダーソンと対比するとわかりやすい.だから,好き嫌いがハッキリ分かれる.音場重視,解像度重視の方向とは違う.ベースはゴリゴリ,モワモワとした音,ピアノの頭は丸くなっているし,シンバルはシャキーンがちょっとわざとらしかったりする.音場は狭い傾向にある.基本,中低音重視のエネルギーを感じさせる音作りだ.リバーブを多用する.こういう録音をするエンジニアはもういないのではないだろうか.

ヴァン・ゲルダー・スタジオで録音をしたことのあるピアニストと以前お話をしたときに,彼のことを聞いてみたら,「けっこう気むずかしい人で,なかなか録音の秘伝は助手にも教えないようだ」と教えてくれたことを思い出す.秘密主義は有名だとか.
いくつかの賞を獲っており,2013年には AES Gold Medal を受賞している.

今日は,名録音エンジニアを偲んで,Reservoirレーベルに残した彼が果敢に挑戦した初期のデジタル録音の作品を聴くとしよう.




f0071708_18292575.jpg

    Leica M9+Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical








強姦致傷事件を起こした高畑裕太の母親による記者会見を昨日見ていたが,冒頭の挨拶で,「ご迷惑をおかけしました」という,またわけの分からない謝罪が発せられた.
えっ,強姦致傷の被害者に対してご迷惑をおかけしました? なんて軽い言葉を発するのだ! もっと別の適切な言葉があるんじゃないの?と最初に思った.この言葉は,自分や息子の仕事関係へのアピールじゃないの?とさえ感じた.弁護士と事前に入念な打ち合わせがあっての会見のはずだ.
「息子がこのような犯罪を行ってしまい,被害者の方に深くお詫びします」と言うのがまず第1歩じゃないのかねぇ.まあ,成人している子の起こした事件だから,親が謝る必要がないと言えばそうなのだが,一般人とはまた違う意味合いがあるし,東アジア独特の文化もあるからこれはしかたないだろう.

そして不可解なのが,被害者に対して「被害者と言われる方」という表現に終始したこと.本人はやったと認めているのに,「言われる方」扱いは何だ?と思ったが,これって,「40過ぎの生娘でもあるまし,なにを被害者面するな」という気持ちがこの母親である高畑淳子にはあるんじゃないの,と邪推されてもしかたないと感じた.

憔悴しきった母親と,泣きはらして反省している息子を印象づけるために母親は,一世一代の芝居をやっているのだが,舞台やTVでの演技よりも三文芝居であった.いかにもクサかった.
だって,会見を終わって袖に引き下がるときに,ちょっとよろけたりしているんだもの.いかにもでしょ.
逮捕された息子は,出された弁当も綺麗にたいらげ,翌日の朝食も完食し,すやすやと寝ていたというのに,泣きはらしたはないだろう.
彼女の頭にあるのは,これからの仕事がどうなるのか,という一点しか見えてこない.仕事関係者への「ご迷惑をおかけしました」だけしかない.

常磐大学国際被害者学研究所教授で,日本被害者学会理事の諸澤英道氏が,この記者会見を見て,加害者家族がむしろ被害者であるような同情を誘う絵作りにマスゴミはしてしまう危惧のあることを指摘していた.被害者はなにも発せられない.加害者が大手を振って大声で保身の発言をする異常な雰囲気作りにマスゴミは手を貸し,視聴率稼ぎや購買数をアップしようとしている.
この会見でも,被害者視点に立っての質問の少ないことには驚いた.芸能記者と称する輩が今後の付き合いを考えて切り込むことなどしないのはこれまでで分かっているが.

この手の性犯罪者は徹底的に叩き,監視する必要がある.繰り返す傾向があるからだ.
もしかすると,この息子はすでに同様の事件を過去にやっている確率は高いと思われる.
事件内容から被害者が言い出せずに,あるいは親が手を回してうやむやにしたとも十分考えられるだろう.




by Neoribates | 2016-08-27 04:07 | Leica M9 | Trackback | Comments(10)

涼暮月日記(13)...











イギリスはEUからの離脱を選んだ.離脱派は,6月23日をIndependence Dayだと狂喜していました.移民はじめいろいろあるので,まあ,気持ちは分かります.
けど,この先どうなるのでしょうか.不透明.Dependence Dayにならなければよいのですが.




f0071708_3323857.jpg

   Leica M9+Nokton 40mm F1.4 Classic MC








この日,為替も円高に.1$=¥99.04 に一瞬なりました.
何か輸入するには絶好のチャンス.ということで,ポチしちゃいました.何かって?ナイショ.

一方,鳩山由紀夫元首相が,中国主導で設立されたアジアインフラ投資銀行(AIIB)の顧問となるなんていう報道も.いったいこの人は何を考えているのでしょうか.

写真は,JR御徒町駅.


by Neoribates | 2016-06-25 07:26 | Leica M9 | Trackback | Comments(12)

辜月日記(8)...









写真展3日目.
昨日は,平日にもかかわらずいろいろな方が来廊されました.
夜にはライカ社ともお付き合いの深い写真家,藤井智弘さんも訪れていただき,SL(Type 601)の話やライカ社のボケに関する衝撃的な考え方やドイツ人気質など,興味深い話を聞くことができました.

本日も宜しくお願いします.




f0071708_1103356.jpg
    Leica M9+Summilu-M 50mm F1.4 Asph. LHSA











在廊していると,写真学校に通われる若い学生たちと話ができて面白い.
by Neoribates | 2015-11-12 05:15 | Leica M9 | Trackback | Comments(10)

辜月日記(6)...










本日よりライカオヤジ達の写真展を開催いたします.
よろしかったら,お立ち寄りください.
旅そのもの作品や,旅から想起されるものを題材にしたものなど提示されております.

なお,小生の在廊当番日は11月11日(水)です.
土,日は午後よりおります.
なお,その他の日も,夕刻よりも前には入る予定です.





f0071708_1302512.jpg
     Leica M9+Super Wide-Heliar 15mm  F4.5 Aspherical II










            第8回 Japan Leica Club 写真展 「旅ライカ」 


1.日  時    2015年11月10日(火)~15日(日)  11:00-19:00 (最終日は17:00まで)

2.会  場     Gallery Le Déco 3F     東京都渋谷区3-16-3  Tel.5485-5188      
                                          
3.アクセス    渋谷駅16番出口より5分.あるいは,JR埼京線新南口より3分.
           現在渋谷駅周辺の再開発で,駅前陸橋の一部が閉鎖されているところもあります.
           下図の→のところも閉鎖されていることもありますので,ご注意を.

4.パーティー  11月14日(土)は18:00よりパーティーを例年の通りやります.
           飲み物,食べ物など持ち寄っていただき,愉快にやりましょう.気軽にお立ち寄りください.

f0071708_19154584.jpg



上記の期日にて開催します.足をお運びいただけたら,幸甚であります.
また,会場でみなさまとお話しできることを楽しみにしております.
by Neoribates | 2015-11-10 02:16 | Leica M9 | Trackback | Comments(4)

大月日記(10)...












f0071708_0425761.jpg
     Leica M9+Zeiss Planar 50mm F2 T* ZM

ご案内...
by Neoribates | 2015-10-15 11:08 | Leica M9 | Trackback | Comments(4)

大月日記(3)...











空気が乾燥して,いかにも秋という本日のようなこの気候がいちばんよい.
何に良いかって,スピーカーから音を出すのに最良の時なのだ.ユニットの乾燥具合と部屋の空気が良い音をまさに澄んだ空間に放出してくれるから.当然,お気に入りの曲を聞き出すと他に何もしなくなってしまう.
いま,ピリス,デュメイ,ワンの演るモーツアルト/ピアノ・トリオを,176kHzにアップ・サンプリングした音が空間を流れる爽やかさに包まれてパジャマのままで聞いているのがなんとも気持ちよい.

同じように,珈琲を煎れて飲むのにもこの季節は最も好きな季節.
NeoNさんのブログで,カフェ界のサード・ウェーブを取り上げて,その底の浅さをお示しになっていましたが,「なるほどな」と思った次第.






f0071708_11355630.jpg
     Leica M8+Summilux-M 35mm F1.4 (1st,later)











結局,「カフェに何を求めるか」なのではないかと考える.自分の家にはない,異なるオサレな空間で異なる時間を過ごしたい.味はまあ,そんなもんで.ということにお金を出したい向きには良いのだろう.
小生は保守的な性格だから,別にオサレでなくて良いし,逆に変にオサレだと落ち着かなくて味なんか分からなくなる.基本,美味いか否かが中心線.もちろん,こ汚いところで美味いもの出されてもいやだけどね.

先日TVの秋の京都特集で,京都の料理屋を何軒か紹介していた.
小生は,保守的なものだから,奇をてらった驚きや,新しさ,演出の巧みさ(料理以外での)などはまったく不要.仕事をした基本の基本を味わいたい.雑誌やTVで紹介される妙な驚きを演出するそんな所はノーサンキューだ.材料の新鮮さだけで勝負しているような肉系や魚系の店もノーサンキュー.
これまでの経験で,それに乗って食べに行くと,「ああ,こんなものねぇ」と言うことになることが多い.そしてけっこうな値段を取られる.
何か新しい,驚くものを欲しがっている向きが多いようだ.そんな新しさは何かむなしさが残るような気がする.たまに浮気心を出して行ってみると,だいたいが店を出てから充実感のない寂寥感に襲われ,結局,食べ直しをしたくなるのであります (ー。ー)フゥ

ご案内...
by Neoribates | 2015-10-04 12:01 | Leica M9 | Trackback | Comments(8)

竹酔日記(3)...









エンブレム問題を何回か取り上げてきたが,なぜこんなにしつこく書いてきたかというと,これが写真の持つ本質の一側面と関わり合いが深いと思ったからだ.
一昨日,TVで異なる2つの宣伝なんとかという雑誌の編集長が同じような意見を吐いていたことで自分自身に腑に落ちた事があった.要約すると,「酷似していても,コンセプトが違えばそれはオリジナル」だというのだ.えっ? 驚愕である.

小生が驚愕と感じたと同じように,同席していた弁護士が 「形,構成が似ていたらそのことだけで問題となる.著作権にかかわるのだ.コンセプトなんかは,いくらでも後付けで作ることができる」 と話していた.小生も同感.コンセプトなんてものは,テキトウに小難しく体裁を整えて作り上げることくらい簡単なものだ.
下の写真のような上野不忍池畔のどうってこともないものにも,もっともらしいコンセプトはいくらでも付加できる.「こういうコンセプトのもとに撮ったんだ」と主張すれば,それが後付けだろうが分からない.





f0071708_1132053.jpg
     Leica M9+Zeiss Planar 50mm F2 T* ZM












コンセプトがしっかりして説明できればたとえ似てようが,オリジナルだ!と言い張れるのがどうもその世界の常識のようだ.
そもそもコンセプトなんてものは,いくらでも,どうとでもできる.実体としてできたもの,それ自体が評価され,批判されるものでなければならない.シンプルなデザインだから似ても仕方ないなんてことも言う租界の人間が多い.つまりはデザイン力がないということを自ら表明していることだ.
しかも,中にはシロウトがあのデザインとリエージュ劇場のそれとを比較して似ていると思うのは見る目がないからだ,というような趣旨の発言をしているデザイナーもいる.
はぁ?デザインを見るのはだれ?あれはクロウトのためのデザインなんですか?すごいですねぇ,この思い上がり. 
あの違いが分からない者は,アニメのキャラクターの違いが分からないオカンのようなものである,というデザイナーもいる.ついでながら,今のアニメのキャラクター(顔かたち)が似たり寄ったりで判別に戸惑うことがしばしばあるは事実だ.漫画家の画力のなさを示していることに他ならない.それと同じことがデザイナーにだって言える.

結局,コンセプトだなんだと人を煙に巻く口の上手いものが生き残れる.このコンセプトこそがその業界のコンセプトなんだと思った.
加えて,受賞歴のある有名デザイナーらの作る小さなコミュニティーによる談合体質(受賞者のたらい回し)の存在が一般人にまで知れ渡るようになった(次ページのリンクから見ることができる図参照).この談合体質がエンブレム選考応募資格( 「オープン」 だと組織委員長が述べていたが.ウソ)にも現れていて,実際には佐野氏が選ばれるようしくまれたタイトな条件だったことも分かった.当然のことながら,こういったところには金の絡みが出てくる.大きな広告会社絡みのね.そして政治家.
関係者の話の中で印象の深かったのが,佐野氏の奥さんのコメント(元博報堂の同僚):
「世の中に一度も出ていないものだけでデザインすることは不可能だと思う」 ????!!!!

さて,翻って写真世界ではどうだろうか.さすがに写真でもろパクリは難しいのだろうが,やたらとコンセプトを滔々としゃべったり,記事に書いたりするプロと呼ばれる人たちがいる.この手の人たちに違和感をずっと感じていたが,その虚構性が今回の佐野騒動で同じ水脈にあるのだと気づかされた.
ある写真教室では,プレゼンのしかたを特集で教えている.コンセプトのひねり出し方やどう理屈づけるかなど伝授しているらしい.欧米からの受け売り,あるいは影響だという.
写真を鑑賞する側も,どういうコンセプトで撮ったのかとすぐに聞く人がいる.いかにも私は写真を分かっているのですよと言わんばかりに.写真をコンセプトで撮る.それが一見しっかりしている岩盤の上に立って写真を撮っているかのように思えるが,ほんとにそうかい? その答えは,今回の騒動で見えたのではないか.
何の変哲もないシャッター街の写真を撮り,ああでもない,こうでもないとコンセプトを被せる.これで高尚な写真が一丁できあがり.写真は説明がないとわからない.撮影者の思考がわからない.だからコンセプトを被せる.
それでいいのか?
コンセプトを押し出すものにろくな写真家はいない.三百代言と人は言う.

おまけだよ...
by Neoribates | 2015-09-04 00:01 | Leica M9 | Trackback | Comments(16)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates