暮来月日記(6)...























Nokton 40mm F1.2 Aspherical VMを取り上げるようになってアクセス数が少し多くなってきている.このレンズに興味を持つ方がけっこうおいでになるということ
なのだろう.


Nokto 40mm F1.2について訂正しなくてはならないことがあります:
数回前の記事中,フィルター径52mmのフィルターを取り付けてフッドが装着できないということを書きましたが,これは国産フィルターではなく,中華製のいくつかで起こることであることが分かりました.やはり中華製のものは装着することで起こる他への影響なぞ考慮してないことが分かります.ご注意を.





f0071708_18210326.jpg
   Leica M10+Nokton 40mm F1.2 Aspherical VM









女子フィギュア・スケート・グランプリ・ファイナルでザギトワが1位となった.
日本人は入賞もなし.
それにしてもザギトワは美形でスタイルも良い.松岡修造氏も言っていたが,どこか顔かたちを含め,浅田真央ちゃんを思わせるプロフィールだ.手足が長く,顔が小さい.やはり見世物要素のあるフィギュアはリンクに立っただけで,ハッと思わせるようでなければならないよねぇ.その点,日本人選手達は... まあ,それ以上言うまい.ただ,一言.小生は日本人選手は積極的に整形するべきだと思う.見ばがまず良くなくてはねぇ.
これから小生はザギトワを応援するのココロだぁ~.真央ちゃんがリンクを去った後,日本人を応援する気は失せたが,真央ちゃんを彷彿とさせるザギトワをこれからは応援しよう~ \(^○^)/











本日の一枚は,

加藤訓子 / J.S.バッハ:マリンバのための無伴奏作品集

既に2年前にリリースされたアルバムで新譜でもないが,当時もバッハの無伴奏作品をマリンバでやるというので話題になった.
今回の取り上げたアルバムは,ハイレゾファイルであることがなんと言っても意味がある.CD,SACD発売当初もその重低音のすごさが言われていたが,ハイレゾ・ファイルでの再生でその驚きが何杯にも増した.小生は,Linn Recordsのサイトから192kHz/24bit flacでDLした.いまなら3アルバムを2アルバムの値段でDLできるセール中.チェロ,バイオリン以外で無伴奏をやっているアルバムは多数あるし,なかにはウクレレでやっているというものある.そんな中でマリンバでというのはある意味無謀だろうと思ったが,難しいことを言わなければその表現やテクニックに驚くことしきりだろう.



f0071708_21202189.jpg



曲目は,「無伴奏チェロ組曲」の第1番,第3番,第5番と「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ」の全3曲,「平均律クラヴィーア曲集第1巻」から第1番の前奏曲,リュートのための前奏曲など.
アーティキレーションやフレージングに凸凹があり滑らかさに欠けるとか,重低音がいきなり出てくきて気持ち悪いとか,フレーズの中で音が飛んだように聞こえるところもあるなどトリルはがたがたに感じてしまうなどと批評をする向きもあるが,素人の耳にはその音構成のダイナミズムや表現力に圧倒される.
この表現力を伝えるのに貢献しているのが,ひとえに録音の素晴らしさだろう.Linnレコーズの重低音を捉えるエンジニアのひたむきさに感心する.ハイレゾで一聴の価値は十分ある.

録音:2015年9月1日-11日&2016年3月14日-24日.ヤンニ教会(タルト,エストニア)
トラックバックURL : http://neoribates.exblog.jp/tb/28838753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cobag2 at 2017-12-09 22:18
皆さん興味津々と言ったところですね^^
こういう描写を拝見するとカメラ内でかなり補正したのであろうSONYのあざとさが際立って来ますね^^;
コスパの高いレンズかと思います、COSINAやるな〜、です。
Commented by Neoribates at 2017-12-10 01:40
cobag2さん,
40mmでF1.2は珍しいですからね.でも,40mmって喰わず嫌いの方が多いように思います.いつも言ってますが,35mmよりもっと人の眼に近い気がするんですよねぇ.
この画は,M10のRAWからではなく,同時記録のJPGを明暗だけ少し補正してほぼそのまま出しています.
Commented by minton at 2017-12-11 17:56 x
マリンバって楽器は重低音までサポートしてますよね。
高橋美智子さんのコントラバスマリンバの演奏はたしかパイプオルガンの領域までサポートしていたような記憶があります(うろ覚えです)

ザギトワのアニマル柄のエキジビションをみてると、整形しても追いつけない別の生物のような気がします。
ロシアは新体操と同様に多分親の体型で幼少期から篩にかけていると思います。
顔もですがスタイルが道産子とサラブレッドほど違います。
それにしても選手生命の短い競技ですよね。

紀平さんは昨年歯の矯正してましたが今年は歯並びがよく、スタイルも真央ちゃんみたいで期待できそうです。
Commented by Neoribates at 2017-12-12 01:21
mintonさん,
マリンバの低音の魅力はなんとも言えませんね.美形マリンバ奏者の三村さんが出たときにはその録音も含め,良く聞いたものです.三村さん,ちょっとおかしな方向にいっちゃいましたが.
ザギトワのあのレベルを日本人選手に求めるのはまあ,酷だということは分かっちゃいますが,いろいろな意味を含めて真央ちゃん級の美しさがないとども応援しようという気が起きてきませんのです.
スタイル的には真央ちゃん風の紀平さんですが,やはりねぇ...なんて思っちゃいます,ハイ┐(´д`)┌
名前
URL
削除用パスワード
by Neoribates | 2017-12-09 21:22 | M10 Typ 3656 | Trackback | Comments(4)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates