文月日記(21)...



今日もニュース,ワイドショーで佐世保北高校の同級生殺人・死体損壊事件の放送をしていた.
見ていてどうも頭の悪い小生には解せないことがあった.

だれが見ても本件は,生育歴における動物虐待や対人加害(親も含む)の犯歴から,あの’97年の 「酒鬼薔薇聖斗」 による一連の事件を鮮やかに思い起こす.それが普通だ.彼の場合は,犯行声明という自己顕示をしている違いはあるが.
ところが,どんな番組もまともに酒鬼薔薇聖斗事件と比較対照しないし,いわんやこの忌まわしい名前,酒鬼薔薇聖斗の名さえ出さない.



f0071708_12592774.jpg
     Leica M9+Sonnetar 50mm F1.1 MC                           宍道湖大橋より遠望する老夫婦









マスゴミの間では,あの名は御法度のようだ.
犯人が徳勝なんとかという国体出場経験のある女子高生なのに,コメンテーターの弁護士は,わざと ”加害少年” としか呼ばない.少年にしているのはなぜ?
おかしな規制がかかっているのだ.

その番組では,ピントのずれた毎日サンデーの編集長,潟永某氏は同県佐世保での小学生による同級生殺人事件のことしかださない.東洋大学の犯罪心理学が専門の桐生某氏は,核家族で人の死を身近にしてないからこのような損壊もするというような紋切り型の分析で誤魔化していたが,先年にこの少女は母親の死を見ている.整合性のない論理で破綻している.要は分からないのである.

あの行動が理解できない,心の闇がどうのこうの... まったくこういう解説はうんざりだ.理解できない?あたりまえ,心理学者だって理解できてない,言い換えればうまく理屈付けできていないんだから.
遺伝子レベルあるいは,大脳生理学での問題だ.おそらくそこが解明されれば決着はつくのだろうが,今はまだだ.

殺人,あるいは遺体損壊を好む人間がいる.カツ丼が好き,アニメが好き,こんなのと同じレベルの嗜好を持つ人がいる.今はこう理解すればよい.実際に過去にもいくらでも同種の人間はいたわけだから.
理解できないといって,うやむやにするのではなく,逆に理解できないからこそ,そういう人間がこの世界にはいるのだと,理解すればいいだけのことだ.事件を片付けるのに,その発現機序は後回しでいい.
こういう事件を社会背景とすぐ結びつけようとするマスゴミの姿勢もウンザリ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

佐世保では,小学生の同級生殺人事件後,命の大切さをカリキュラムの中にいれて教育してきたのに,このようなことが起こるなんて信じられない... なんていう浮世離れしたことを学校関係者が話している.
机上の教育で命の大切さなんていうお題目をいくら唱えても,馬の耳に念仏であることは明々白々だ.本当に生命の大切さを実感するなんてよほどの危機に遭わない限り,心底定着するはずがない.そんな軽薄な教育でOKだ!なんて思っていることが信じられない.
学生,生徒なんてその程度の受け取り方しかしていないということは教員だって分かっているはず.

そういえば,酒鬼薔薇聖斗(本名,東慎一郎?.改名しているはず)は2005年に退院,つまり野に放たれた.弁護士になっているなんてウワサがあるけど,どうも嘘ですね...
トラックバックURL : http://neoribates.exblog.jp/tb/22636762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Leicaman at 2014-07-29 21:20 x
またとんでもないことが起きましたね。おっしゃるように、無理に解釈をしないほうが良いのかもしれませんね。
Commented by cobag2 at 2014-07-29 23:42
語るのもおぞましい事件ですね〜、
池田小も含めて以前の事件と共通しているのは一個人の凡そ人間性の
カケラもない欲求を満たすために起きたと云う事でしょう。
それに気付く事の出来なかった親、教師、学校、身近な周囲、
いつも通りにしか取り上げる事の出来ない底の浅いマスコミ、など、
またまた繰り返されたいろんなそして沢山のファクターを含んだ
今年一番嫌な事件ですね。
Commented by ニッタ at 2014-07-30 04:19 x
この少女の行動は憶測で終結するでしょう。心理学上では、「コントロール不可能な葛藤」という前提のもとに、フロイト流の性欲を基盤にするかもしれませんね。アップの写真には老夫婦は何を語りあっているのか、明確に推測出来、この情景に同化できます。いい寫眞の持つ、見えない力がありますね。
Commented by g_voyageur at 2014-07-30 04:54
教育関係者のコメントもどうかと思いました。
命の大切さの教育をしていたのにショックだのこれからさらに徹底していきたいなど唄ってますが、
精神異常者などの犯行をそれで抑制できると思ってるんでしょうか?
問題の本質がズレてるように感じます。
Commented by Neoribates at 2014-07-30 12:03
Leicamanさん,
ときどきこの種の事件は起きますね.というか,表面化しますね.私は本質的に,というか遺伝的に殺人を好むカテゴリーの人間がいると考えています.これはDNAレベルの問題で,心理療法その他でなんとかできるものではないと思います.薬物で対処療法はできるのでしょうが.
Commented by Neoribates at 2014-07-31 00:00
cobag2さん,
この手の病理は親がなんとなくは気づくと思うのですがねぇ.すくなくとも普通ではない行動が垣間見られますからね.
池田小の場合はもうすこしわかりやすかったですが,今回のは女酒鬼薔薇聖斗ですね.
Commented by Neoribates at 2014-07-31 00:02
ニッタさん,
結局のところ,心理学の限界がこういう類の事件ではよくわかりますね.
宍道湖大橋でのこの一コマは,遠景のちょと靄のかかった夕暮れ時と重なって印象深かったです.
Commented by Neoribates at 2014-07-31 00:05
g_voyageurさん,
学校教育での生命に対する指導は,しょせん机上のお話.
限界があります.そして,このような特殊な論理構造をもつ人間には効果はないでしょうねぇ.
Commented by ある読者 at 2014-08-01 11:35 x
発達障害に倫理での矯正は不可能、という事です。
つまり発達障害者及びそれに群がる教育者達全否定な訳ですから色々と規制がかかっているのです。
Commented by Neoribaes at 2014-08-01 11:49 x
読者さん,
ええ,そういうことですね.
発達障害という言葉自体も懐疑的です.
遺伝子レベルの問題だろうと推察されます.
教育関係者は,いつも同じ反応.自分たちはただ実績を言い訳として残しておかなければなりませんから.官僚と同じです.
名前
URL
削除用パスワード
by Neoribates | 2014-07-29 14:59 | Leica M9 | Trackback | Comments(10)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates