蟋蟀日記(7)...




毎日5杯,6杯も呑むように特にコーヒーに凝っているわけではないが,嫌いではない.
こだわってはいないが,インスタント・コーヒーだけは呑みたくない.

エルサルバドルにあるロス・アルペス農園の女農園主,アイダ・バドルさんが来日され,手間をかけて収穫されるコーヒー豆,ロス・アルペス・マデュロなどにまつわる話が聞けるというので近場でもあるので,出かけてきた.
京都小川珈琲の主催する珈琲教室.
チェーン展開しているカフェでは,ここの味が一番私には合っているので,ここの豆は京都に行った折には買って帰るし,取り寄せたりしている.東京には3店舗出店している.
京都で有名なOOOコーヒーや△△コーヒーはあまり美味いとは思わない.

いくつか農園を所有している中で,一部をこの品種の栽培に当てているとのこと.木で完熟させ,手摘みによって完熟豆だけを収穫し,さらにその中から不良豆,非完熟豆をハンド・ソーティングで選別していくという凄く手間のかかったやり方で仕上げている.ほんとうに完熟豆しか見当たらないほどに選別している.だから,60袋ほどしか収穫できないという.作業工程をみせてもらったが,一般の豆の収穫とはレベルが違う.

何度かこのコーヒーを飲んでいるが,スッキリした上品なアロマの甘みを感じる味わいが好きだ.
当然収穫量が少ないので,いつでも店にあるというものではない.買い付けに行った分だけということになる.
小川珈琲のよいところは,直接に買い付け,品質をたしかめて販売にまわすということだろう.



f0071708_194810.jpg
    Leica M9+Sonnetar 50mm F1.1 MC









ペーパー・フィルターを使っての入れ方などレクチャーされたが,これは普段やっていることと同じで特段のことはなかった.
また,このところ小川珈琲で推している,エアロプレスという道具を使った空気圧を利用した抽出方法も紹介していた.この方法は,たしかにオイル成分をフィルターに吸着させずに取り出す工夫がしてあるで,香りも違ってくる.

レクチャーの終わった後に講師に聞いたのだが,一番の入れ方はいわゆる「ドブ漬け」だという.カッピングの際に普通にやる方法である.サイフォンでやるときに粉を入れてお湯を注ぎ,ヘラでかき混ぜますね,あれです.
これがやはり原始的だけどコーヒーのすべてが抽出されて,味がよく分かるのだと.

最後にちょっと意地悪な質問を農園主にしてみた.
「普段はどんな入れ方で呑んでいるのですか?」.
答えは,「コーヒーマシンでやっています.だって,簡単ですもの」と,笑っていた.「日本の方のように,コーヒーマイスターのようなことはしませんわ」と.
まあ,こんな抽出にこだわるのは,なんでも <<~道>>にしてしまう日本人ならではなんだろうなぁ,と思った次第でつ.

来年あたりに入ってくる豆,パナマのエメラルダ農園で栽培されている「エスメラルダスペシャル」.これにはなんともそそられる.
オークションで100g¥6000以上の値がついたらしい.現地でこの値段は異常だ.ここの農園はパナマのコンテストで幾度も優勝をしてるファーム.エチオピアの在来種から派生したゲイシャという品種だそうだ.完熟手摘みし,すぐに果肉除去して水分12%まで乾燥し,温度湿度管理して保管されるというもの.さて,いくらで販売するのか.
コピルアックよりも高くなるのか?



〓JLC第6回写真展の詳細はこちらをご覧下さい








今年の夏,よくBGMに流して聞いていた一枚.


Stan Getz / Bossa Nova (Verve,314529904-2)




Jazz Masters 53 シリーズの一枚.廉価版です.
Getzの1963年から64年くらいまでの演奏のコンピレーション版.
リマスタリングされているので,だいたいは音は良くなっています.
アストラッド・ジルベルト,ジョアン・ジルベルト,ゲーリー・マックファーランド,ローリンダ・アルメーダ,チック・コーリア,ルイス・ボンファ等々... と,もうスタープレーヤーが目白押し.


f0071708_1828150.jpg




全16曲.ジャズにボサノバを取り込んで,一般に浸透させたゲッツの魅力が分かる.
お得な一枚.BGMにどうぞ.
トラックバックURL : http://neoribates.exblog.jp/tb/20481331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by leicamann at 2013-10-01 01:25 x
読む限り十分に凝っていらっしゃると思います。コーヒーも奥深いと思うのは、やはり日本人だけなのでしょうか。ゾンネタールらしい優しい秋のスナップですね。
Commented by Neoribates at 2013-10-01 14:27
leicamannさん,
教室での受け売りみたいなもので(´ヘ`;) う~ん・・・
ただ,豆の良否はもちろんのこと,コーヒーは焙煎,入れるときの温度でガラリと違ってくるので,おもしろです.Sonnetarは秋に似合うかも知れません.
Commented by cobag2 at 2013-10-01 17:53
日本の茶道ほどではないにしてもコーヒーも奥を探れば深いものがありますね^^
小生もコーヒー党ではありますがなかなか同じような味を楽しめなくて
試行錯誤を続けております^^;

因に小生はこれもあまり大量に出てくれないコナのピーベリー専門であります。
Commented by rangefinder-love at 2013-10-01 20:23
この写真いいですね〜。
ほっこりします。
そしてこういう風に人物をぼかしたらいい感じになるんですね。
マネしまーす。
Commented by g_voyageur at 2013-10-01 21:30
お花に対しての背景もいいですね、絵画に見えます。
背景の人物の間の光、車のヘッドライトでしょうか、大きなファクターになってるような気がします。

農園主さんの回答が素直で笑えてしまいました。
グラム6000円以上の豆の味が分かるようになってみたいですね、お金を払えば呑めるでしょうが理解できるかは別ですものね。
Commented by swingphoto at 2013-10-01 23:25
コーヒーは大好きで、
同じ焙煎のキリマンジェロを30年以上飲んでいます。
銅製のケトルでお湯を沸かし、
毎日ペーパーで入れています。
時々、仰るようなコンテストものに手を出しますが
いつの間にかお気に入りの豆に戻っています。
高い豆ではないんですが、浅く香り高い焙煎が気に入ってます。

ところで、ゲッツは
50年代初頭のものが一番好きです。
3分間の芸術にやはり心弾かれますね。
Commented by sacra-fragola at 2013-10-02 01:13
こんばんは。
一時期私も色んな豆に手を出しましたが、最後はグァテマラに
落ち着きました。
しかし、最近は・・・ネスカフェドルチェグストです。
結局面倒くさがりなんです。
Commented by Neoribates at 2013-10-02 12:00
cobag2さん,
日本人はほんと”~道”がすきですから,海外の方から見ると,???なんでしょうねぇ.コナ系ピーベリーですか,これまたお高い豆をお呑みで.これを毎日お呑みとはさすがです♪( ´▽` )ノ
コピルアックを何度か呑んだりしていますが,このエスメラルダを前回呑みはぐったので,今度はどんなものか呑んでみようかと思っています.
Commented by Neoribates at 2013-10-02 18:50
ragnefinder-loveさん,
ありがとうございます.
Sonnetar だとこういうボケもおもしろいですね.
Commented by Neoribates at 2013-10-02 18:53
g_voyageurさん,
これは昼間で,少し逆光気味を手でハレキリしながら撮りました.反射光はたぶんガラスか金属のパネルだったかなと記憶しています.
やはり日本人だけだと思いますよ,丁寧にコーヒーを入れようなんて┐(-。ー;)┌ヤレヤレ
高価なコーヒー,どんな味がするのでしょう.まっ,一度は後学のために呑んでみるつもりです.
Commented by Neoribates at 2013-10-02 18:56
swingphotoさん,
毎日同じようにいれても,ビミョウにちがってきますよね.体調とか,何を食べたかでかなり受ける味わいが異なります.だからよく分からない.一定にしようとしてもなかなか...
高額だから好みに合うかどうかなんてのは言えませんよね.高いどこぞの蟹クリームコロッケよりも近所の肉屋のコロッケの方が美味いですもの(合うと言う意味で).
Commented by Neoribates at 2013-10-02 18:58
sacra-fragolaさん,
こんばんは.
グァテマラですか.私は一時ハワイコナ系に嵌まったことがあります.いまはむしろいろいろなものを楽しみたいという気持ちでしょうか.
パッケージされた粉をマシンで出す系のはどうもいい印象ではなかったので,いまだにペーパーです.ドブ漬けでもやってみようかと思います.
名前
URL
削除用パスワード
by Neoribates | 2013-09-30 23:58 | Leica M9 | Trackback | Comments(12)

      ◆          画像は,クリックするとすべて拡大できま~す              


by Neoribates